幸せ呼ぶ猫神の呟き ■pariが選んだ話題
                 


日本維新の会から出馬している長谷川豊がまたも炎上で「透析患者は殺せ」批判に法的処置をちらつかせる! 差別、自己責任...これが維新の正体だ!

長谷川豊が、また炎上している。発端は、千葉県警本部に掲示された文書。道路交通法の行政処分における意見聴取実施の公示で、その名簿に長谷川豊の名前があったとTwitter上で指摘を受けたことだ。しかも、掲示文書に記載されている住所は立候補の際に届け出ていた住所と一致している。

 意見の聴取は「免許を取り消し、又は免許の効力を九十日以上停止しようとするとき」に公開で行われるものだが、長谷川は選挙の候補者ということもあって大きな話題に。だが、これに対して長谷川は〈事実無根のtweet〉と反論。しかも、こんなことまで言い出したのだ。

〈Twitter上においていたずらに私に対する虚偽事項を流布している方々がいます。
大変残念な事態ですが、明確に公職選挙法235条違反と言わざるを得ない行為が散見されます。
残念ですがこれらの行為に対して我慢するには限界があります。
法的措置を取らざるを得ないことご了承ください。〉
〈私に対するいたずら目的のツイッターは可能な限り我慢してきたつもりです。しかし、選挙は本当にみんなが真剣に訴え真剣に戦っています。私は過去のブログも「炎上目的とはいえ大変稚拙で申し訳なかった」と十回以上謝罪してきました。今でも「そのように主張している」と流布する行為はおかしい!〉

 ご存じの通り、長谷川は昨年9月に自身のブログに「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」というタイトルで文章を投稿。〈8~9割ほどの患者さんの場合「自業自得」の食生活と生活習慣が原因〉〈透析患者には一人年間500万円かかります。日本人の平均年収以上ですね。必死に払ってる保険料、そうやって食いつぶされ続けているのです〉と主張し、人工透析患者にかんするデマを書き連ねて罵倒、さらには健康保険制度を〈日本の病魔〉と斬って捨てた。

 しかも、この暴論に批判が殺到しても、長谷川は〈自堕落な生活で人工透析患者になったハナクソ同然のバカ患者〉などと強調。非難の声がどんどんと強まり、結果としてテレビのレギュラー番組からすべて降板するという結末にいたった。

 人工透析患者に対する誤解や偏見を拡散しただけではなく、"自業自得なのに特権にありつく金食い虫"という憎悪感情さえも煽った長谷川の下劣な態度には反吐が出るが、この騒動を長谷川は「炎上目的」だとした上で、「十回以上謝罪している」ことから、それに言及するツイートに対して「法的処置をとる」と恫喝しはじめたのだ。

 まったくどの口が、と言いたい。たとえば、出馬発表後の今年3月におこなわれた格闘家の青木真也氏とのトークショーで、青木氏が"試合の内容で炎上することがある"という趣旨のことを語ると、長谷川はこんな返答をしている。

「透析病棟患者アターック!とかやる感じですか?(会場笑)長谷川こういうこと言ったって書くの、やめてください」

●「60歳以上は選挙権剥奪」「死刑執行を小学生に見せろ」「女はハエ」...長谷川の暴言録

 何の反省もない、いや、むしろ人工透析問題を長谷川は「持ちネタ」にしてしまっているのである。「十回以上謝罪」していても、長谷川はこうやって透析患者を愚弄しつづけてきたのだ。

 しかも、長谷川の差別発言・暴言は枚挙に暇がない。

〈生まれてから18歳まで選挙権ないので、死ぬまでの18年間、つまり60歳以上って、選挙権はく奪でいいんじゃないか?
 というのは暴論でも何でもなく、むしろ合理的とも言えるのです。80過ぎたジイさんとバアさんが、落ち着いた、冷静な、的確な未来に向けての判断なんて出来ますかね? んな判断力、あるでしょうか?〉(2015年7月23日「教えて!gooウォッチ」コラム)
〈私は死刑にするなら、もっと残酷に殺すべきだと考えます〉〈出来ればネットで生中継した方がいいとすら考えています。小学校時代からその死刑執行シーンはみんなに見せた方がいい。ふざけたことをやれば、どんなに苦しむのか、よく見せた方がいい〉(2016年7月27日 同上コラム)
〈8割がたの女ってのは、私はほとんど「ハエ」と変わらんと思っています〉(2015年9月14日のブログ)
〈(待機児童問題は)「子供をさっさと預けて働きに出たいママ」が待機してるんです。『待機ママ』問題なんです。ホントは〉(2016年3月22日のブログ)
〈育休とったら出世できない? 育休とったら社会に戻れない? 言い訳すんな。バカ。そうやって社会のせい 子供のせい 行政のせい 国のせい 政治家が悪い 男性が悪い 会社が悪い 一生言ってろ!バカ女!!!悪いのはお前らの頭の中と仕事の能力だ!!!!〉(2016年9月8日のブログ)

 いちいち反論するまでもない、一読しただけでその主張の醜さをおわかりいただけるだろう。

 しかし恐ろしいのは、日本維新の会が発表した比例代表名簿では、長谷川は南関東ブロックで名簿1位に挙げられていることだ。

 そもそも、長谷川が出馬した千葉1区(千葉市の中央区・稲毛区・美浜区)は民進党から希望の党に合流した田嶋要(当選5回)の地盤が固く、長谷川の苦戦が予想されていた。だが、名簿では1位に挙げられている人物が長谷川以外に4名いるものの、惜敗率によっては長谷川が小選挙区で落選しても比例復活を果たす可能性はある。ちなみに、前回衆院選では比例代表の南関東ブロックにおいて維新は4名の議員を国会に送り込んでいる。

「透析患者は殺せ」「判断力のない60歳以上は選挙権剥奪」「死刑執行を生中継して小学生に見せろ」「女はハエ」と主張してきたような人物が、国会議員になるかもしれない──。とんでもない現実が進行しているわけだが、ここで注目したいことは、長谷川がこれまで強調してきた「自己責任論」である。

●貧困で進学断念した女子高生に「恵まれた環境」と説教...これが維新の本質だ!

 たとえば、ネット上で「貧困だと言うならアニメグッズを買うな」などとバッシングされたNHKの貧困女子高生の問題では、長谷川は自身の家庭が〈少なくとも「お金のある家庭」ではありませんでした〉と明かした上で、こんな論を展開していた。

〈あのね、お金がないっていう状況は「そこから這い上がる力を身に着けられる絶好のチャンス」なのです〉
〈お金がある人は「お金のかかるいろんな経験」を出来ます。しかし、お金のない人は逆に「お金がないからこそできる様々な経験」を出来るのです。それらは単なる特徴であって、栄養失調になったりするレベルだとそれは問題ですが、貧困な生活であれば、それはそんな恵まれた環境は、私はないと思っています〉

 NHKが取材をした女子高生は、家庭の経済状況によって進学を諦めざるを得なかったという事情を抱えていた。本来、このとき議論されるべきは、そうした相対的貧困層にいる学生たちへの奨学金制度などの拡充による公的な支援制度のあり方であるはずだが、長谷川は貧しさを「絶好のチャンス」などと勝手に問題をすり替え、"自己責任で社会を這い上がれ"と述べるのだ。

 経済状況によって進学を諦めたという女子高生に対して「貧困は恵まれた環境」と説教を垂れる──。一方、この男を擁立した維新の会は、今回の選挙でも「教育無償化」を打ち出し、マニフェストで「家庭の経済状況に左右されず受けたい教育を選べる社会へ」などと謳っている。

 結局、維新が言う「教育無償化」は憲法改正のための材料でしかなく、橋下徹から脈々とつづく新自由主義的な「自己責任」論こそが党の本質にある。だからこそ、こんな男を擁立したのだ。

 事実、長谷川が松井一郎代表に議員になりたい旨を相談したのは、あの「透析患者は殺せ」問題で炎上していた真っ最中のとき。会食した長谷川と松井は、こんな会話をしたらしい。

〈「出来れば一緒にやりたいんですが...無所属の市議からで全然いいんです。ご迷惑をかけちゃうし...」と話すと、松井代表から「うん、やろ。ええやん。あかんかったことは謝ったらええねん。なんやったら俺が一緒に謝ったるわ。日本、変えよ」と励まされたという〉(産経WEST 2月10日付)

●弱者叩きを黙認し、自民党以上に好戦的な維新も「国難」政党だ!

 しかし、「一緒に謝ったる」と言った松井代表は、今年2月の出馬会見後も「透析病棟患者アターック!」などと公言している長谷川を放置して立候補させた。橋下自体が炎上を利用して大衆煽動を実行してきた先駆的な政治家なのだから当然といえば当然だが、維新とはつまり「差別OK、弱者叩きごもっとも、炎上大歓迎」の政党であることはあきらかだろう。

 いや、それだけではない。共同通信社が今回の選挙の立候補予定者におこなった政策アンケートでは、北朝鮮に対する米軍の軍事力行使を「支持する」とした割合が、自民党で39.6%と高い数字が出たのだが、なんと維新は77.5%とダントツの高さを示したのだ。

 つまり、長谷川だけが問題ではなく、維新全体が、安倍首相につづく「国難」なのである。「第二自民党」は希望の党だけではなく、この日本維新の会も同じ。長谷川のような人物は国会議員にふさわしくないと思う人には、自身の選挙区や比例代表の投票の際、懸命な判断をしてもらいたいと切に願う。

FBでのやりとりにうんざりした中年がインスタに「移動」中

 画像共有SNSのInstagram(インスタグラム)の、日本の月間アクティブユーザー数が2000万人を突破した。2016年12月には1600万人だったので、わずか10か月で400万人も拡大したことになる。20~30代の女性が多数を占めるインスタグラムだが、最近になって40代や男性ユーザーも増加している。インスタグラム参加への動機には、フェイスブックのわずらわしさに嫌気がさしていることもあるらしい。

「Facebook(フェイスブック)がどんどん面倒になっていくので、若い子たちがインスタグラムにうつっていく気持ちがわかりますよ」

 友人と、そのまた友人によるタイムライン上のやりとりにうんざりしていると、洋一さん(47歳・団体職員)はため息交じりに話す。

「フェイスブックの趣味のグループに参加しています。そこでは、興味があるニュースや動画をシェアしてコメントしあって楽しんできたのですが、突然『勝手に動画を投稿しないでください』と強い口調で書き込んできた人がいました。みんな意味が分からなくて、どうしたんですか? と質問するのですが怒りの書き込みをするばかりで要領をえない。忍耐強い人のおかげで解決したのですが、そういったことがたびたび起きるので、フェイスブックでやりとりすることそのものが面倒になってきてしまいました」

 要領をえない怒りの書き込みに対し、忍耐強く何に困っているのか、どう解消したいのかを聞き出した人のおかげで、そのときの問題は解決した。自分もメンバーになっているグループへの投稿がタイムラインに表示されることを、他人が勝手に自分のスペースに動画を表示させたと思い込んでいたのだ。ここまでは、慣れない人にとっては仕方ないと思えた。しかし、その後のふるまいが洋一さんをうんざりさせた。

「使い方をよく調べなかったことと、勘違いが重なって困っていただけなのに、解決に導いてくれた人に御礼も言わない。それどころか、その後も似たような騒ぎを起こす。グループに加わってきたとき『定年になったばかりです。一年生の気持ちで日々、勉強です』と自己紹介していたんですけど、ちっとも学ばない。しかも、文字でも伝わる高圧的な態度なんです。その人の投稿みるのが嫌だというのもあって、フェイスブックそのものが面倒になってきました」

 同じような面倒くささを感じたのは、洋一さんだけではない。ワインの試飲会を開く友人たちと連絡をとりやすくするためにフェイスブックを始めた直子さん(38歳・会社員)も、最近はフェイスブックではメッセンジャーしか利用していない。

「お客さんからの友だち申請を断り切れずに承認して、しばらくは平気だったんです。その方が、定年になって嘱託勤務になり、時間ができたらしくフェイスブックを頻繁に更新するようになってからが面倒の始まり。私の名前がタグ付けされたワインの会の写真がアップされると『直子さん、毎日楽しそうですね』『お酒ばかり飲んではいけませんよ、直子さん』と名指しのコメントを必ずつけるんです。タグを外してもらっても、わざわざ探してコメントを残してゆく。そのたびに『いえいえ、そんなことないです』『久しぶりだったんですよ』といちいち返信していましたが、もう疲れました」

 近ごろは、フェイスブックをまったく更新せず、友人の投稿にも反応せず、まるでログインしていないかのように振る舞っている。

 洋一さんや直子さんのように、フェイスブックに疲れてしまった人の少なくない人たちが、代わりにインスタグラムを眺める時間を増やしている。

 以前は朝、昼、夜とフェイスブックをみていた洋一さんは、インスタグラムでは投稿はせず、もっぱらハッシュタグ検索して情報を集め、眺めている。

「ポスターや告知などの情報はインスタグラムでもけっこう見つけられます。コメントがあまり目に入らないのもいい。基本的に匿名だけれど、Twitterと違って攻撃的だったり高圧的な態度の人がほとんどいないのも心地よいです。自分から投稿することはほとんどありませんが、趣味にまつわるSNSには、こういう平和なものを自分は求めていたんだとわかりました。フェイスブックはディスコミュニケーションがよく起きて不快な思いをさせられることがたびたびあるので、だんだん利用頻度が落ちています」

 直子さんも、大好きなワインについてはインスタグラムでハッシュタグ検索して探すことが増えた。

「インスタグラムはきっちりしたグループが作られるのではなく、好きなものを中心に集まりやすい。アップした写真にコメントをもらっても、絶対に返さないとならない雰囲気じゃないので気楽です。フェイスブックと違って、匿名で通せるのもいいですね。匿名でも、ツイッターだとリプライを返せとしつこくされたり、悪意ある人たちの殺伐とした雰囲気に巻き込まれることもあるけれど、インスタグラムでそういうことはないですから」

 フェイスブックの月間アクティブユーザー数は世界で月間20億人超、日本では月間2800万人になる。日本でもっとも登録が多いのは30代と40代だが、利用者の裾野が広がるにつれ、さらに上の世代とのフェイスブックつきあいに疲れたとこぼすとは皮肉な状況だ。

 利用者が多く基本的に実名で登録するフェイスブックでは、SNSなのに職場と同じ忖度やビジネス「いいね」がの煩わしさが増していると伝えられてきた。とはいえ、フェイスブックで友だちを解除するのは露骨だし、登録を消すには煩雑な作業が必要になる。SNSで発生した不満は、別のSNS、たとえばインスタグラムで息抜きをする時代になってきたのかもしれない。

「いきなり!ステーキ」がお菓子に!? ソースとスナックが相性よすぎ

今日は肉ががっつり食べたい! そんなときについつい足が向かってしまう、「いきなり!ステーキ」。肉の旨みと、ステーキソースが合わさって…最高の一瞬だ。

そんな「いきなり!ステーキ」のステーキソース味を、スナック菓子が再現したという。…いやいや、無理でしょ。
■肉厚チップス!?
©sirabee.com

登場したのはこちら、『肉厚チップス いきなり!ステーキ味』。名前からして凄そう。

なんと、重量は150g。普通のスナック菓子はだいたい60g前後であり、この肉厚チップスは倍以上の重さなのだ。

©sirabee.com

実際に持ってみると、見た目以上にずっしり重い…あれ、これスナック菓子だよね?

©sirabee.com

中に入っているスナックは、かなり大ぶり。このギザギザ形状に、濃厚パウダーが絡みついて「肉」らしい味わいを再現しているんだとか。

©sirabee.com

つまんでみると、いつも食べているスナック菓子の4倍くらいある…本当に分厚いな。

食べてみると、「ザクッ! ザクッ!」とした食感が気持ちよく、濃厚なパウダーもたまらない。あのステーキソースの味が口いっぱいに広がってきて、ちょっと幸せな気持ちになれる。

ただ、1枚が重めなので、数枚食べたところで満足してしまう恐れもあるので、要注意だ。
■コーンスナックも登場予定
「150gも食べきれない!」「そこまで爆食いは…」という人には、こちらがおすすめ。

©sirabee.com

なんと、コーンスナックバージョンも11月20日に登場するのだ。

サクッと軽いため、「肉厚チップスほどの食べ応えはいらないけれど、ステーキの味が恋しい」時にオススメだ。

©sirabee.com

女性はこっちのほうが、気軽に食べられるかも。病みつきになって、手が止まらない…。

ガッツリ行きたい時は『肉厚チップス』、ちょっとつまみたい時は『コーンスナック』と使い分けできちゃう、「いきなり!ステーキ」コラボ。

あのソースは肉だからいいんだ! という人も、ぜひ一度試してみてほしい。スナック菓子とステーキソース、意外なまでに相性抜群だ。

後方用カメラで「あおり運転」にも対応!? ケンウッドから高性能ドライブレコーダー4タイプが登場

2017年6月、東名高速道路で子ども2人を残し夫婦2人が亡くなった事故(事件)は、逮捕された容疑者の異常な行動(運転ぶり)が次々に報道されています。高速道路上の追い越し車線で停車させるという、常軌を逸した今回の事故(事件)ほどでないにしても、高速道路や一般道で恐怖を感じた方もいるはず。

今回の事故(事件)により、ドライブレコーダーへの関心が高まっていると想像できます。しかも、フロントだけでなくリヤにも装着できるタイプであれば、今回の事故(事件)のような万一の際でも証拠を残せる可能性があります。ドライブレコーダーは、価格面で2極化(廉価と高価格帯)が進んでいます。後者に注力しているJVCケンウッドでは、2016年のドライブレコーダーで販売数量1位に輝いたそうです。

2017年11月中旬から発売される新製品の「DRV-830」、「DRV-W630」、「DRV-630」は、ナビ連動型ドライブレコーダー(もちろん、ケンウッド製ナビと連動させなくても使用できます)で、フルハイビジョンの約1.8倍の解像度を誇るWQHDを実現。水平132°、垂直70°、体格144°の広視野角レンズを搭載し、広範囲に記録します。

ドライブレコーダーは、まさにピンキリですが、こちらのモデルは「装着するならイイモノを!」というニーズに応えるハイエンドモデル。昼夜、トンネルの出入り口など状況を問わず高画質を記録できるのが特徴で、長時間録画、駐車監視録画などのほか、前方衝突警告、車線逸脱警報、発進遅れ警告など数多くの機能が用意されています。…

価格はオープンですが、「DRV-830」と「DRV-W630」が2万9000円前後、「DRV-630」が2万5000円前後の店頭予想価格となっています。さらにケンウッドのナビ連動型では、フロント用の「DRV-N530」、リヤ用の「DRV-R530」も今年10月中旬から発売されます。こちらは前後に装着が可能でダブル録画、シンクロ再生が可能。

リヤ用の「DRV-R530」は、リヤビューカメラの補助用として後方確認の視界確認補助としても使用できます。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「DRV-N530」が2万2000円前後、「DRV-R530」が2万7000円前後。ドライブレコーダーを証拠にせざるを得ないような状況には遭遇したくありませんが、万一に備えて導入を考えてもいいかもしれません。
最新記事