2位ツンデレよりも…!男性がグッとくる「女性のギャップ」意外な1位は

好きな異性のタイプの話題になったとき、必ずといっていいほど上位に挙げられるのが“ギャップ”のある人です。性別に関わらず、意外な一面を目にすると胸がキュンとなる人が多いようです。

では、具体的にはどんな仕草や態度なのか。それが分かっていれば、意中の男性の心を惹きつけるのにも役立つはずです。

今回は、『BizLady』が500名の男性に「グッとくる女性のギャップは?」というアンケートを実施したので結果をご紹介します。
■4位:「気が弱そうなのに、芯が強い」・・・18.4%
気が弱そうに見える人は、どうしても他人の意見に流されているように感じられます。自分の意思が伝えられず、損ばかりしていそうなイメージ。

一方で、健気な女性は好まれますが、男性はそのなかに芯の強さを求めています。ワガママとは違う明確な意思を持つ女性です。会議など、大勢の集まるような場で意見を述べたりすると、男性も見方が変わってくるかもしれません。
■同率4位:「しっかりしていそうなのに、天然ボケ」・・・18.4%
頭も良くて仕事もできる女性は、憧れられはするものの、好意は抱かれにくい一面もあるかもしれません。男性はそんなデキる女性に対して、引け目を感じてしまうからです。

女性は、少しぐらい隙があったほうがいいという男性も多いよう。完璧な女性が見せるおっちょこちょいな一面ほど、男性をキュンとさせるものはありません。またそこで頬を赤らめたりすると、男性はさらに心揺さぶられます。
■3位:「おっとりしているのに、仕事をテキパキこなす」・・・20.2%
おっとりしている女性は、いかにも優しそうで男性に好かれやすい。しかし、それが仕事となると話は別です。性格が災いして周りに迷惑をかければ、大きな損失にもなりかねません。だから男性は、仕事の上ではそういった女性と距離を置きがち。

でもそこで、仕事をテキパキとこなす姿を見せれば、評価は一転。抜くところは抜いて、締めるところは締める。そんなメリハリのあるスタイルに、男性は強く興味を持ちます。
■2位:「ツンとしているのに、ときどき優しい」・・・21.4%
これぞギャップの典型的な例です。普段はツンとしているのに、ふとした時に優しい言葉をかけてくるようなシチュエーションこそ、恋に落ちる絶好のタイミングです。

そんなつもりはないのに、なぜか冷たく見られてしまうような人であれば、自然とこのギャップを生み出すことができます。いつも優しい態度で接するのではなく、いざというときに優しさを示すことでギャップの効果が最大限に発揮されます。
■1位:「派手で遊んでいそうなのに、家庭的」・・・22.6%
派手で遊んでいそうな女性は、男性に敬遠されがちです。たとえ交際したとしても、自分のもとで落ち着いてくれるとは思えないからです。すぐに遊びに出かけてしまうようであれば、心配は絶えません。

でも、家庭的な一面を見せることで、そんな心配も一蹴。料理など家事に頑張る姿を見て、男性はその意外性に心を打たれるのかも。将来のことも考えやすくなり、先を見据えた真剣交際にも発展しやすくなります。

以上、“男性に聞いたグッとくる女性のギャップ”でしたが、いかがでしょうか?

男性って、欲張りなんだなぁ……とため息をついた人もいるかもしれません。

しかし、こうしたギャップをよく理解して活用すれば、男性を振り向かせ、恋を有利に進めることできるかも。そのためにはまず自分がどういうイメージを持たれているかを、把握しておかなくてはなりません。

自分で自分のことは意外と見えていないもの。周りの人の意見も聞いて、それを素直に受け入れたいですね。

関連記事
最新記事