死ぬまで現役 下半身のツボ 優しすぎるセックスはNG

 「女性に優しく接することは当たり前ですが、ベッドで遠慮しすぎるとEDを招く恐れがあるのです」こう話すのは、性感研究の第一人者で医学博士の志賀貢氏だ。実は昨今“ベッドで優しすぎる男性”が問題になっているという。 「最近はセックスに関する女性の本音が雑誌やインターネットの情報で頻繁に取り上げられており、男性の間でも『女性に○○はしてはいけない』という考えが強くなっているんです。

例えば早漏。男性がすぐ射精してしまうと“自分勝手なセックス”と言われてしまう。それで男性は射精を我慢したり、愛撫時間を長くしたりと四苦八苦するのですが、この時点でストレスがかかっているんです」
 思い当たる方も多いのではないだろうか。

 また、セックス云々の前に、“妻が怖い”“セックス中に彼女からダメ出しを食らう”といった話も少なくない。以前よりも女性がベッドで本音を言えるようになったことは喜ばしいが、それを気にするあまり、萎縮する男性も増えているという。すると、ペニスも委縮してしまう。 「男性は基本的に“メスを襲う”というオスの本能を持っています。ベッドでは自分がリードして、女性を悦ばせたい願望も強い。そうした本能や欲望にブレーキをかけてしまうと、当然、脳が性的興奮も抑圧しようとする。結果、勃起力が弱まるのです」

 もちろん、乱暴に自分勝手なセックスをすればいいわけではない。 「まず、セックスをする際、“女性をイカせよう”と変に意識しないこと。さらに“時間をかけよう”とか“クンニをちゃんとやろう”というように、ルールのようなものを作らないこと」簡単に言えば、自然の流れに身を任せればいいのだ。

 「一つのポイントとして、セックスの“出だし”で、強いオスをアピールすることも大事。セックスはムードが重要ですから、最初の段階で“今夜はお前を襲う”的な雰囲気を男性が出せば、女性はそれに乗りやすい。逆に男性が変に遠慮してしまうと、女性もどういう気分で応じればいいのか、分からないのです」

 極端な言い方をすれば、ベッドインすると同時にガバッと上にのしかかり、激しいディープキスを繰り出すぐらいがいいのだ。すると、男性の中にあるオスの本能が目覚めて性的興奮も一気に高まりやすい。「一方、女性も普段は優しいパートナーがベッドでは激しく自分を求めてくれる…。これによって、メスの本能が刺激されるんです」最初のムード作りでオスとメスになれれば、その後は多少、強引なセックスをしても女性は嫌がらない。

 ちなみに志賀氏曰く、「ドSの男性はEDになりにくい」という。「女性を苛めることで興奮する男性は、元々、オスの本能が強い。あくまでMのパートナーがいる場合に限りますが、普段はED気味の男性でも、女性のお尻を叩いたり、軽く首を絞めたりした途端、ペニスが硬くなるなんてケースも多い。やはり、それが本能なんでしょうね」女性の合意のもと、自分の本能に忠実になれるセックスこそが、最強の死ぬまで現役を貫く方法なのだ。

志賀貢
医学博士。内科医として診療する傍ら、260作以上の小説やエッセイを執筆。また、性感研究の第一人者で『かなりHな夜の教科書』(河出書房新社)など、医学的見地に基づいたセックス&口説き術にまつわる著書も多数ある。

関連記事
最新記事