“クセになる美味しさ”のヒミツは!? 鎌倉のパン屋さん「パラダイス アレイ ブレッドカンパニー」

「パンめぐ」編集長がお届けする10月のマンスリーコラム「鎌倉のパン屋さん特集」。第2回目は、鎌倉中央食品市場内にある「パラダイス アレイ ブレッドカンパニー」をご紹介します!四季の中で一番過ごしやすく新麦も楽しめるこの時期、東京から1時間程度で行ける古都・鎌倉。

日頃の疲れを癒しに週末、散歩がてら出かけてみては?

道順、途中まで第1回でご紹介したmbs46.7と同じなのですが、少し手前を左折し鎌倉中央食品市場(通称:レンバイ)を目指すと、その中にあります。そう、レンバイの中にあるので、パンだけでなく新鮮なお野菜を購入しながら、パン店に寄れるんです。

ただ、10時過ぎくらいに伺った時はパンがまだあまり焼きあがってなく、11時過ぎに行った頃にちょうど品揃え良かったので、朝、お野菜を買ったら、ぐるり鎌倉を散歩してもどってきてパンを購入くらいがちょうど良いかもしれませんね。

ハッキリ言って、ファンキーです(笑) 店員さんもお店の中の雰囲気も。いまはもう閉店してしまっているのですが、以前、材木座海岸そばにあった『窯』に伺った時に感じた独特な雰囲気に似ていますね(あくまで個人的感想ですが)。こちらのパンは焼き色濃く、私好みだったりするのですが、それ以上に特徴的なのはほぼ全てのパンにステンシルが施されているということ。

それは、まるでどこかの部族のしるしのよう!

そうかと思えば、とても可愛いあんぱんも売っていたりで。鎌倉野菜のピザや、ボリュームたっぷりのフォカッチャ、それともバゲットを食べてみようか?どのパンにするかかなり迷ったのですが、今回はあんぱんを購入。もっちりしていて生地にヒキがあります。餡子はこしあん。

あれっ?甘いだけじゃなくて気持ち酸味も感じる!この酸味はなんだろう?!と思ったらレーズンが入っていました。餡子にレーズンの組み合わせ、初めて食べましたけれどちょっとクセになる美味しさ。お店の方に確認はしなかったのだけれど、この生地の感じからして天然酵母を使っているのかな?次回行くことがあったらお聞きしてみようと思います。今回はテイクアウトしましたが、イートインスペースもありますので、鎌倉散歩の途中にぶらり寄って小腹を満たすのにも良さそうですよ!

パラダイス アレイ ブレッドカンパニー 住所:神奈川県鎌倉市小町1-13-10
電話番号:非設置 営業時間:平日 9:00~19:00 土日 7:30〜19:30
定休日:不定休
関連記事
最新記事