1

昨日の友は今日の敵!?  女子会で嫌われるうっかり発言4つ

女同士で集まって、日頃のグチや恋愛相談を言い合える女子会。ストレス発散のためにやめられないという方もいれば、女子会ってちょっと苦手、という方もいらっしゃると思います。気をつかわなくてもよさそうに見えて、じつは気をつかわないとうまく行かないのが女同士です。女子会でもついNGな会話をして嫌われてしまうこともあるかもしれません。今回は、気付かないで女子会で発言してしまうと嫌われやすいネタを集めました。

1: 親、親戚の自慢や知り合いの自慢

「親はすごいかもしれないけど、自分はどうなの?」と思われて反感を買いやすいのが身内の自慢ネタ。また、芸能人や有名人の◯◯と知り合いで……というのも微妙な話題です。それほど親しくないのに親しいフリをするとあとあと大変になることも多いですし、身内や知り合いネタは、控えめにいうかダメな部分をおもしろく話す程度にしておいたほうが無難といえるでしょう。

2: モテ自慢、略奪系の自慢

ただでさえ同性から反感を買いやすいモテ自慢のなかでも、とくに嫌われやすいのが略奪系の武勇伝です。その場ではおもしろがって聞いてくれたとしても、「自分の彼氏をとられたら嫌だから距離を置こう」と思われる可能性大。また、不倫ネタの自慢やグチもNGです。口が軽い女子も多いので、「あの子不倫してるんだって……」と広めれてしまうことにもなりかねません。もし誰かに相談するなら、同じ不倫経験者か口が堅い子にマンツーマンで相談するようにしましょう。

3: 行ったことある自慢

高級レストランや海外旅行など、行ったことがある経験はつい自慢したくなるもの。しかし、行くお金がない子や連れて行ってくれる男性がいない子にとっては嫌味に聞こえてしまいます。女子会だけではなく、SNS投稿でもやらかしがちなので気をつけましょう。

4: 過去のすごかった自分自慢

性別問わず評判がよくないのが、学歴やヤンキー自慢。一見逆の内容のようですが、「昔の自分がいかにすごかったか……」また、過去の栄光にすがっているだけで今は中身がからっぽの人であるような印象も与えてしまいます。やんちゃな過去も、優秀な過去も、自慢にはならない言い方でサラッといえると素敵ですね。

いかがでしたか。自慢話をするつもりがなくても、相手からはいつの間にか自慢ととられてしまうこともあります。話をおもしろくしようと思ってつい会話を盛ってしまうクセのある方は要注意! 女子会で好かれたいなら自分の話よりも、人の話を聞くように意識するのが愛されるポイントといえるでしょう。

関連記事
最新記事