幸せ呼ぶ猫神の呟き 犬が唸る行動は問題である場合と状況によって問題ない場合があるのを知っていますか?
                 


犬が唸る行動は問題である場合と状況によって問題ない場合があるのを知っていますか?

犬が唸る理由

愛犬が眉間とマズルに皺を寄せ、ドスの利いた声で「ウーッ!」と唸ってきたら「飼い主に向かって…!」とムカッときたり、ショックを受けたり…複雑な心境ですよね。ですが、飼い主さんは愛犬が唸る理由を知っていますか?

犬が唸るのは警告

犬が唸るのは

大事な物や場所を取られそうになった時警戒心や恐怖心を抱いた時嫌なことや不快なことを遠ざけたい時

などです。
こうした状況の時に犬は「それをやめないなら咬むよ!」と相手に警告するために唸ります。

唸ると得なことが起こる!?

飼い主さんと犬との関係が崩れていると、犬は唸る行動を起こしがちです。しかし犬の唸る行動が強化されてしまうのは、唸る行動によって嫌なことや不快なことがなくなった経験があるからです。例えば、飼い主さんがお手入れなど犬にとって嫌なことを行っているとします。その時に犬が唸ったら大抵の飼い主さんは驚いたり怯んだりして、その行動をやめてしまいますね。そうすると犬は「唸ったら嫌なことがなくなった!」と思い、『唸る=自分に得なことが起こる』と学習します。その結果、犬は「嫌なことはどんどん唸って遠ざけよう」と考え、唸る行動が増えていくのです。

唸る行動は咬む行動の前兆

唸る警告の次に待っているのは咬む攻撃なので、唸る行動は咬む行動の前兆と言えます。ですから犬が唸るのはやめさせたい行動のひとつです。とはいえ唸る状況によって対処法は異なりますから、状況に応じた対処法を知っておく必要があります。

犬に唸られる状況① 犬が大事にしている物を取ろうとした時

犬が唸る時の状況は様々ですが、おもちゃや食べ物など犬が大事にしている物または場所を取ろうとした時に唸ることがあります。

大事な物を守るために唸るのは犬の本能

特に所有欲の強い犬は自分の大事な物が取られそうになると、それを取られまいと唸って相手を威嚇する傾向にあります。もし唸っても相手が自分の大事な物を取ろうとするのをやめない場合は咬む攻撃行動に出ます。自分の大事な物を取られないように守ろうとするのは犬の本能ですが、家庭犬として人間と一緒に暮らしていく上では問題となる行動ですね。

おもちゃを取ろうとした時ソファからどかそうとした時フードボウルを下げようとした時

などに唸る場合は、やめさせなくてはいけません。

まずは犬との関係の見直しを

たとえ犬にとって大事な物であっても、それを管理しているのは飼い主さんですから飼い主さんが指示したら犬は自ら渡さなくてはいけません。これができずに愛犬が唸って大事な物を守ろうとするのであれば、飼い主さんと愛犬との関係が崩れている可能性があります。愛犬を甘やかしていませんか?愛犬が主導権を握っていませんか?唸ることをやめさせる前にまずは飼い主さんと愛犬との関係性を見直してみましょう。

指示で犬の行動を管理できるようにする

犬が大事にしている物を取ろうとした時に唸る場合、信頼関係を構築することが必要になります。
それと併せて

指示でおもちゃなどを渡せるように「チョウダイ」「ハナセ」などのコマンドを教える指示でソファなどを昇り降りできるように「アップ(乗って)」「ダウン(降りて)」のコマンドを教える食べ物やフードボウルへの執着をなくすなどのトレーニングを行うと良いでしょう。唸る行動の予防策として唸る行動が出る前にこれらのトレーニングを行い、飼い主さんの指示で愛犬の行動を管理することが大切になります。ですが、唸る行動が出てからでも遅くはありません。咬む行動に発展しないうちに信頼関係の構築とトレーニングを行い、愛犬の行動を管理できるようにしましょう。

犬に唸られる状況② 犬に触ろうとした時

人が触ろうとした時に犬が唸る理由として

①知らない人への警戒心②動物病院での不安③虐待など過去の心の傷④体の痛み

などが挙げられます。

①~③が理由で犬が唸る場合

叱って唸る行動をやめさせるのは良くありません。唸る原因をそのままにして唸る行動だけをやめさせると、唸るという警告を出さずにいきなり咬む攻撃行動に出てしまう可能性があるからです。ですから飼い主さんは、愛犬が唸る理由を見極めて①が理由で唸る場合→他人に慣らすトレーニングをする②が理由で唸る場合→診察中に優しく声をかけてあげる③が理由で唸る場合→時間をかけて愛情を持って接する

などといった対処をして、警戒心、不安、恐怖心などを取り除いてあげる必要があります。また、③が理由で唸る場合は人の手に対して恐怖心を持っていることがあります。その場合は人の手に慣らしてあげることも必要です。

④が理由で犬が唸る場合

これまでどこを触っても大丈夫だった愛犬が体を触ると急に唸るようになった時は、体のどこかが痛いのかもしれません。この場合は動物病院で受診を。

老犬が唸る場合

高齢の愛犬に触ろうとすると唸る場合、認知症によって一時的に飼い主さんのことが分からなくなっているのかもしれません。また、これまで平気だった何かに対し恐怖を感じて唸ることもあります。

犬に唸られる状況③ 犬のお手入れをしようとした時

お手入れは犬にとって不快なことが多いです。

ブラッシングをする時爪切りをする時耳掃除をする時

などに唸って、不快で嫌なことを遠ざけようとする犬もいます。

子犬の頃からお手入れに慣らす

お手入れしている時に唸らないようにするためには、お手入れに慣らす必要があります。しかしお手入れにすぐには慣れないので、子犬の頃から継続的に慣らしていくことが大切です。お手入れの時におやつをあげるなどして、お手入れに対し良いイメージを持たせると良いでしょう。

飼い主のお手入れ下手が唸る原因!?

愛犬がお手入れの時に唸るのは、もしかすると飼い主さんのお手入れが下手で不快なのかもしれません。
力任せにブラッシングをしたり、深爪をして出血させたり、耳を傷付けたりしていませんか?

もし思い当たることがあるのなら獣医師やトリマーさんにお手入れのコツを訊いたり、お手入れレッスンに参加したりしてお手入れ上手を目指しましょう。もちろん、プロにお手入れをお任せするのもひとつの手です。

【番外編】遊んでいる時に犬が唸る

愛犬が遊んでいる時に唸るのを聞いたことはありませんか?
例えば

引っ張りっこ遊びの時犬同士で遊んでいる時

などに「ガルル…ウーッ!」と唸ることがあります。「楽しそうになのに何で???」と謎ですし、「唸ることは良くないことだからやめさせた方が良いの???」と飼い主さんの頭の中は『?』マークだらけになりますね。

問題はないがクールダウンを

遊んでいる時の唸りは気合いを入れようとして自然に出てしまうものです。人間で言えば「おりゃ~!」という感じでしょうか。それだけ遊びに夢中になっているということで、攻撃的になっているわけではありません。なので問題のない唸りです。とはいえかなり興奮している証しでもあるので、遊んでいる時に唸り出したら遊びを中断し、『オスワリ』などの指示をして一度クールダウンさせた方が良いでしょう。

犬が唸ることに関するまとめ

犬の唸る行動には執着、警戒、不安、恐怖、抵抗など様々な意味が込められています。犬が唸る行動は咬む行動に発展する可能性があるので問題行動のひとつと言えますが、唸る行動の全てが問題というわけではありません。遊びに夢中で出てしまう問題のない唸りもありますし、唸ることで痛みや体調不良を伝えている場合もあります。ですから、愛犬が唸る場合は安易に叱ってやめさせるのではなく、話すことのできない愛犬の気持ちを理解し、唸る状況や理由に応じて対処していきましょう。

関連記事
最新記事