人生の ホールインワン 国際ニュース
FC2ブログ

鍋料理の中に鼠の死骸 妊婦の客に店側は「心配なら中絶すればいい」(中国)

1998年に北京に1号店がオープンして以来、中国国内に759店舗を展開する「呷哺呷哺(しゃぶしゃぶ)」は、気軽に入れる火鍋レストランとしてカップルだけでなく一人旅の観光客などにも人気だ。その中の1店舗で鍋の中からネズミの死骸が見つかり、大騒動になっている。

今月6日、山東省イ坊市にある呷哺呷哺で食事をしていた夫婦の鍋から、死んだネズミが見つかった。死骸は箸でつかめるほどの大きさだったが、夫婦は鍋に具を入れてすでに食事を始めており、店のスタッフに不満をぶちまけた。

夫のMa氏は妻が妊娠していることを店のスタッフに伝えると、店側は夫婦に5,000元(約81,000円)を支払うことを申し出た。これに対しMa氏は、「病院を訪ねて赤ちゃんに問題がないことを確認し、全ての支払いが済んでから金額の交渉を行いたい」と訴え、この申し出を断った。

さらにMa氏は、店のマネージャーから「そんなにお腹の赤ちゃんが気になるなら、20,000元(約32万円)を渡すから中絶すればいい」とも言われ、なんとも後味の悪い思いで店をあとにした。

夫婦はその後、呷哺呷哺の火鍋から小さなネズミを箸でつまみ出す様子をSNSに投稿したが、これをユーザーが放っておくわけがなかった。中国最大のSNS『Weibo(ウェイボー)』は大炎上し、ユーザーからは「お気に入りのレストランだったのに、もう2度と行かないわ」「清潔にしている印象があったけど、がっかりよ」「もう食べてしまったわけしょう。ゾッとするわ」「お金を払えばいいって問題じゃないでしょう」「もし赤ちゃんに何かあったら、どうするつもりなの。人の命がたったの20,000元ってこと?」「従業員の教育はどうなっているの?」と怒りや失望の声があがった。

なお、夫婦の苦情やネットでの炎上を受け、奎文区・市場監督局は事件直後に店の立ち入り調査を行ったが、新たにネズミが発見されることはなかったようだ。しかし、店は水回りや野菜などの衛生管理に不備があるとしてしばらくの間、営業停止を命じられている。またこれを受けて11日には呷哺呷哺の株価が一時12%も下降、時価総額は1億9千万ドル(約213億円)も減少した。株価はその後やや持ち直してはいるものの、一度失った信用を取り戻すのはそう簡単ではないだろう。

This pregnant woman in #China found a dead rat in her hotpot soup pic.twitter.com/n6Z8hmgebL— SCMP News (@SCMPNews) 2018年9月10日

3度目の南北会談…韓国大統領“大随行団”と訪朝のワケは

今年3度目の南北首脳会談のため、韓国の文在寅大統領が、18日から20日まで北朝鮮を訪問。平壌入りしたのは大統領だけじゃない。随行員は総勢66人。外交、国防、経済、文化、国土など7省庁の長官をはじめ、青瓦台幹部、政党代表、ソウル市長、北朝鮮と隣接する平昌五輪の開催地の江原道の知事。経済団体からは、現代、SK、LG、三星グループの総帥や韓国鉄道公社社長、開城工業団地企業組合会長、浦項製鉄所会長、韓国観光公社社長など、錚々たるメンバーだ。

 大随行団を引き連れて訪朝する狙いは何か。韓国「ブレークニュース」の編集主幹・文日錫氏はこう言う。

「随行メンバーはある意味、オール韓国の布陣です。南北交流や南北統一を念頭において、経済協力、政治協力、交通交流をしようという意図がうかがわれます。文大統領など政府関係者は金正恩委員長と会談、その他は各部署と交通インフラの研究や経済協力を話し合う。大統領夫人は子供用施設などを見学することになっています。文大統領の平壌訪問の目的は、米朝間の非核化交渉を進める仲介の労をとること。非核化交渉が進めば、北朝鮮は莫大な経済的恩恵を受けられる。すでにその支援体制も整っている。そうしたことを北朝鮮国民と金委員長に見せるためにドリームチームを組んだのです。若者に人気の歌手やサッカーの元代表監督、中学生の子供記者も特別随行員に入っています」

 華やかな経済発展の未来像に、金正恩が飛びつくことになるのか。

 (取材協力=ジャーナリスト・太刀川正樹) 

P・マッカートニー 新譜でトランプ批判「船長は狂ってる」

元ビートルズのポール・マッカートニー(76)が今月7日に発売した新譜「エジプト・ステーション」が、16日発表の米チャート「ビルボード200」で初登場1位を記録した。

 収録曲の中で注目を集めているのが「ディスパイト・リピーティッド・ウォーニングス(繰り返しの警告にもかかわらず)」。トランプ米大統領を「狂った船長」に例え、批判した曲だ。

 ピアノの弾き語りで始まるドラマチックな構成のバラードで、歌詞は「繰り返し警告されたのに、船長は耳を貸そうとしない」「船長は狂っている」「何とかしないと、俺たちは道連れにされてしまう」などトランプへの辛辣な批判と危機感にあふれた内容だ。11月の米中間選挙を前にトランプ共和党への痛烈な打撃になりそうだ。
最新記事

カフェ、サロン、保育園、ビジネス、 ヨガ・整体マッサージ、レストランなど様々な業種の方がグーペを使ってホームページを作成!プロにお願いする必要なし

Designed by FC2ブログSEOテンプレート最適化. Powered by FC2ブログ

FC2Ad