耳掃除は週1回が理想 やり過ぎは外耳道炎や細菌感染を招く

「老眼」と並んで中高年の楽しい生活の大きな障壁となるのが「難聴」だ。自覚症状が少ない耳のトラブルは、治療や対策が後手に回りやすい。また、難聴を改善するために耳鼻科を受診しようにも、眼科や歯科に比べると受診機会が少ないだけに「かかりつけの耳鼻科」がある人は多くないだろう。耳鼻咽喉科専門病院・日本橋大河原クリニックの大河原大次院長が「よい耳鼻科の見分け方」を指摘する。

「一口に『耳鼻咽喉科(耳鼻科)』と言っても、耳、鼻、喉、気管など診察範囲が広いため、医師はそれぞれ得意分野を持っている。『補聴器相談医』の資格を持つ耳鼻科を受診しましょう。加えて5年以上の臨床医経験を持っていないと取得できない『日本耳鼻咽喉科学会専門医』は医師が受験しても3人に1人が落ちる難しい資格で、耳に関する深い知識を持っている証明になり、信頼できます。その認定証は待合室などに掲げられていることが多い」

 耳鼻科を受診すると問診後、各種の聴力検査を行なう。よく知られているのは、ヘッドホンを装着して「ビー」「プー」などの機械音が聞こえたら手元のボタンを押す「気導検査」だ。「音の高さや音量を変えて、聞こえる範囲を調べています。簡単に思えますが、自覚症状がない難聴を発見する場合には非常に有効な判別断手段です」(済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科診療科長・新田清一氏)

 その他に、伝音難聴か感音難聴かを絞り込む「骨導検査」や、耳の中を顕微鏡で覗いて炎症や鼓膜の状態を確認する「耳鏡検査」、耳の中に空気圧をかけて鼓膜の凹みなどを調べる「内耳機能検査」などを行なう。「中高年の患者で、『この年になって、生まれて初めて耳鼻科を受診した』という方も少なくない。難聴の早期発見のために、年に一度は受診することをお勧めします」(前出・大河原院長)

 難聴を改善するにはどうすべきか。〈テレビの音量を上げないと聞こえない〉といったように、耳の中で音が小さくなってしまう「伝音難聴」はほとんどの場合、それぞれの疾患に合わせた投薬治療や手術で聴力が回復する。 例えば耳垢栓塞の場合には、耳の中を傷付けるのを避けるため医師が専用の器具を使って耳垢を取り除く。ただし、「耳かき」は予防には効果的だが注意が必要だ。

「つい耳の奥までやりすぎてしまうと、外耳道炎や細菌感染を招いて音の通り道を塞ぎ、かえって聞こえにくくなってしまう。耳掃除は週1回程度、湿らせた綿棒で耳の穴から1cm程度をそっとぬぐえば十分です」(笠井耳鼻咽喉科クリニックの笠井創院長)加齢性難聴や突発性難聴などの「感音難聴」は治療が困難なため、「補聴器」を利用することになる。補聴器には主に「耳穴型」「耳かけ型」「ポケット型」の3タイプある。

「『耳かけ型』は小型化が進みましたが十分なパワーがあり、どんな難聴にも対応できる。『耳穴型』はサイズが小さくて目立たないが、出力が弱く、中程度の難聴までしか対応できないものが多い。『ポケット型』は性能が劣るが、比較的安価というメリットがあります」(リオネットセンター大宮店の認定補聴器技能者・福澤理氏) 難聴を予防する手立てはあるのか。前出・新田医師は「難聴予防には2つの方法がある」と指摘する。

「『大きな音』を聞く機会が多い人は、その刺激で有毛細胞が破壊されて難聴になる可能性が高い。音楽を聞くときには、音量の上げすぎには気をつけてほしい」イヤホンなどで音楽などを聴く場合は、ボリュームを最大音量の60%程度に抑えて、1時間以上連続して聴かないようにするのが目安だ。 もうひとつの危険因子は「動脈硬化」である。

「動脈硬化により血流が悪化すると、耳の神経細胞への栄養供給が滞るため、難聴を引き起こすとされます。日頃から栄養バランスや運動に気を配り、生活習慣病を防ぐことが難聴の予防にもつながります」(同前) 難聴になると、気が滅入ってしまい人との交流が減り、うつや認知症を患うこともある。「よく聞こえる暮らし」を目指すことが、「よい生活」の第一歩だ。

関連記事
最新記事