幸せ呼ぶ猫神の呟き 大丈夫って敬語でなんて言う? 意外と知らない敬語の使い方を確認しよう 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】
                 


大丈夫って敬語でなんて言う? 意外と知らない敬語の使い方を確認しよう 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

大丈夫! という言葉は日常ではよく使う言葉ではないでしょうか。しかしビジネスシーンで使ってしまうとちょっと砕けた言い方になってしまいます。意味はきっとわかってもらえますが、無礼に思われるかもしれませんし、子供っぽい印象も与えてしまいます。ここでは大丈夫を意味するビジネスシーンで使える表現や使い方の例文を交えてご紹介します。

■大丈夫のビジネスシーンでの使い方

日常生活の中で質問を受けて「大丈夫」という言葉は本当によく使いますね。この大丈夫という言葉の意味は、現在では多岐に渡って使われているようです。例えば、承認や承諾を意味するものであったり、問題ない、安心できる意味のものであったり、または間に合っています、要りませんの意味で使うこともあります。危ない点が無く安心できる、間違いなく確証できることを指します。

上記に挙げたようにさまざまな意味を持つ「大丈夫」をビジネスシーンで使うことは、誤解を招きやすいという面からも避けたほうがいいでしょう。また大丈夫は敬語ではないので、特に目上の人、敬うべき相手には使用しません。信用性に関わることもあるので注意が必要です。何かを頼まれたとき、質問されたとき、提供されるときに使ったり、その返答につい使ってしまう「大丈夫」の適切な表現を覚えておきましょう。次の項目で言い換え表現の例をご紹介します。

■ビジネスシーンで大丈夫を言い換えた例

ビジネスシーンでは、同僚や部下に対してはやわらかい表現として承認を得たり、元気づけたりするときには有効です。ただ、大丈夫ですを敬語で使うべき場面で使いそうになったら、即座に言い方を変えるように心がけましょう。この資料の添付してもよろしいでしょうか? と聞かれたときに大丈夫ですと答えてしまうと相手によっては二通りの解釈に迷うことがあります。そのため、それぞれの場合でどのように言い換えるか確認しておきましょう。

要るのなら→はい、お願いします。
要らないのなら→いいえ、必要ありません。

何かを依頼されたときには、大丈夫ですと答える代わりに、かしこまりました。承知いたしました。を使いましょう。

また、電話や内容についてよろしいですか? と確認するとき、されたときの答えでも大丈夫ですの代わりに、問題ございません。と答えるのが適切です。日常生活の流れでついつい使ってしまう「大丈夫」。実は曖昧な言葉だということを念頭にいれておきましょう。ビジネスシーンでは極力使用を避けて具体的な言い回しで相手を戸惑わせないようにしたいものです。

関連記事
最新記事