人生の ホールインワン ■グルメ・美容食・ドリンク
FC2ブログ

牛タン塩にレモンをかけて食べたのは誰が最初だったか

今では屈指の人気メニューであってもその出自は定かでない、ということも珍しくはない。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
 近年、居酒屋における「とりあえずビール」はハイボールやスパークリングワインなどにっじわじわとその座を奪われつつあるように見えるが、焼肉界においてのスターターのポジションは以前揺らぐことがない。「とりあえず」の王様と言えば、牛タンである。

 もっとも焼肉店における牛タンの歴史は決して古くない。焼肉店のメニューとして登場したのは1970年代のことだと言われる。発祥店と言われているのは2店。あの「叙々苑」と銀座にあった「清香園」(閉店)という焼肉店だ。

 叙々苑が1号店を六本木に出店したのは1976(昭和51)年のこと。それから間もなく、牛タンが叙々苑のメニューに加わることになる。その経緯は、創業者の回顧録によればこうだ。

〈六本木に1号店をオープンして間もないころ、食肉業者に「何か新しいメニューにできるものはないかな」と相談しました。そうしたら「マスター、タンをやりなよ」と〉(新井泰道著『焼肉革命』角川新書)

 こうして叙々苑ではタン塩がメニューに加えられた。そこに現在の定番であるレモンが加えられたのは、六本木のクラブホステスのアイデア……というより、わがままから生まれたという。

 ある日タン塩を食べていたクラブホステスから「マスター、たれはないの?」「このまま食べたらやけどするじゃないの!」とリクエストが。しかしタン塩用のタレの用意はない。そう伝えるとホステスが「じゃ、レモン持ってきて」「私はレモンが好きだから、レモンを絞ってたれ代わりにしてタン塩を食べる」「マスター、これおいしい。合うよ。これたれにしたら?」と提案から実食までを一気にこなした。

 試してみると、なるほどうまい。こうして「タン塩にはレモン」が生まれたのだという。これが"タン塩レモン叙々苑発祥説"である。

 実はタン塩+レモンの発祥にはもうひとつの説がある。1952年創業の清香園総本店説だ。同店は、石焼ビビンパを日本に持ち込んだ店としても知られたアイデア焼肉店。数年前に店を畳んでしまったが、1919年生まれのこの店のマダム、張貞子氏が焼肉における牛たんのメニュー化と、レモンとの組み合わせを提案したという。

「スウェーデンの空港で見たタンの薫製が出発点。表はザラザラ、裏はぐにゃぐにゃの分厚い皮がくせものだったが、冷凍してみたらうまくむけた。『それまで肉はタレをもみ込んで焼くものだったが、塩とレモンでさっぱり食べるようにしたら好評で、あっという間に広まった』という」(2005年7月23日付東京新聞)

 実は清香園は1960年代にスウェーデンで行われた東洋料理の品評会に参加したのをきっかけに1970年にはストックホルムにも出店。いわば日本に本拠を置く飲食店の海外展開の先駆けとも言える存在だ。なにしろ1970年と言えば、日本の外食元年と言われる年。日本にマクドナルドが上陸する前の年の話である。

叙々苑説、清香園説のいずれかのみが正しいとも限らない。食べ物の発祥や発展は往々にして不思議なほど同じようなタイミングで可視化される。

 現在に至る焼肉の流れは、1946(昭和21)年に東京で創業した食道園(翌年大阪に移転)と明月館(叙々苑の創業社長、新井泰道氏の出身店)の2店が礎になっていると言われる。以降、連綿と綴られた焼肉の歴史は、食肉流通の歴史とも密接に関わっている。

 物事には必ず理由がある。戦後、貧弱だった冷蔵インフラが充実していくとともに「牛タンのメニュー化」がなされた。それでも独特の香りが気になる牛タンの食味向上のためレモンをかけるという発想が生まれた。これらの事象が同時多発的に起きたとしても不思議はない。その起源に思いを馳せながら網の上の肉を返し、肉に舌鼓を打つ。そこでふと脳裏をよぎるのが、流通のよくなった現代における佳店のタン塩にレモンが必要か──という問題だ。肉に思いを馳せ始めるときりがない。

もちっとした粟麩&シコシコしたエリンギの食感楽しむレシピ

NHK E テレ『きょうの料理』でのおなじみ、93才の現役日本料理研究家“ばぁば”こと鈴木登紀子さんが、「これだけは遺しておきたい」と日本料理に関するちょっとしたテクニックを紹介。今回は“粟麩”に関するお話です。

 かれこれ50年近く続いておりますばぁばのお料理教室では、毎月その季節ならではのお料理を、その季節にふさわしい器で味わっていただいております。

 毎年、多少お献立をアレンジしたり、味つけを塩梅することはあるものの、巡る季節は変わりませんから、使用するお魚やお野菜もほぼ同じ。「10月は土瓶蒸しね」「11月と12月はおせちね」と、毎年恒例のお料理を楽しみに、何年、何十年もお教室に通ってくださっている生徒さんも多いのです。

 どのお献立も毎年喜んでいただいておりますが、時代、世代を問わずにみなさんが「おいしい」とうっとりなさるのが「粟麩」を使ったお料理です。

 粟麩は生のお麩に粟を混ぜて蒸し上げたもので、しっとり、もっちりとした食感が特徴です。

 それではそもそもお麩は何かといいますと、小麦の植物性たんぱく質、グルテンで作ったもので、生麩(蒸し麩ともいいます)、焼き麩、揚げ麩、乾燥麩があります。

 生麩や粟麩は生ものですから、どこのスーパーでも手に入るというものではありませんが、焼き麩や乾燥麩は長期保存がききますから、ゆば、凍り豆腐(高野豆腐)、干ししいたけと並び、“乾物四天王”として普及するようになったそうです。私も主婦だったころは、パパのお給料日前には、ずいぶんと助けられたものでした。

◆春菊ともみじおろしを添えて。くれぐれもお出しは熱々を

 さて、粟麩に戻りましょう。お教室では、お野菜と炊き合わせてお出しすることが多いのですが、今回は、エリンギをお供に、簡単で失敗もない揚げだしに仕立てました。粟麩のもちっとした食感と、エリンギのシコシコとした歯ざわりと芳香が楽しめる秋のお椀。彩りに春菊、そしてもみじおろしを添えます。

 おだしは必ず熱々をかけてくださいね。しみじみとおいしい晩秋の一品、お客さまの酒肴にもたいそう喜ばれますよ。ぜひ、お試しあれ。

■『粟麩とエリンギの揚げだし』の作り方(2~3人分)
【1】粟麩1本は長さを9等分する。エリンギ1本は洗わずに、かたく絞った布巾やキッチンペーパーで拭いて、縦4つ割りにして横に3等分する。
【2】春菊3株はさっとゆでて冷水に取り、水気を絞って3cm長さに切る。
【3】中温に熱した油で粟麩とエリンギを揚げ、油抜きする。
【4】小鍋にだし1カップを煮立て、みりん大さじ2、薄口しょうゆ大さじ1を加えてかけつゆを作る。
【5】器に粟麩とエリンギを盛り、春菊ともみじおろし適量を添える。かけ汁を器の縁から静かにかける。

新事実! インスタントコーヒーは溶かさない方がウマかった

最近ネットを中心に「これめっちゃウマい!」と話題を集めているのが、インスタントコーヒーをデザートや飲み物にかけまくる食し方。カレーやビーフシチューなどに“隠し味”として入れることもあるが、一切隠すことなく全面に振りかけるのがウケているという……。

インスタントコーヒーを使ったさまざまなレシピが公開されているが、中でも変わり種なの、ビールにインスタントコーヒーを振りかけた“ビールコーヒー”なるもの。作り方は至って簡単。缶ビールをグラスに注ぎ、その上にインスタントコーヒーを大さじ1~2杯分ふりかけるだけ。

 おそるおそる飲んでみるも、ビールのホイップの苦みとコーヒーの苦みがうまく混ざり合って、コクのある絶品ビールになった。黒ビールとはまた違うコクの深さで、鼻に抜ける後味がまろやかなコーヒー風味になる。

完全に溶かして飲むのではなく、泡の上にコーヒーが広がった状態で飲みのがおススメ。最初はコーヒーの味が全面的に広がるが、自然とビールと溶け合うことで爽やかな後味が楽しめる。なるほど、インスタントコーヒーはふりかけかもしれない。

 実はコーヒー味のビールは一部のファンから絶大な支持を得ており、宮城県・気仙沼市の「アンカーコーヒー」と「世嬉の一酒造」の共同開発で商品化もされている。

●他にもまだまだある、インスタントコーヒーの意外な使い方

 ほかにも、インスタントコーヒーの意外な調理法として注目を浴びているのが、「食パンの上にまんべんなくふりかける」レシピ。とくにネットで「ウマい!」と評価が高いのが、「トースターの上にバナナの輪切りを載せ、トースターで焼くだけ」という簡単調理法だ。

 2分ほど熱すると、バナナの水分でインスタントコーヒーがじんわり溶けだしてくる。出来上がったら最後にハチミツをかけて完成。バナナとはちみつのトロトロ具合に、絶妙にインスタントコーヒーが溶けているので、コクとコーヒーの苦みがそれぞれの甘さにマッチする。

 くどすぎず、甘すぎず、これが朝食に出てきたら結構うれしいかも……! この応用として、フレンチトーストにかけても◎。

 フルーツと一緒に食べても口の中で一切ケンカせず、かつコーヒー風味が良い具合にさまざまな甘さとマッチするのが驚き。いつも通りお湯に溶かすのではなく、たまには料理に直接ふりかけてみるのもいいかも。「コーヒーは飲み物」という概念をとっぱらいましょう。

効率よく栄養補給!野菜ジュースを活用したいシチュエーション3つ

「野菜ジュースは気休めで栄養は取れない」なんて言いますが、野菜ジュースを飲むことによる栄養面でのメリットは、実はたくさんあるんです。野菜ジュースは、朝ごはんを食べる時間がない時や、ダイエット中のおやつとして、寝る前の小腹がすいた時に飲むのが正解ですよ!

■生よりジュースの方が吸収率が高い栄養素もある

よく「加熱したりミキサーにかけることで、野菜の栄養は壊される」と言いますが、野菜や果物などの植物は強固な細胞壁を持っているため、その細胞壁を「壊して栄養を摂る」ことも大切なのです。

また、トマトやニンジンなどに含まれているリコピンやベータカロテンは、生のまま摂るよりも、ジュースなどの加工品にした方が吸収率が高まるので、一概に野菜ジュースは良くないとは言い切れません。

■野菜ジュースを活用したいシチュエーション3つ

(1)朝ごはんを食べる時間がない時

野菜ジュースの長所は気軽に栄養が摂取できること。もちろん製造工程での加熱や殺菌などの過程でビタミン類や食物繊維、カルシウムなどは減少してしまいますが、朝食を食べる時間がない時などに栄養の補完を意識して飲むことが、朝食抜きの罪悪感の緩和や貧血等を防ぐのに役立つはず。

(2)ダイエット中のおやつ代わりに

ダイエット中のおやつを食べたい衝動にも野菜ジュースは一役買ってくれます。野菜の甘みで満足感を得られる上に、平均的な野菜ジュースのカロリーは100mlあたり50kcal程度。ただし、糖質が含まれるのでたくさん飲むのは控えましょう。

特に「果物+野菜」のジュースの場合は、炭酸ジュース並みの糖質が含まれているので、なるべく野菜だけを使用しているものを選ぶのがベター。

(3)寝る前に小腹が空いた時

寝る前にどうしても何か食べたくなる時には、野菜ジュースを飲むのがおすすめ。食塩を使用していないタイプのものであれば、翌日のむくみも気にならない上に、ご飯を食べるよりも胃袋にも負担がかからないので、翌朝起きた時に胃が重くなることもありません。

上手に飲めば美肌生活や健康にもプラスになる野菜ジュース。ぜひ活用したいものですね。

インスタントコーヒーが美味しくなる10秒の裏技

自宅やオフィスでつい手が伸びるインスタントコーヒー。これさえ常備しておけば、コーヒーメーカーや挽いた豆が無くても手軽に熱々のコーヒーが飲めて便利ですよね。

そんなインスタントコーヒーを、たった10秒で信じられない位美味しくする裏技があるのをご存知でしょうか?

その方法は超簡単。カップにインスタントコーヒーを入れ、そこに小さじ1杯分の「水」を加えて練り、なめらかになった所でお湯を注ぐ……これだけです。

実は市販のインスタントコーヒーには少量の「でんぷん質」が含まれており、いきなり熱湯を注ぐとコーヒーの粉の表面のデンプン質が固まってダマになり、粉っぽい味になってしまうんです。

少量の水でコーヒーの粉を練ってからお湯を注ぎ、溶け残りを防ぐことで、挽きたての豆で淹れたようなコクのあるコーヒーが出来上がるというワケ。

これはインスタントコーヒーだけではなく、ココアやカップスープなど粉に「でんぷん質」が含まれている全てのアイテムで応用が可能。カップスープの粉を水で練ってからお湯を注ぐと美味しいなんてちょっと意外な気もしますが、インスタントコーヒーの「裏技」と併せてぜひトライしてみてください。

KFC、ミスド、がってん寿司、丸亀…食専門家が品質に太鼓判

ファミリーレストランにファストフードなど、日本人の食生活にはなくてはならない外食。でも、果たして本当に安全なのだろうか? 『スーパーの裏側』『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』(東洋経済新報社)などの著者で、“食品業界を知り尽くした男”といわれる河岸宏和さんが、安全面でおすすめできる有名外食チェーンを紹介する。

【ケンタッキーフライドチキン】
 今年からチキンの素材を100%国内産化。600項目以上の基準が設けられた高度な衛生管理を誇る工場でカットされ、生のまま各店舗に届けられる。店舗でも徹底した温度、衛生管理のもと店舗での調理は行われていて、マニュアルにも約600のチェックポイントがあり、冷蔵庫から取り出してから油で揚げるまでの時間も厳格に守られています

【ミスタードーナツ】
 研修施設で学んだスタッフが管理し、室温や粉の温度にまで注意を払って各店舗で手作りするドーナツは格別のおいしさ。オイルは純植物性でトランス脂肪酸値を大幅に抑えたものを使用。毎日ろ過し、酸化判定をして基準値を超えたら廃棄している。小麦粉の配合や、コーヒー豆の品種や産地選びも追求しており、原材料へのこだわりに妥協はありません。

【がってん寿司】
 特筆すべきは社員全員が職人ということ。仕込みも握りもできる技術者が各店舗にいるからこそ、鮮度の高い素材を新鮮なまま食べることができます。オープンキッチンで職人が握っている。仕入れは毎日、築地や大宮、小田原などを使い分けています。鮮度チェックは20分に1回、30分に1回の手洗いなど、衛生管理が徹底されているのも安心材料です。

【丸亀製麺】
 小麦粉、水、塩だけで麺を作っているため、一切余計なものは入っていません。季節や湿度、気候に合わせて水分量や小麦の温度も管理するほどのこだわりよう。店内で製麺される様子がガラス張りで見られる安心感は格別だ。季節の旬なものをかき揚げにしたり、うどんの具材にしたりと、毎日食べても飽きない工夫もされています。

美女が実践!太らない、サビない食べ方5か条

「あの子だってたくさん食べるのに、なぜ私だけが太るの?」そんな風に考えたことはありませんか?

あんなに食べるのに、なぜキレイなのか、なぜ太らないのか。その違いはズバリ「食べ方」にあり。

食事の仕方を変えるだけで、誰でもベストコンディションを保つことができるようになるといわれています。早速、美女に変身できる「太らない・サビない食べ方」をチェックしていきましょう!

◆太らない、劣化しない食べ方とは?

食べ過ぎると太る、食事バランスが悪いとお肌がサビてしまう。食べ物がその人のキレイをつくるといわれていますよね。同じようにたくさん食べているのに、太らない人、若々しい体型をいつまでもキープしている人がいるのに、私はどうして?と考えてしまう人も少なくないはずです。

ポイントは、食べ方や食材選びに注意するだけ。あれもこれもといわれると難しいですが、今回はたった5つだけ。お金をかけずに、ダイエット&美肌を育む食べ方を意識していきましょう。

【これだけは守りたい!太らない、サビない食べ方5か条】

1.ゆっくりよく噛んで食べる

ご飯を食べるとき、きちんと噛んで食べていますか?よく噛んでものを食べると、あごの力や顔の筋力を強化して、フェイスラインを整えたり、たるみ予防、小顔効果も期待できます。

さらに唾液の分泌を促して、お腹の中に入った食べ物の消化と吸収をサポートする効果もあります。よく噛んで食べるだけで、太りにくく、また美肌に必要な栄養素が吸収されやすくなるのです。

いつも忙しいからとよく噛まずに早食いしていると、「お腹がいっぱいになった」と感じる満腹中枢も狂いやすく「もっと食べたい」と食べ過ぎの原因につながります。

食事はゆっくりと時間をかけて、一口30回目安で、顔がゆがまないように左右均等の回数で噛むようにしましょう。

2.野菜→たんぱく質→炭水化物の順番に

食べ物をしっかりと消化して、脂肪に変えにくくするには食べる順番にも注意を。まずは野菜で食物繊維を補給します。次に、魚、肉などのたんぱく質。ご飯や麺類などの炭水化物は一番最後に食べると効果的です。

先に野菜を食べておくと、血糖値が上昇するのを抑えてくれて、太りにくい体質になれます。できれば定食などバランスが摂れた食事でこの順番を実践しましょう。

忙しくて、コンビニご飯のときだって、野菜をプラス。おにぎりの前に、サラダを食べるだけでも効果が期待できます。パスタやラーメンなどの麺類も、具を先に食べて、麺類は後にすると太りにくくなります。

3.発酵食品やたんぱく質を欠かさない

食材選びにも気を配って、食べながらキレイになっちゃいましょう。美容に良い食べ物といえば、色々ありすぎて「そんなに食べられない」とあきらめてしまう方も多いはず。

ここでは、2つだけ挙げたいと思います。まずは『発酵食品』です。納豆、キムチ、みそ、おつけもの、チーズなどの発酵食品は、乳酸菌が豊富に含まれていて、腸内環境を整える効果が高いといわれています。

腸がキレイだと、老廃物が溜まらずに、太りにくく、お肌もツヤツヤに!ニキビや肌荒れが起こりやすい、ゆらぎ肌の方にもオススメです。発酵食品を毎日食べるように意識してみましょう。

もうひとつ、欠かせないのが『たんぱく質』です。お肌や髪、爪など全身のすべての組織のモトとなるたんぱく質。不足すると、肌老化、ダメージヘアなどのトラブルを引き起こすので注意!肉、魚、豆腐などの大豆製品、乳製品を毎食1品は補給して。

4.体に良いオイルを選ぶ

オイル=太るというイメージですが、油分はエネルギーをつくりだし、お肌の潤いを与えたり、便秘解消にも役立つ大切な栄養素です。とはいえ、油分なら何でも良いというわけではありません。摂るなら、「えごま油」や「青魚」に含まれるオメガ3系、「オリーブオイル」や「菜種油」などのオメガ9系の良質なオイルが◎。

また魚を食べるときには、お刺身やお寿司など生で食べる、肉は蒸すなど油を使わずに食材が持つ油分を摂るようにすると効果的です。

5.やっぱり、腹八分目が大事

おなかいっぱい食べたいと思いますが、やっぱり美容のためには「腹八分目」が大切です。20歳をピークに基礎代謝はダウンして、年々太りやすい体質になるといわれています。

食べすぎには注意して、腹八分目を意識しておけばOK。また食べ過ぎると、消化吸収が悪くなり、代謝が下がったり、老化のモト活性酸素を増やす原因にもつながります。

よく噛んで食べる、噛みごたえがある食材を選ぶことが食べ過ぎ防止に役立ちます。ごぼう、れんこん、砂肝、たこ、いかなど、よく噛んで食べなければいけないものを選ぶことも、満腹中枢に働きかけて腹八分目に抑えるコツです。

食べ物の選び方、食べ方に注意してもっと美味しくキレイに!上記5つのポイントを意識しながら、食べても太らない体質を手に入れたいですね。

熱中症・夏バテ・美肌に効く、そんな都合のいい食べ物があった!

夏場に起こりやすい熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ。これらの対策を一手に引き受けるのが、実は身近なあの料理なんです! 料理をご紹介する前に、これらのトラブルと栄養素の関係を見ていきましょう。
.
◆熱中症を防ぐカギとなるカリウム

ヒトは体温を調節するメカニズムを持っています。しかし、気温や湿度が高くなって熱の放出や発汗のコントロールが難しくなると、体温調節機能が不調をきたして熱中症を起こすのです。

熱中症になると体温が上昇して脱水症状になり、倦怠感や頭痛、発熱などの症状が見られ、ひどくなるとけいれんや失神を起こすこともあります。脱水症状というと、塩分(ナトリウム)の不足はよく知られていますが、同時にカリウムも不足します。

カリウムは細胞内側に多く含まれる、電解質と呼ばれる成分の一種です。カリウムが不足すると細胞内が脱水症状になり、熱中症の症状を重症化させるだけでなく、回復を遅らせる原因になります。

塩分はさまざまな食品に含まれているため、通常は過剰摂取になることはあっても不足することは滅多にありません。これに対し、カリウムは不足しがちであるため、夏場は特に積極的に摂ることが必要です。
.
◆栄養素不足の悪循環に陥る夏バテ

夏バテは、室内外の温度差による自律神経の乱れや睡眠不足、大量発汗や食欲不振による栄養素不足で起こります。代表的な症状は、全身のだるさと疲労感。暑さによって睡眠不足や食欲不振になると、さらにだるさや疲労感が増すという悪循環に陥ります。

熱中症と同様に脱水状態に影響するカリウムの不足のほか、長期的な不調が続くと、疲労回復に働くビタミンB1やビタミンCなどの栄養素も不足しやすくなります。さらに、食欲不振や消化不良によるエネルギー不足も起こります。
.
◆外界からの刺激による肌荒れ

夏場に特徴的な刺激は「気温」と「紫外線」です。肌は外気の温度変化に応じて表面温度が上昇します。このため気温の高い夏は毛穴が一定以上の大きさに開き、汗や皮脂によってベタつきが目立つのです。

紫外線の刺激を受けると、肌を紫外線によるダメージから守るためにメラニンを多量に生成するため、それがシミの原因となります。また、紫外線は肌の乾燥を招くため、目元や口元などの皮膚の薄い部分の小ジワの原因にもなります。

皮膚の細胞は、気温や紫外線からダメージを受けると早く回復しようとします。この結果、肌の再生に必要なタンパク質やビタミンA、B群、Cなどが多量に消費されます。これらの栄養素が不足状態になると、肌の再生が円滑に進まず、肌荒れにつながるのです。

◆熱中症・夏バテ・肌荒れ対策の共通栄養素

熱中症、夏バテ、肌荒れを防ぐために、夏場に特に不足しやすく、日々積極的に摂ってもらいたい栄養素が「カリウム」「ビタミンB1」「ビタミンC」の3つ。これらの栄養素を効率的に摂ることができるのは、実は「ポテトサラダ」なのです。まずは定番のレシピをご紹介しましょう。

【材料:2人分】
ジャガイモ2個、ニンジン5分の1本、キュウリ2分の1本、ゆで卵1個、酢大さじ1、マヨネーズ大さじ1、塩コショウ適宜

【作り方】
ジャガイモは皮をむいて茹で、好みの大きさにつぶす。キュウリを薄くスライスしておき、人参はイチョウ切りにしてさっと茹でておく。ジャガイモと他の具材、調味料を混ぜ、最期に塩コショウで味をととのえる。

なんと言っても優秀食材はジャガイモです。カリウム、ビタミンB1、ビタミンCを豊富に含むだけでなく、通常加熱に弱いビタミンCが主成分のでんぷんに守られているため、調理しても損失が少なく効率よく摂取できます。

さらに、酢に含まれるクエン酸は疲労回復や若返りのビタミンと呼ばれるパロチンの生成を活発にして、老化防止にも役立ちます。マヨネーズが気になる人は、半分をヨーグルトで代用してもいいでしょう。

多彩にアレンジできるのもポテトサラダの魅力です。タマネギやレタスを加えたり、ゆで卵の代わりにハムやスモークサーモンなどを使ってもいいですね。この夏はぜひ、自分流のポテトサラダで夏に起こる不調を予防しましょう!

<執筆>
●山本ともよ(やまもと・ともよ)
管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー。株式会社とらうべにおいて、企業で働く人の食と健康指導、糖尿病などの疾病を持つ人の食生活指導にあたっている

夏の風物詩!感涙級の低カロリー「ダイエット冷やし中華」がマジ旨

本格的に暑い季節がやってきて、冷たい食べ物がおいしい季節になってきました。冷たい食べ物と言えば、冷やし中華が好物という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、ダイエット中の方は、「どうしても麺のカロリーが気になる」と思ってしまうはず……。そこで今回は、ダイエットインストラクターの筆者が、ある食材を代用した、ヘルシーな冷やし中華のレシピをご紹介します。

■神食材!ところてんのすごさ

今回使う食材は、ところてんです。文部科学省の食品成分データベースによると、ところてんは、100gあたり2kcalと超ヘルシー食材。食品成分を見ると、約99%が水分とのこと。更に、水に溶ける性質を持つ、水溶性の食物繊維が多く含まれているところも見逃せない点です。

水溶性の食物繊維は、体内で水分を吸収し、ゲル状になり、胃の中にある食べ物を包み込みます。

そして、体内を流れ、体内をキレイにしてくれるという嬉しい効果も期待できます。食べてキレイになれる食材とは、まさに、ところてんのことと言っても過言ではありません。

■ところてんで激ウマ!冷やし中華

【材料】

・ところてん・・・1パック

・きゅうり・・・1/4本

・トマト・・・1/2個

・ハム・・・2枚

・卵・・・1個

・ところてんのたれ・・・1袋

・お酢・・・適量

・からし・・・適量

【作り方】

(1)ところてん1パックの水気を切り、お皿に盛ります。

(2)きゅうり、トマト、ハム、卵焼きなど、冷やし中華を作るとき同様にお好みの具をトッピングします。シャキシャキ感を足したいときは、きゅうりを多めに入れたり、かいわれ大根を足すのもおススメです。

また、具沢山にしたい場合は、水溶性食物繊維が豊富に含まれている、ワカメやオクラなどをさっと茹でて入れるのもおススメ。他には、カニカマやエビなどもよく合います。お好みでアレンジしてみてください。

(3)お好みのたれをかけたら完成です。「ところてんのたれでは、ちょっと物足りない」と感じたときは、ごま油やお酢、ゴマ、のりを足したり、ゴマだれでいただくのもコクが出ておいしいですよ。

麺のカロリーが気になる方は、代替食品として優秀な“ところてん”を活用して、夏ならではのダイエット食をおいしくいただきましょう。

カレーの「ルー」の位置、「右」派が全国的に多数!「左」が多い県は?

インド発祥のカレーは英国を経由して日本に伝わり、今や幅広い世代に愛されている国民食だ。最初は飲食店で食べるものだったが、カレールーやレトルトなどが登場して、家庭でも気軽に食べられるようになった。

高級レストランなどで注文すると、ご飯は皿、ルーはソースポットと別々の食器に盛られていることが多い。ところが日本ではたいていご飯とルーが1つの皿に盛られている。
気にする人はあんまりいないだろうが、ルーをどの方向に向けるかは意外と深い問題だ。

「単なる好みの問題じゃない?」とツッコミが入るのは承知の上で、Jタウンネット編集部では「カレー食べるとき、ルーはどっち側に向ける?」というテーマでアンケートを実施した。2015年1月23日から4月6日までの74日間で、1107人に投票いただいた。

6つの選択肢からどれか1つを選ぶというもので、全国で最も多かったのは「右」で45.0%、次いで多かったのが「左」の37.6%、「手前」の8.4%だった。この3つで全体の91.0%を占める。

都道府県別に見ると、日本海側で「右」、西日本の太平洋側で「左」の割合が若干高い。
ただし、投票傾向が極端な県、例えば「右」または「左」の一方の得票率が80%だった県は岩手・石川・鳥取・鹿児島・沖縄の4県しかなかった。
これらの県の得票数は2ケタに届かず、実態と乖離している可能性は否定できない。

ご当地カレーのパイオニアである「横須賀海軍カレー」で有名な神奈川や、カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)の本社がある愛知の2県は、「左」の得票数が最も高かったが、その得票率は40%に満たない。要するに分散傾向にある。

また、上の日本地図で斜線となっている福井は「左」と「手前」が50%ずつ、和歌山は「右」と「左」が42.9%ずつ、徳島も「右」と「左」が40%ずつ、国の家計調査でルーの購入量が高い佐賀は「右」と「手前」で50%ずつだった。

和食は右に汁物、左にご飯を配するのが決まり。これに準ずるならルーが「右」、ご飯が「左」となりそうだが、アンケート結果を見る限り関連性はあまりなさそうだ。

ところで、「混ぜる」は全体で2.2%の得票率しかないが、大阪は8.3%と他県よりも高め。そういえば難波には、ご飯とルー、生玉子をかき混ぜて食べる「自由軒」がある。その影響があると見られる。

日本の家庭にカレーが定着した背景には、食品メーカーの努力が大きい。ハウス食品の「即席ホームカレー」「ハウス印度カレー」「バーモンドカレー」や、ヱスビー食品の「カレー粉」、大塚食品の「ボンカレー」、エースコックの「カレーヌードル」、日清食品の「カップヌードル カレー」、グリコ「LEE」――。みんな大阪で育った会社が開発したものだ。

型にはまらない発想から偉大な商品が生まれたことを考えれば、ルーの向きは人それぞれでいいのかもしれない。
カレーチェーンで出す料理の向きは?
ルーの向きに話を戻そう。自分の家で食べる分にはどの角度でも構わないが、不特定多数の客が訪れるカレーチェーンは、どの向きで配膳しているのだろう。

筆者はココイチでオーダーしてみた。スタッフの運んだカレーのルーの向きは「手前だけどちょい左向き」。目の前の席に一度置いて、ほんのちょっと向きを直した。公式サイトのメニューページに掲載されている角度と寸分変わらない。これもマニュアルに定められているのだろうか。

左利きの筆者にとっては、ルーを先にすくうことになる。ささみカツもすくいやすく、自分の好みに合っていた。
ご飯を先にすくいたい人もいるだろうが、そもそも白い部分はあまり露出してない。

次に向かったのはゴーゴーカレー。ゴーゴーカレーの食器は楕円形になので、ルーの向きは右か左どちら一方に自然と定まるはずだ。

これで白黒はっきりするはず――と思っていたら、全体にかかっていた(笑)。左のキャベツをどければ白いご飯が顔を出すかもしれないと思い先にキャベツを食べたが、その下にもルーがまんべんなくかかっている。

これはこれで見事な回答だ。

最後に。レトルトカレーのパッケージに注目してみた。ほとんどは「手前だけどちょい左向き」または「手前だけどちょい右向き」で、同じメーカーでも商品によって向きが異なっている。ただし「銀座チーズカリー」(明治)などは「奥」である。ほかとあまりにも異なっているので、単にデザイン上の要請かもしれない。

ハイ出来た!だしパック活用「簡単なのにグッと本格派」汁物レシピ4選

和食といえば“だし”が決め手。でも、手間がかかるイメージがあり、家ではインスタントで済ませてしまうという人も多いのではないでしょうか。

こうした中、簡単にだしがとれる「だしパック」を利用する人が増えています。たとえば、食通の芸能人などが使っていることでも知られる『茅乃舎(かやのや)だし』。化学調味料・保存料無添加のパック形式で、水から入れて沸騰させ、1~2分で本格的な味わいのだしがとれます。

このだしパックの人気は広がり、ついにはレシピブックも登場。今回は、この『かんたんに極上の味わい 茅乃舎だしで毎日ごちそう』を上梓し、フードエディターとして10年近くもこのだしを使いこなしてきた八代恵美子さんに、だしを効かせて手軽にできる絶品お吸い物と味噌汁のレシピを教えていただきました。

忙しい朝や突然の来客にも対応できるレシピを早速ご紹介しましょう。

■1:梅昆布のお吸い物

マグカップに練り梅ととろろ昆布を適量入れて、アツアツのだしを注いで混ぜ合わせます。『茅乃舎だし』の場合は、1袋に対して、水400ml(約カップ2杯)を水から入れ、沸騰したら1~2分煮出してから袋を取り出します。(以下同様に)

■2:もずくのサンラータン風

マグカップに市販の味付けもずくを1/2パック汁ごと入れ、ラー油をお好みで入れます。すりごま、塩・胡椒を少々、アツアツのだしを注いて混ぜ合わせ、万能ネギを散らします。

■3:あおさの味噌汁

乾燥のあおさのりひとつまみをカップに入れて、味噌小さじ1、アツアツのだしを150cc注ぎます。

■4:ベーコンの味噌チャウダー風

鍋にオリーブオイルを引き、にんにくのスライス1かけ分、さいの目切りにしたにんじん、じゃがいも、ベーコン、玉ねぎを各適量入れて、だし、豆乳を2:1の割合で注ぎます。根菜類が柔らかくなるまで煮て、味噌、塩・こしょう少々でお好みに味付けします。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食。その第5の味覚である“うまみ”を体現しているのが日本伝統のだしです。絶品だしがあれば、時短であっという間に料亭のようなお料理が出来上がりますよ。

ああっ…それは食べちゃダメ!栄養士が「全力で避ける」体に悪い食品4つ

あなたは毎日どのような基準を持って、食品を購入して料理を作ったり、外食したりしていますか?

「家族の大好物だからいつもコレ」「特売で安かったから今日は●●にする」という方は多いと思います。でも、食品に入っている成分や材料、製造過程まで厳密に調べている方は、少ないのではないでしょうか?

しかし、食と栄養のプロは、食品を選ぶときに別の基準を持っているようです。そこで今回は、海外の女性誌『Glamour』ウェブ版などの記事を参考に、栄養士が「体によくないから」と避ける食品をご紹介しましょう。

■1:“低カロリー”食品
ダイエットをしている人が多いためか、市場にはヨーグルトや清涼飲料水、アイスクリームなど、さまざまな“低カロリー”を謳った商品が出回っています。

しかし栄養士に言わせると、「ひと口食べただけで人工甘味料とわかる甘みで、後味もよくない」とのこと。手を加えられたカロリー控えめ食品よりも、カロリーが多少高くてもより自然に近い食品を食べたほうがいいそうです!

■2:冷凍食品
「あ~、今日はごはん作るの面倒だな……」という時便利なのが、チンするだけで食べられる冷凍食品。

しかし、「冷凍食品には塩分、糖分、脂肪分が高く、さまざまな保存料などが入っています」とは栄養士の弁。これではお腹が膨れても、食べた後にいい気分にはなれそうもありません。

やはり、食事はできたて新鮮なものに限るのです!

■3:パッケージ入りのチーズ
スーパーで購入する便利なパッケージ入りチーズ。でも、一体いつどんな材料を使って作られたのやら……!?

「加工されているからいかにも人工的な味で、保存料もいっぱいだから食べない」と栄養士は証言。多少値は張っても、チーズを作る牧場などから直接買うのはいいアイデアですね。

■4:市販のサラダドレッシング
「健康のために……」とさまざまな野菜を入れて作ったサラダ。でもそこに市販のドレッシングをドバドバ……なんてかけていませんか?

最近ではオーガニック製品も出ていますが、一般のサラダドレッシングのラベルを見ると、なんだかよくわからない材料がたくさん入っています。中には糖分・脂肪分が高いものや、不健康なオイル、人工甘味料、着色料などが入ったものも!

ドレッシングはオリーブオイルやバルサミコ酢などからも簡単に作れます。自作したほうが健康にも経済的にもいいですね!

以上、栄養士が避けている食品をご紹介しましたが、いかがでしたか?
健康と美容に大事なのは、加工された食品は避け、なるべく自然に近い食品を食べること。次回食品を購入する際は、カゴに入れる前にラベルをよく読んでみてくださいね!

余ったビールの意外な活用法8選

ビールが美味い季節。つい調子にのって缶ビールを開けすぎてしまい、飲みきれない…なんてこともあるのでは? 

でも、捨てるのはもったいない! そこで、ビアジャーナリスト協会のビアライター・富江弘幸さんに、余ってしまったビールの活用法を教えてもらった。

●活用法1 漬物を作る
ビール60mlに対し砂糖大さじ2、塩大さじ1を混ぜあわせ、ビニール袋などに入れて冷蔵庫で半日から1日野菜を漬け込む(数日漬けておいても大丈夫)。使う野菜はキュウリ、ダイコン、ナスなどがオススメ。

●活用法2 肉を柔らかくする
肉を炒める前に、薄切り肉なら1時間程度、塊肉の場合はジップロックなどに入れて冷蔵庫で一晩ビールに漬けておくと、アルコールと炭酸の作用で肉の繊維がほぐれ、柔らかくなる。牛、豚、鶏など肉に種類は問わないが、漬けすぎるとビールの味が染み込みすぎるので注意。

●活用法3 カレーに入れる
黒ビールならビーフカレーに使うと相性良し。肉と野菜を炒めたら、余ったビールと水で柔らかくなるまで煮込む。後は普通に作るだけで、黒ビールの持つ香ばしい風味がアクセントになったおいしいカレーの出来上がり。ビールの量が多すぎると苦みが強くなりすぎてバランスが悪くなるので、水4に対してビール1くらいを目安に。

ビールを活用した料理で、またまたビールが進んでしまう…なんてこともありそう。また、ビールの飲み方の“変化球”としておなじみのビアカクテルでは、夏らしくてちょっぴりノスタルジックな気分になれそうなこんなレシピも。

●活用法4 ビールのカルピスウォーター割り
ビール10に対してカルピスウォーター3くらいで割る。ほのかな甘みの後に現れるビールの苦みが絶妙。カルピスの原液を使うと甘さの調整が難しいので、カルピスウォーターを使おう。

このほか、海外サイトでは、食べる以外のビールの使い道も紹介されている。

●活用法5 髪を洗う
通常のシャンプー後にビールを馴染ませ洗い流す。ピールに含まれるタンパク質とビタミンBで、髪がツヤを増すそう。

●活用法6 足湯に使う
お湯とボトル半分程度(約165ml)のビールを洗面器に入れて足湯に。ビールの中のイーストが、足の裏の硬くなった皮膚を柔らかくしてくれる。

●活用法7 木製の家具を磨く
気の抜けたビールを柔らかい布に染み込ませて木製の家具を拭くと、ツヤを取り戻す。素材によっては染みになる可能性があるので、あらかじめ目立たないところで確かめてからトライして。

●活用法8 観葉植物に与える
気の抜けたビールを観葉植物に与えると、肥料のような役割をしてくれる。

口にする以外にも、掃除や美容など様々なシーンで活躍するビール。この夏はますます手放せなくなりそう!
(有栖川匠)

※当記事は2015年07月29日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

夏バテに劇的効果あり!手軽に買える「スーパードリンク

7月も後半となり、そろそろ「暑くて食欲がない」「疲れが抜けない」なんていう夏バテの症状に悩まされる人が、増え始めるのではないでしょうか。

夏は楽しいイベントが盛り沢山なのですが、ただはしゃいで過ごせるというわけではありません。やらなくてはいけない仕事や課題だってありますよね? そんな時、夏バテによる体調不良が続くと「8月、9月はどうなってしまうんだろう……」と、不安になりませんか?

そこで今回は、スーパーやコンビニでも買える夏バテに効く”スーパードリンク”を3つご紹介したいと思います。

■1:塩ヨーグルトドリンク

ヨーグルトはタンパク質やビタミン、カルシウムなどのミネラルや、その他にも多くの栄養素をバランスよく含んでいます。さらに、ヨーグルトに塩を加えることで乳酸菌の働きが活発になるため、整腸作用が得られ、食欲が増進して夏バテ防止につながります。

また、カルシウムを摂取することで、肌の細胞と細胞をつなぐことができ、冷房による乾燥でキメが乱れた肌を修復してくれるのも嬉しいですよね。

日本では、ヨーグルトに塩を混ぜることに対して馴染みがないかもしれませんが、トルコやギリシャでは調味料として日常的に使われているんですよ。食欲がない日の朝食にもピッタリな塩ヨーグルトドリンクの作り方は超簡単。

・プレーンヨーグルト 100g

・水 100ml

・塩 小さじ2分の1

これらの材料を混ぜて、お好みでレモン汁や蜂蜜を加えるだけ! さっそく試してみてください。

■2:甘酒

みなさん、甘酒はお正月の飲み物だと思っていませんか? 実はこの甘酒、江戸時代から夏バテ防止の栄養ドリンクとして飲まれてきているんです。

その理由はアミノ酸の含有量が高く、ブドウ糖が20%以上含まれていることから、病院の点滴のブドウ糖溶液やビタミン溶液、アミノ酸溶液と同様の効果が得られるから。森永製菓も「夏バテからの回復が甘酒を摂取することでより促進される」との実験結果を発表しています。

夏にホットドリンクを飲むのが苦手という人は、冷やし甘酒を飲んでみては? 米を麹菌で発酵させる過程で生まれるビタミンB1、B2、B6の働きで、美肌作りもサポートしてくれますよ。

■3:ルイボスティー

南アフリカに生育する樹木の葉を発酵、乾燥させて作ったルイボスティーは、不老長寿の飲み物として飲み継がれ、現在は世界各国で健康、美容茶として愛されています。

ルイボスティーはナトリウムのバランスが優れているので、汗で失う体内塩分の補給につながることから、夏バテ、熱中症にも効果的! それだけではなく、SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)酵素が美容の大敵活性酸素を除去するので、シミ、ソバカスを改善してくれます。

加えて、美肌作りに効果があるフラボノイドの一種”ケルセチン”には、脂肪燃焼を促進したり、腸内環境を整える働きがあるので、ダイエット中の人でも安心して飲めちゃいます。ノンカフェインなので、妊婦さんやお子さんにもおススメですよ。

すでに夏バテ気味という人も、まだ元気いっぱいという人も、美しく楽しく夏を過ごすために、上記のスーパードリンクを飲んでみてはいかがでしょうか?

なぜか売り上げNo.1! 長野県民がかっぱ寿司の「サラダ軍艦」大好きな理由とは?

回転寿司で人気のネタ、と聞いて思い浮かぶのは何だろうか。回転ずしチェーン「かっぱ寿司」の2014年の全国売上は、1位が「まぐろ」、2位が「とろサーモン」、3位が「はまち」だったそうだ。

しかし、長野県内の「かっぱ寿司」では、全ての寿司ネタの中で、なぜか「サラダ軍艦」の売上がダントツで1位なのだという。

ボイルしたイカゲソとカニカマを、マヨネーズで和えた「サラダ軍艦」。その売上は、東京都内では38位、大阪府内では67位。全国的に見れば「脇役」ともいえそうなこの寿司ネタが、長野県民の間では「スター級」の扱いを受けているという。いったい、なぜなのだろうか。

その理由が、2015年7月27日放送の「世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?」(TBS系)で明らかになった。
「サラダ軍艦」が長野県民に愛される理由とは?

長野県民を対象に番組が実施したアンケートによると、115人のうち65人が好きな寿司ネタに「サラダ」を挙げたという。

番組では、長野県内のかっぱ寿司で食事をしているお客の「サラダ軍艦」愛を直撃取材する場面も放送。番組スタッフが「『かっぱ寿司』といえばなんでしょう?」と質問すると、どのお客も「サラダです」「やっぱりサラダでしょ」などと答えていた。なかには、「サラダ軍艦」だけを注文してテイクアウトするお客も。

また、長野県内の店舗では、お祭りや年末などの繁忙期には「サラダ軍艦」だけを詰めたお持ち帰りセットを販売するそうだ。一部の店舗では1日に100セット近くも売れるそうで、いくら作っても追いつかない状況のときもあるらしい。

しかし、いったいなぜ長野県民はここまで「サラダ軍艦」を愛するのだろうか。番組では、県民性と歴史、2つの側面からその理由を導き出していた。

「海なし県」である長野県は、70年代に至るまで流通経路の整備が不十分で、新鮮な生魚が手に入り辛い状況だった。そのため、長野県民は「あまり生魚を食べる習慣がない」のだという。

総務省家計調査のデータを見ても、長野県はアジやなど魚の消費量が全体的に少ないのだという。番組では、そういった県民性が人気の1つだと分析している。

調べてみると、かっぱ寿司の1号店は長野県にオープンしたそうだ。さらに84年に「サラダ軍艦」がデビューした際に、「かっぱ寿司」は大々的にキャンペーンを打ったという。こうした歴史も影響しているのかもしれない。

もう1つの理由:長野県民は、とにかく「サラダ」という名前が好き?

もう1つ大きな要因は、長野県民の健康志向だ。今や「日本一長寿の県」として知られる長野県だが、1958年と65年に脳卒中死亡率が全国1位だったという。その理由の1つに、野沢菜などの塩辛い漬物や、豊富な塩分を含んだ信州みそに代表される「塩分が多く、野菜の少ない」食生活があったそうだ。

そういった状況を打開するため、80年代から県をあげての「減塩運動」が行われた。減塩とともに「野菜の摂取」を県民へ推奨するこの運動の影響もあり、長野県民の間に「野菜を積極的に食べる」習慣がついたという。現在では、男女ともに野菜摂取量は全国1位となっている。

そういった理由から、番組では「長野県民はとにかくサラダが好き」と紹介。県内に「サラダ街道」「サラダ薬局」「サラダホウレンソウ」など、「サラダ」と名のつくものが多数実在することも含め、「サラダ」の持つヘルシーな響きが長野県民からの人気を後押しした、と分析している。

たった3日試すだけで変わる!今更聞けない「ローフード」の基本

『美しい食べものが 美しい人をつくる ~ローフードで体の中からキレイになる~』(高野志保著、あさ出版)は、いま女性を中心に話題を呼んでいる「ローフード」の効能をわかりやすく解説した書籍。

著者は一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事であり、つまりはローフードの第一人者です。

でも、ローフードってどんなものなのでしょうか? 聞くに聞けないという方もいらっしゃるでしょうから、まずは基本をチェックしてみましょう。

■ローフード=「生の食べもの」

ローフードの「ロー」は「raw(生の)」ですから、ローフード(raw food)とは、「生の食べもの」という意味。

たとえば生野菜サラダをメインディッシュのように大皿で食べたり、デザートとして捉えがちなくだものも、食事の一品としていただく。

そんな、「生の食べものをベースとした、健康的な食習慣」のことを指すわけです。

そして、その「生」の部分にこそ、健康の秘密が隠されているのだといいます。

■体の仕組みはとてもシンプル

当たり前ですが、いきいきとしたものを食べれば、それはそのまま「いきいきしたエネルギー」に変わります。

もちろん、フレッシュな野菜やくだものは「いきいきした状態」そのもの。

逆に熱を加えると、素材からどんどん元気が失われてしまう。

だから、いきいきしたエネルギーがほしいのであれば、生でそのまま食べればいいという考え方なのです。

■すぐ食習慣を変える必要なし

ローフードの魅力のひとつは、低カロリーで高栄養だということ。だから好きなだけ食べてもカロリー過多にはならず、それでいて必要な栄養素をたくさんとることが可能。

さらには、長く続けることによって、エネルギーがしっかり使える体に変わっていくのだそうです。

ただ、だからといって、いきなり食生活のすべてを「なにがなんでもローフードだけ!」と変える必要はないそうです。

なぜなら私たちは、いままで食べてきたものに慣れてしまっているから。

いままで加熱調理したものばかりを食べていた人が、いきなりローフード100%の食事に切り替えたとしたら、体がびっくりしても当然。

ローフードに抵抗がある人は、少しずつ生野菜サラダを食べる量を増やしていくところから始めればOK。加熱食を禁止しなくてもいいそうです。

無理やり義務にしてしまうのではなく、健康食を楽しみ、体調の変化を感じながら続けるのがよいということです。

■たった3日で味覚は変わる!

穀物を主食にしないローフードは、「全部が主食」で、「全部がおかず」の主菜食。

ですから必然的に調味料を使う量が減り、わざわざ「薄味にしよう」とがんばらなくても自然と薄味になっていくといいます。

すると、ますます野菜やくだものの味が感じられる舌になっていくとか。素材そのものを楽しめるので、調味料を減らすほど「おいしい!」と感じるように。

濃い味つけのものばかりを食べていると、味覚が麻痺して鈍感になっていくもの。でも繊細なものを食べるようにすれば、人間が本来持っている繊細な味覚がだんだん戻ってくるというわけです。

だから著者は、ぜひ3日間でいいのでローフードを試してみてくださいと提案しています。

たったそれだけで、変化を実感できるそうですよ。

巻末のChapter 7には、5分でつくれるローフードのレシピも掲載されているので、利用価値は抜群。ローフードを取り入れた生活の実現のために、きっと役立ってくれる一冊です。

危険!電子レンジで絶対にチンしちゃいけない食べ物5つ

電子レンジといえば、冷めた料理を温めるだけでなく、ちょっとした時短調理にも使えるキッチンの必需品。

ところが、“電子レンジ=万能”というイメージが先行しすぎたのか、先日、iPhoneを電子レンジで充電できるというデマがネット上で広まり、iPhoneを台無しにする人が続出するという騒動が勃発しました。

そもそも、iPhone充電のような電子レンジ本来の役割とは異なる使い方をすると問題が発生するのはもちろんですが、実は食品加熱を行う場合でも、電子レンジで危険な事故が起こりうるのをご存知でしょうか?

そこで当記事では、株式会社河合電器製作所の監修のもと、電子レンジで加熱すると危険な食品5個を紹介したいと思います。

■1:卵

卵を電子レンジで加熱すると破裂します。生卵でもゆで卵でも危険です。

加熱中に電子レンジ内で破裂し、庫内が大惨事に見舞われることもあれば、殻をむいて一口食べようとした瞬間に破裂して、唇や口の中にやけどを負うことも。

ネット上では、破裂させずに電子レンジでゆで卵を作る方法も紹介されています。とはいえ、ゆで卵は普通に鍋で作る分にも、さほど手間はかからないので、わざわざ電子レンジに頼る必要はないかもしれません。

また、おでんの美味しい季節ではありますが、たとえばコンビニで買ったおでんを自宅の電子レンジで温めなおしたい場合、具材にたまごがないかどうかくれぐれも注意しましょう。

■2:たらこやソーセージなど皮や膜に覆われたもの

たらこやソーセージなど、皮や膜に覆われたものは、卵と同様に内部が膨張して破裂するリスクがあります。

加熱時間に注意するほか、皮や膜に切れ目を入れたり、穴をあけたりすることで破裂を防ぎましょう。

■3:大きな肉の塊

大きな肉の塊も、電子レンジで温めると加熱ムラが生じて破裂することがあります。

肉が分厚いと、電子レンジの電磁波は肉の奥まで届きません。その結果、肉の表面だけが早く加熱されて硬くなり、内部の水蒸気の逃げ場がなくなってしまうのです。

ネット上でのQ&Aサイトなどでも、豚の角煮や鳥のもも肉が破裂したといった報告があります。要注意です。

■4:ドリンクやスープといった液体

以前、「“ボコッ”音は危険!あの超便利な家電で大やけども…」という記事でもお伝えしましたが、液体を電子レンジで加熱すると、思わぬタイミングで吹きこぼれる“突沸現象”が起こることがあります。

たとえば、筆者の場合、電子レンジで加熱したばかりのカフェオレに砂糖を投入した瞬間、マグカップの中身がブワーッとマグマのように噴出し、テーブルクロスを台無しにしてしまいました。

電子レンジでドリンクやスープを温めたいのなら、“加熱しすぎない・加熱終了後にしばらく置く”といった方法で、突沸を防止するようにしましょう。

■5:焼き芋

さつまいもは水分が少ないので、電子レンジで長時間加熱すると焦げやすいです。消し炭のような焼き芋ができるだけなら、「もったいない」で済む話ですが、焦げの部分が発火して、火事につながるケースも……。

さつまいものほか、あんまんなども水分が少なくて焦げやすいので、長時間加熱は控えるべし。また、ちょっとでも焦げくさいと感じたら、すぐに加熱をストップしましょう。

以上、電子レンジで加熱して

は危険な食品5個をお届けしましたがいかがでしたか? ガスを使わずに気軽に食品を温めることができるのは電子レンジの魅力ですが、なんでも放り込めばいいわけではないので要注意!

また、ここに挙げた食品以外でも、加熱時間は控えめに設定するのが安全。少し加熱して、あたたまりかたが不十分であれば、また短時間加熱して……というのがいいでしょう。

【夏のドリンク】爽やか「フルーツビール」 を作りたい! ビールにいろんなフルーツを漬けてみたよ!

ビアガーデンに海の家、バーベキューに花火大会など、夏はビール好きにはたまらない季節です。休日には昼間からゴクゴクしちゃいたい気分! でも女子のなかには「ビールの苦みがちょっと……。」「ジュース感覚で飲めるサワーやカクテルの方が好き」という方も、いらっしゃることでしょう。

ビールと果物を混ぜたら、ビール派もカクテル派も満足できそうな「なんちゃってフルーツビール」ができちゃうんじゃないの!?

思い立ったが吉日、果実感たっぷりのフルーツビールが自宅でも作れるのか、実験してみることにしました。

【ハイネケンとヒューガルテンホワイトを使って、いざ実験! 】
調べてみると、市販の「フルーツビール」はアルコール度数5%以下のものが多い模様。度数が低い方が、サラッと仕上がるのかもしれません。

そこで、アルコール度数5%の「ハイネケン」と、4.9%の小麦のビール(国内では発泡酒扱いですが)「ヒューガルデン ホワイト」を購入してみました。

ちなみに「ヒューガルデン ホワイト」の本場ヨーロッパでは、ヒューガルデンをベースにしたフルーツビールがたくさん出回っています。そもそもヒューガルデンはオレンジピールが配合されたビールだし、ヨーロッパではレモンを入れて飲むし、きっとフルーツによく合うはず……!

用意したのは、ハイネケン、ヒューガルデン ホワイト、今が旬の桃、オレンジ、レモン、そしてミント。

まずはフルーツをカットします。

グラスに果物を入れて、ビールを注ぎ入れれば完成……のはず。

ハイネケンで作ったほうから味見してみましょう。

おぉ! これは、そのまま飲むよりもずっとフルーティーな仕上がり!! 柑橘系果物の甘さがビールの苦みを中和している感じです。ミントの香りも調和して、かなり爽やか。

それでは続いて、ヒューガルデンに参りましょう。

あ……あれれ? もともとヒューガルデン自体がフルーティーなせいでしょうか、フルーツの良さがそれほど分からないかも。これはちょっと意外な展開です。

ビールを注いでしまったら、なるべくすぐに飲むのがおすすめですが、10分ぐらい経ってから飲むと、どちらもフルーツの味と香りが引き立つ感じがしました。本気でビールが苦手な方は、オレンジを絞って加えると飲みやすくなりますよ。

フルーツが入ると、ビールも一気に女子の飲み物っぽくなります。ビール好きな方はもちろん、苦手な方でもきっと楽しんでいただけるはず!

【激うまワザ】ワンパターンになりがちな「冷やし中華」を「ピーナッツバター」でアレンジ! コクと深みで箸が止まらないよ!!

夏の定番メニューといったら、やっぱり冷やし中華! 暑くて食欲がわかなくても、手軽に作れてツルツルっと食べられちゃうのがいいのよね~。とはいえ、具材やタレに変化がつけにくくって、ワンパターンになりがちという一面も。

そこで今回は、冷蔵庫の片隅に残りがちなピーナッツバターを使ってアレンジを加えた、進化系の冷やし中華をご紹介しますね♪

【実は料理に使える! ピーナッツバター】
ここで、「えー、ピーナッツバターってパンに塗るものでしょ」と思ったアナタ。うんうん、確かに、あの甘いペーストを料理に使うなんて、ちょっと躊躇しちゃうわよね。

でも以前当サイトでもレポしたとおり、ピーナッツバターを使ってほうれん草の和え物を作ってみたときの意外なおいしさには、目を見張るものがあったのです。

そこで、ピーナッツバターを使ったレシピを他にも探してみたところ「レタスクラブネット」の “カリフォルニア冷やし中華” を発見。

こちらを参考に、実際に作ってみましたーー!

【材料を混ぜるだけだから超カンタン】
まず、タレを作るために用意したのは、甘さ控えめのピーナッツバターに、白練りごま、みそ、ごま油、砂糖、しょうゆ、酢、鶏ガラスープの素に、ぬるま湯と塩コショウ。これらをぜーんぶ混ぜるだけでオッケーです。

ただ、混ぜ方にご注意! なーんにも考えないで雑に混ぜたところ、ピーナッツバターが分離して、いかにもマズそうな見た目に……。再度、ピーナッツバターと白練りごま、みそをよく混ぜてから、その上で他の調味料を少しずつ入れて混ぜたところ大丈夫でした♪

あとは通常通り。麺をゆでて、カットした具材を乗せればもう完成! 冷やしておいたタレをかけて食します。

いざ食べてみると、ゴマダレにピーナッツの風味が加わることで味に深みとキレが増し、酸味も相まって、めっちゃ箸がすすむ味!! しかも、ナッツの粒の食感がアクセントになってるしーー!

【他の料理の味付けにも使えそう】
今回はアボカドと茹でたエビを具にしましたが、ハムやきゅうりなどでも全然イケそう。ちなみに、このタレが少し余ったので、ゆでた鳥ささみときゅうりのサラダにかけてみたところ、辛くないバンバンジーぽくって激ウマっ! 基本、ゴマダレが合う料理になら、なんでも相性が良さそうですーー!

そんなこんなで、またもピーナッツバターのポテンシャルの高さに驚かされた次第。ピーナッツバターを使った冷やし中華の詳しいレシピは、レタスクラブネットの「カリフォルニア冷やし中華」をご覧ください。みなさんも、いつもの冷やし中華に飽きたらぜひ作ってみてくださいねっ☆

女性の悩み「パンパン」を解消するのはあの野菜

●冷えやすい時期こそむくみ対策を

カブには、むくみを解消する効果が期待できます。というのも、カブには体内の余分なナトリウムを排出させるカリウムがたっぷり含まれているのです。今の季節は冷えて巡りが滞り、むくみやすい季節ですよね。「

夕方になるとブーツが脱ぎにくい」なんてことになる前に、カリウムが豊富な食材で予防をしておきたいところです。

●美肌に欠かせない成分も豊富

それだけでなく、カブには-カロテンやビタミンCが豊富に含まれています。

-カロテンは体内でビタミンAに変化する成分で、粘膜や皮膚を強くしてくれるもの。ビタミンAは新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促してくれるので、古い角質がはがれやすくなります。古い角質が肌にとどまるとカサカサしたり、化粧ノリが悪くなったりします。

ターンオーバーが正常化して、みずみずしく新しい肌が表面に出てくることで、若々しい状態がキープできるというわけです。

また、ビタミンCはコラーゲン生成を促す美肌成分。肌の酸化を促進させる活性酸素の除去も強力にサポートしてくれるので、若々しい肌を保つためには欠かせない成分です。

●カレーの辛さとカブの甘みが絶妙

煮物にしたり、スープに入れたり、お漬け物にしたりと、アレンジしやすいカブ。そのなかでも変わりダネで、しかもおいしくてオススメなのはカレーです。作り方はとっても簡単で、通常のカレーにカブを入れるだけ。鶏肉か豚肉とタマネギをお好みで入れるといいでしょう。

通常のカレーだけでなく、ドライカレーにしても絶品!こちらも通常のドライカレーの要領で作るだけ。どちらもカレーの辛さにカブの甘みが加わってコクが出るのに、くどさはなくパクパク食べられますよ。
最新記事

◆今月のおすすめドメイン 上場企業97%の登録実績をあなたのサイトにも。年間920円(税抜)

FC2Ad