幸せ呼ぶ猫神の呟き 犬にコマンドを上手に教える8つのポイント
                 


犬にコマンドを上手に教える8つのポイント

コマンドとは飼い主が犬に対して出す「命令」のことです。「おすわり」や「ふせ」など、犬に対して命令することを指します。犬にコマンドを上手に教えるためには8つのポイントがあります。それを飼い主が心得ておくだけで、わんちゃんのしつけは格段にやりやすくなるでしょう。

①コマンド(=命令)は統一する

例えば「おすわり」の場合、「シット」と急に英語になったり「すわれ」と言ったりなど、言い方が違ってしまうと犬は混乱してしまいます。家族内でもどの言葉を使うか決めておきましょう。犬が「こう言われたら、こういう動作をとればいいんだ」と分かりやすいようにしてあげることが大切です。

②必ず低いレベルから行っていく

犬は何も分からない状態から始めるわけですから、トレーニングは犬が従いやすいところから始めましょう。初めはおやつという強力な報酬を使い、覚えさせたいコマンドの動きに合わせておやつで誘導します。おやつでの誘導に犬が慣れたら、次はおやつなしで飼い主の手の動きと声だけ、その次は声だけ、誘惑を入れてもできるように…と徐々にレベルアップしていきましょう。

③誘導して動作を教える

まずはそのコマンドでどんな動きをすればいいか教えるために、手による誘導から始めます。おやつを持った手を犬の前に出してその手についてきたらおやつをあげましょう。「手についていくと良いことが起こる」ことを犬に覚えさせることが大切です。そうすればそのうちおやつがなくても手についてくるようになるでしょう。

④褒めるタイミングを見極める

褒めるということは犬に対して「それでOKだよ」ということを伝える意味があります。飼い主のコマンドに犬が従えた場合はすぐに褒めてあげましょう。褒めるタイミングは動作が出来たら「すぐ」です。遅すぎると犬は何を褒められたのかわかりません。しかし早すぎてもよくありません。しっかりその動作ができた瞬間に褒めることが重要です。例えば「おすわり」の場合、座ろうと腰を下ろしている最中に褒めてしまうと中途半端な体勢でおすわりが身についてしまいますよ。

⑤失敗させたまま終わらない

コマンドを教えるときは時間に余裕をもってやるといいでしょう。すぐに覚えてくれる犬もいるでしょうが、そうでない犬もいるかもしれません。コマンドを教える時、出来なかったところで終えてしまうと犬は「覚えなくていい」と勘違いしてしまう可能性があります。
どうしても完璧に覚えられない場合は、②でも先述したようにレベルを下げてみましょう。レベルを下げて従えた場合はそこで報酬を与えて終わりにすれば問題ありません。

⑥難易度が高い環境になったらレベルを下げる

まずは家の中など犬が落ち着ける場所でトレーニングするのがベストです。家の中でできるようになって次に外でやってみる時、家ではできたのに外になると急にできなくなる犬もいます。家の外は様々な音や匂いが溢れており、犬にとっては誘惑が多すぎるからです。その場合には手と声での指示から始める、それでもできなかったらおやつを使うなどレベルを下げて慣らしていきましょう。

⑦一度にいろいろ教えすぎない

犬の集中力は5~10分くらいと言われています。その時間にいろいろ詰め込み過ぎても犬は覚えられません。その時間を考慮して教えられることを選びましょう。そして1つ覚えたら休憩、1つ覚えたら休憩…を繰り返し、その休憩時間には犬が好きなことで遊んであげると良いですね。犬が「コマンドのトレーニングをすることは楽しいんだ!」と感じてくれることが大事です。犬に負担をかけ過ぎないよう、気分転換をしながら、楽しくトレーニングしましょう。

⑧ご褒美のおやつは最終的には0へ

コマンドの成功率が高くなってきたら報酬のおやつを減らしていくことを考えましょう。毎回毎回おやつを与えていては犬の健康に良くありませんし、「おやつを貰えないならやらない」となってしまうのも困ります。急に0にしてしまうと犬は混乱してしまいますので、「2回できたら1回はおやつ」「3回できたら1回はおやつ」…とおやつを使う割合を徐々に減らしていきましょう。おやつを与えない時は飼い主が犬を盛大に褒めてあげてくださいね。犬が飼い主のことを大好きであれば、飼い主に褒められることはおやつが貰えることに代わるくらい嬉しいことです。

まとめ

コマンドのトレーニングはやり方にコツはありますが、犬が飼い主のことを好きであればそんなコツすら必要ないくらい簡単にしつけることができます。どうやったら犬に好いてもらえるようになるかって?それは犬のことを日々見つめて自分自身のこと以上に大切にしてあげれば、犬は必ずあなたの気持ちに応えてくれるはずですよ。

関連記事
最新記事