幸せ呼ぶ猫神の呟き 【ビジネス女子マナーQ&A】のど飴、ガム、ひと口お菓子…。仕事中に食べるのはマナー違反?
                 


【ビジネス女子マナーQ&A】のど飴、ガム、ひと口お菓子…。仕事中に食べるのはマナー違反?

今回の質問は、IT関連会社に勤める横瀬美波さん(仮名・32歳)から。「中途採用で入ってきた30歳の女性が、デスクワークのときずっとガムを噛んでいます。質問されるときもガムを噛んでいる状態のまま。とても気分が悪いです。飴やひと口サイズのお菓子なども普通に食べています。これってビジネスマナーとしてどうなんでしょうか」さっそく、鈴木真理子先生に伺ってみましょう。

休憩時間以外の飲食を禁止している企業もある

ガムを噛むと集中力がアップするという人もいますよね。セミナーや研修の講師に呼ばれて伺う企業でも、クチャクチャとガムを噛んでいる人を見かけます。新入社員研修なら注意しますが、先日は30代の女性が、ずっと噛みながら研修に参加していて驚きました。営業職なのに、それでお客様のところへ行くのでしょうか。それとも社外の講師を使ってやっていると、見下しているのでしょうか。いずれにせよ、彼女の行く末が心配になりました。ガムを噛んでいるときの、常にクチャクチャと動いている口元は、美しいものではありません。

職場のマナーやルールとして問題なければ結構ですが、接客業では休憩時間以外、禁止しているところもあります。また、企業の秘書室などでは、デスクの上に飲み物やお菓子を置くことすらNGとするところもあります。それはなぜか。口の中にものが入っている姿は、ビジネスの場にふさわしくないからです。

のど飴は休憩中や通勤中に

のど飴も同様です。乾燥が気になる季節。喉は渇きやすくなり、風邪やインフルエンザの心配もありますから、のど飴をデスクの引き出しやバッグに入れている人も多いのでは? 喉がイガイガして咳ばかりしているのも、周囲の迷惑になりますし、のど飴くらいはいいんじゃないか、と考えてもおかしくありません。でも、のど飴も基本的には休憩中や通勤中などのオフタイムになめるのがベストです。執務中、口に物が入ったまま人と話すのは失礼だからです。

内勤だから、という人も油断は禁物です。お客様と話す時、たとえそれが電話であっても、モゴモゴしていると気づかれますよ。それは印象を悪くします。上司から指示を受けたり、面談したりするときも、やはり飴をなめたままだと態度が悪いと思われることでしょう。ただ、医師から処方されたトローチなどの薬であれば、話は別です。そのときは、上司や先輩に「体調が悪いので」と、ひと言伝えておくと安心ですね。

ミントやひと口お菓子はすぐに食べきる

気分転換や睡魔に襲われたときの救世主となるミント。小腹が空いたときにありがたい、ひと口お菓子。これらを休憩室などで食べるのはOKです。ただし、いつまでも口の中に入れてモゴモゴさせていてはいけません。デスクに座っているときには、口の中を空っぽにしておきましょう。たったそれだけのことで、日頃の仕事ぶりの評価が下がることもあるのです。みなさんはオンとオフの区別をしっかりつけてくださいね。

賢人のまとめ
OKなのは医者から処方されたトローチのみ。ミントやひと口お菓子は休憩時間に。ガムはNGです。

プロフィール
女子マナーの賢人 鈴木真理子

三井海上(現・三井住友海上)退職後、“伝える”“話す”“書く”能力を磨き、ビジネスコミュニケーションのインストラクターとして独立。セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。

関連記事
最新記事