幸せ呼ぶ猫神の呟き 関節リウマチ、手術療法で改善も 手指や足趾は年々増加
                 


関節リウマチ、手術療法で改善も 手指や足趾は年々増加

関節リウマチの治療法のうち薬物治療以外の治療法について、倉敷市の原田遼三・倉敷スイートホスピタルリウマチセンター整形外科医師らに、主に外科的な治療について寄稿してもらいました。

////////////

 簡単なおさらいですが、関節リウマチという病気は自分の体を自分で攻撃してしまう病気です。主に関節を攻撃することが多く、多くの関節が腫れて痛みがでるといった症状が特徴的です。そうした症状が続き、関節が攻撃され続けると軟骨や骨が傷付いたり、関節を動かす腱(けん)や筋肉も傷んでしまい次第に関節の構造が壊れていきます。

 現在では関節リウマチの診断が早期にされる場合が多くなり、発症早期から治療を開始されることで関節の破壊を防ぐことができるようになってきています。

 しかし、診断された時点で既に関節が壊れてしまっていたり、もしくは治療がなかなかうまくいかない場合は、その後に関節の破壊が進行してしまうことがあります。また、たとえ薬物治療がうまくいっても、関節の変形が残ってしまった場合は薬物療法による治療は困難となり、ほかの治療を考える必要が出てきます。関節リウマチの治療は、薬物治療以外にリハビリ治療、そして手術治療という3本の柱で考え治療を進めることが多いのです=図1。そのため、ある程度変形が進行している場合や、関節の症状がなかなか取れない場合はリハビリや外科的治療の提案をさせていただきます。

リハビリといっても関節の炎症状態が強く痛みや腫れの影響で動きにくい場合と、炎症自体は落ち着いていても関節が変形している、または関節周囲の構造が固くなっている場合などではその方法が変わってきます。そのほか、関節が変形のため日常生活で使い勝手が悪い場合は変形を矯正する装具などの作製を提案させていただきます。

 ただ、リハビリ治療や装具療法をしても症状が残る場合、例えば膝が痛くて歩きにくい、手の指が曲がって使いにくい、足が変形して足の裏に痛いタコができて歩きづらい等、関節が壊れた結果生じる症状に関しては外科的治療で劇的に改善する場合があります。

 薬物療法が発展して膝関節や股関節といった大関節の手術は減少傾向にありますが、手指や足趾(そくし)といった手術は年々増加傾向にあります。これは、おそらく関節が変形してお困りの患者さまがまだまだ多くおられるためと考えています。薬物療法で関節の腫脹(しゅちょう)や痛みは軽減できても、一度壊れてしまった関節はもとには戻りません。しかし、手術療法によって変形による痛みが取れたり、日常生活がしやすくなられる患者さまも多くおられます。薬物療法のみならず、リハビリや装具療法、手術療法についてお困りの方は一度当院のスタッフ、またはわれわれにぜひご相談下さい。

倉敷スイートホスピタル(086―463―7111)
はらだ・りょうぞう 大阪星光学院高校、岡山大学医学部卒。津山中央病院、岡山大学病院、鳥取市立病院などを経て2016年から倉敷スイートホスピタル勤務。日本整形外科学会専門医、日整会認定リウマチ医。

関連記事
最新記事