1

最後までアピールを! 就活で面接の終わりに言いたい決めゼリフ4選

面接のときにはやる気があることを面接官にアピールすることで、いい結果を招くこともあります。なるべく相手に好印象を与えられるよう、最後まで粘りたいものですよね。そこで社会人男女に、就活面接の最後に言うと、面接官に対して好印象だと思う決めゼリフを教えてもらいました。

■ありがとうございました

・シンプルに感謝を伝えるだけでいいと思うので(男性/30歳/学校・教育関連)
・誠実さが伝わると思う(男性/44歳/小売店)
・「貴重なお時間をいただき、ありがとうございました!」感謝の気持ちを伝えることは大切だと思うので(女性/30歳/その他)
・「面接していただきありがとうございました」普通にお礼を言って帰るのがいい(女性/35歳/アパレル・繊維)

「ありがとうございました」とお礼を最後に言うのは意外とできていない人もいるもの。当たり前のセリフと思っていると、つい忘れてしまうこともあります。

■よろしくお願いします

・大きな声で「よろしくお願いします」。なにか一つ五感に訴えることをするといいんじゃないかと(男性/42歳/その他)
・面接のお礼を伝えるため(女性/30歳/医療・福祉)
・「よろしくお願いします」でキチンと一礼。面接中に大体のことは伝わるので、最後まで礼儀を忘れない(女性/43歳/その他)
・「入社式ではよろしくお願い致します」入社したいという意志をハッキリ伝えておく(男性/23歳/食品・飲料)

面接の最後に「よろしくお願いします」というと、これからも関係を築きたいというのが伝わりそうです。面接官もやる気があると思ってくれるのでは?

■御社で働きたいです

・「御社でぜひお仕事したいです」やる気が伝わるから(女性/27歳/アパレル・繊維)
・「この会社で働きたいですよろしくお願いします!」思いを込めて言う(女性/39歳/その他)
・「私は御社で働きたいんです」と思いを伝える。思いを伝えるのは大事だと思う(女性/25歳/生保・損保)
・「御社で働いて、〇〇をしたいです」自分の熱意に加え、実際に取り組みたい業務について話せば具体性もアピールできると思うから(男性/35歳/食品・飲料)

自分の本気度を伝えるには、どれほどそこで働きたいかをアピールする必要がありますよね。「御社で働きたい」ということを伝えることで、切実な気持ちも通じそうです。

■頑張ります

・「一生懸命頑張ります!」定番だが、元気に力強く言うと相手にも熱意が伝わる言葉だと思う(男性/32歳/学校・教育関連)
・「一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします」熱意が伝わるから(男性/23歳/自動車関連)
・「一生懸命頑張っていきます」意欲を見せることが大切だと思う(男性/38歳/金融・証券)
・「せいいっぱい頑張ります」毎回いい心意気ですねと言われたから(男性/32歳/運輸・倉庫)

もし入社することができるのなら、絶対に頑張っていくという気持ちは伝えておきたいもの。キチンと言葉にすることで、相手にもいい印象を与えられるのではないでしょうか。

面接で上手に話をすることができなくても、最後の一言で好印象を与えることができれば、これまでの失敗もひっくり返すことができるかもしれませんね。とにかく大きな声でハキハキと伝えることが大切ですよ。

関連記事
最新記事