死ぬまで現役 下半身のツボ 気軽な会話がEDを解消する

 「EDになったことで、パートナーとの関係も悪くなった…これって、男性の勘違いから起こっていることが多いんです」こう話すのは、元AV女優で、精力料理研究家としても活躍中の竹下ななさん。今回はED解消のための食事メニューではなく、女性としての視線でEDについて語ってもらった。

 中折れなどを起こした際、皆さんはどういう態度を取っているだろうか。 「私の経験上ですが(笑)、多くの男性は無理をしようとするんです。必死に勃起させようと躍起になり、勝手にイラ立つ…。また、『今日は調子が悪いな』と呟いてしまう。こういう態度を取られると、女性は“どうしたらいいのか”分からなくなってしまうのです」

 心当たりのある方も多いのでは? むろん、記者もその1人だ。しかし、竹下さんの言うように、この時、女性もまた途方に暮れてしまうという。「なんとかしてあげたいけど、その方法が分からないんです。『無理しなくていいよ』と言ってあげればいいのか、それとも『私がシテあげようか』と言えばいいのか(笑)。下手なことを言って、男性を傷つけてしまうのも怖いんですね」

 事実、竹下さんも昔はソレで失敗したことがある。 「今から思うとヒドイ言葉ですが、私としては相手の男性をリラックスさせるため、冗談っぽく『大丈夫~?』と聞いちゃったんですね。私としては、“無理に挿れなくても私は満足だよ”って気持ちだったんですが、相手の男性はショックを受けたみたいで…」

 このようにEDが原因で、男女関係が険悪になってしまうのだ。では、こうした時はどう対応するのがベストなのか。「女性としては、一番困るのが『勃起しない』ことを恥ずかしがられることなんです。恥ずかしがって、その話題にあまり触れないようにされると、何を言えばいいのか分からない。逆に男性が『ごめ~ん、今日はダメみたい』と軽いノリで言ってくれれば、すごく安心するんです」

 ここが、男性の知らない女心。男性はEDになると“役立たず”と思われるのではないか、という恐怖や劣等感に駆られやすいが、女性はそんな風に考えてはいないのだ。 「もちろん、女性も挿れてもらいたいので男性が悪戦苦闘している姿を見ると、つい『しっかりしてよ』と言ったり、『私に魅力がないの?』みたいに言ってしまうんですね。でも、それらは男性をけなしているのではなく、女性も自分が何をすればいいのか分からず、焦っているだけなんです」

 お互い困り果てた結果、誤解を生じる言葉が出てしまっているのだろう。 「なので、一番いいのは男性が恥ずかしがらず『今度、ED治療薬を試してみようかな』みたいに、パートナーに相談すればいいのです。ちなみに、女性は男性と一緒に何かをすることがすごく好きです。ともに何かを頑張ろうとなったほうが、むしろ、愛情も深まるんですよ」

 もっと言えばEDがキッカケで、夫婦仲やカップル仲が一段とよくなる可能性も高いのだ。
 実はEDって悪くない!?

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。

関連記事
最新記事