幸せ呼ぶ猫神の呟き 【ママ友】無意識に傷つけているかも…。「障害のある子」を育てるママに“本当にかけるべき言葉”
                 


【ママ友】無意識に傷つけているかも…。「障害のある子」を育てるママに“本当にかけるべき言葉”

ママ友の子どもが障害児だった場合、次のように悩んでしまいませんか?

腫れ物に触るような態度は、却って相手に失礼かしら?障害については触れないべき?見て見ぬふりをした方がいいのかしら?何か励ましの言葉をかけた方がいいのかしら?だとしたら、なんて言えばいいの?今回は、ベストな接し方について、自身の子どもも障害児である『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』の著者の立石美津子がお伝えします。

障害のある子のママを不快にさせる言葉

言葉をかける側は、決して「傷つけよう」としている訳ではありません。むしろその逆で「元気づけよう」としています。それなのに、言葉をかけられた側が嫌な気分になってしまうことがあります。

次のような言葉はその一例です。

1.障害名をあだ名にする

人前で、上の子のことを「お兄ちゃん」「長男君」、下の子のことを「弟君」「次男君」と呼ぶ人がいます。

その流れで、障害を持つわが子のことを「うちの自閉ちゃん」「うちのダウンちゃん」などと呼んでいる人もいます。

でも、これはその子の親が使って許される言葉です。

「太郎」「幸子」など立派な名前があるのに、他人から障害名で一括りにされて愛称のように「自閉ちゃん」「ダウンちゃん」と呼ばれるのは嫌な気がするものです。

2.障害名で表現する

好奇心旺盛で、元気に動き回る健常児のわが子の様子に、「うちの子は多動だから」とか「多動ちゃんだから」などと言うママがたまにいます。本当に“注意欠如/多動性障害(AD/HD)”の診断を受けているママが耳にすると、決していい気分はしないものです。

3.「秘めた才能があるに違いないわよ」

障害のある子どもを育てていて、大変そうに見えるママに対して、つい次のように励ましたくなってしまいませんか?

「きっと何か秘めた才能があるはずだから、それを見つけて将来の職業に活かしてみたら?」

確かに、健常児にはない記憶力の高さや、秀でた才能の持ち主もいて、将来花開く人もいます。

しかし、才能を見つけようと躍起になるあまり、目の前にいるわが子を受け入れられなくなってしまうママもいます。

また、障害児のママは、健常児には簡単にできることが困難なわが子を見つつ、他の子と比べては一喜一憂しています。

そんな中、このような言葉をかけられたら「毎日の子育てでいっぱいいっぱいなのに、今から就労のことまで考えないとダメなんだ」と、ますます追い込まれてしまいます。

こんなときは、「すごい記憶力だね」など、現在の状況だけに感心する言葉に留めておいた方がよいかもしれませんね。

4.「必ず伸びる!」などの力強い応援

保育園の先生や療育機関のスタッフが、「必ず伸びる!成長する!だから頑張って!」と励ましてくれることがあります。

確かに「伸びない」などと言われたら絶望しか残りません。でも、むやみやたらと励ますのもどうでしょうか。

「これまでもすごく頑張っているのに、これ以上どう努力すればいいのか……」とプレッシャーを感じてしまったり、また「障害児のママとして完璧でいなくてはならない。

この子の将来は私にかかっているんだから」と自分を追い込み、結果的に疲弊してしまうママもいます。

5.「障害も個性の一つよ」

「誰でも得手不得手があり、凹凸があるのが人間なんだから、障害じゃなくて個性の一つと考えればいいじゃないの」という言葉。

しかし、「激しいパニック」「強いこだわり」など、障害は個性で片付けられるほど生易しいものではありません。そんな障害を抱える子どもと、24時間365日一緒に生活するママはとても疲れています。

「私の大変さを理解してくれていないな」と感じてしまいます。

6.「神様が下さった天使なのよ」

「子どもはお母さんを選んで生まれてくるんだよ。きちんと育てられる人のところにやってくるんだよ。だから神様から与えられた天使なんだよ」という応援メッセージはどうでしょうか。

誰も好んで「障害のある子を産みたい」と思ってはいないでしょう。出生前診断で障害児だとわかると人工中絶する人や、障害児が生まれて家族の間に亀裂ができ、シングルになる人もいます。

言われた側は心の中で「綺麗ごとを言わないで。神様に選ばれたくなんかなかった」と反論しているかもしれません。

また、「こういう子たちは優しくて天使だ」「ピュアだよね」という言葉もかけがちです。

確かに障害特性はありますが、一人の人間です。

生まれ持った気質や育った家庭環境で、いろいろな人がいます。このように一括りにされると「そうは言うけどうちの子、頑固で大変なのに」などと思われたりします。

6.「病気治るといいね」

たとえば、自閉症は病気ではなく、生まれつきの脳機能の障害です。

ですから治癒することはなく、中学生になっても成人しても高齢者になっても、自閉症者のまま生きていくことになります。

病気というと「治療すれば治る」というニュアンスが含まれます。“療育”という言葉自体が“治療×教育”ですので、誤解が生じてしまうのも仕方がないのかもしれませんね。

でも、療育訓練により素行が改善することはあっても、根っこは変わりません。だから「病気」と言われると違和感があります。

障害のある子のママが励まされる言葉

1.強力な助っ人になる

たとえば、多動障害のある子どもを育てているママは、スーパーに子どもを連れて行けなかったり、また、連れて行ったとしてもゆっくりトイレにも行けない状況に陥ることがあります。

あれこれ買い物をしたくても、ままなりません。

そんなとき「しばらく見ていてあげるから、今のうちに商品選んできたら」「今のうちにトイレに行ってきたら」と言われるのは嬉しいものです。

僅かな時間でもこうして協力してもらえると、ママ友とのお出かけがストレス軽減になります。

たまには自宅に預かってあげてもよいしょう。ただし、よく家を行き来するなど、僅かな時間でも預かるお子さんの行動パターンを熟知していることが大切です。預かっている間に行方不明になったりしたら大変ですからね。

「協力できることは何でも言ってね」の姿勢です。

2.座席を譲る

飲食店や公共交通機関などでじっとしていられない子がいる場合は、その子が立ち歩いたり脱走できないように奥の席を譲ってあげる気遣いをしましょう。壁になってあげるのです。

3.分け隔てなく話題に出す

腫れ物に触るような態度で変に距離感を持ったり、障害の話題を避けないで、このように言ってあげましょう。

「この間、テレビでこんなことをやっていたよ」「知り合いにこんな子がいて、○○療育施設に通っていていいみたいだよ」「〇〇歯科は、子どもが多少暴れても優しく接してくれる先生で、上手に診てくれるみたいだよ」「この美容院は、立ち歩いても大丈夫みたいだよ」気軽に友達として接してくれるだけでなく、情報をくれたり、障害を話題に出してくれると嬉しいものです。(ただし、障害をカミングアウトしている人に対してですが…)

プレゼントは何をあげたらいい?

たとえば、自閉症の子どもは、一風変わったものに強い興味を示すことがあります。トイレの型番だったり、バスや電車の時刻表、換気扇の種類、地図記号など……。ですので、誕生日やクリスマスプレゼントに、ゲーム機などの一般的な子どもが好きなおもちゃをあげても、おそらく喜ばないでしょう。

こんなときは、その子が一番興味・関心を持っているものをプレゼントしてあげましょう。時刻表でも換気扇そのものでもよいかもしれません。相手の好みを知ってプレゼントすることは、相手のことを普段よく見ている証拠です。ですから、その子のママは「うちの子のことをしっかり見てくれている」と、嬉しくなります。

まとめ

障害児を持つ親の壮絶な日常生活を理解することは、親しいママ友であっても難しいと思います。「少しでも力になりたい」という気持ちがあっても、言葉によっては、かえって相手を追い込んでしまうこともあります。でも、今回ご紹介したような“一歩踏み込む気遣い”で救われます。参考にしてくださいね。

関連記事
最新記事