1

業者実績なし 悪党の加計「バイオハザード防止施設」建設の実態

果たして本当に大丈夫なのか。真相が明らかになるほど近隣住民の健康被害が心配だ。

 学校法人「加計学園」(岡山市)が建設中の愛媛・今治市の獣医学部キャンパス内に開設が予定されている「バイオセーフティーレベル3(BSL3)」施設。学園側が“最先端ライフサイエンス”による感染症対策専門の獣医師を養成する――として目玉に掲げている施設だが、炭疽菌や結核菌といった厳重管理が必要な細菌やウイルスを扱うだけに、設備概要や建物構造は重要だ。当然、建設工事を請け負う業者には、BSL3施設に対する高度な専門知識・技術が要求されるのは言うまでもない。

 ところが、建設工事を請け負う岡山市の「大本組」「アイサワ工業」にBSL3施設の設計、施工実績を尋ねると、オドロキの回答が返ってきた。

「病院や医療施設を手がけたことはあります」(大本組広報)

「バイオハザード防止施設を手がけた記憶はありません」(アイサワ工業広報)

 ナント! そろって実績ナシ。つまり、“シロート”なのだ。「バイオハザード予防市民センター」(千葉)の幹事で1級建築士の川本幸立氏はこう言う。

「ウイルスや実験動物を扱う施設には、設計・建築の立場からみて過去の実績が必要でしょう。設備の耐久性や免震性など、研究設備にふさわしい知識から確認する必要があると思います」

 仮に設備を完璧に建設したとしても、問題がある。元国立感染症研究所主任研究員の新井秀雄氏がこう言う。

「1979年に旧ソ連のバイオ施設から炭疽菌が漏れ、施設の周囲に飛散した結果、60人以上の住民と100頭近くの家畜が犠牲になりました。当時漏れ出たのは、1000分の1グラム程度の炭疽菌の芽胞だとされています。ごく微量の漏出で多くの犠牲が出たバイオハザードの実例です。BSL3施設内部は、ウイルスが外部に漏れないよう常に陰圧で、内部の空気は高性能フィルターを通して外に放出しますが、それでも微量のウイルスや菌は漏れてしまうのです」

 外部に放出された空気は、太陽光線中の紫外線で殺菌されることを前提としているというが、専門知識・技術を持った業者が造った施設でもこういう実情なのだ。今治のBSL3施設の安全性は確保されるのか。深刻なバイオハザード事故が起きないよう祈るばかりだ。

若者の間で“便所サンダル”が流行している理由「これがオシャレなんだよ!」

いま男女を問わず、オシャレな若者たちに“便所サンダル”が流行っているのだという。もちろん、ファッション用語として定義があるわけではないが、脱ぎ履きが簡単で便所に置かれていることが多いものを私たちは便所サンダルと呼んでいる。そう、学校や公共施設のトイレにあるアレ(笑)。

 実際にInstagramやWEARなどのSNSで「#便所サンダル」と検索してみれば、多くのファッションキッズたちがオシャレなコーディネートで投稿している画像を見ることができる。いまファッション界に何が起きているのか。スタイリストや専門誌ライターなどから探ってみた。

◆若者に“便所サンダル”が流行しているナゾを追う

 メンズストリート誌などで活動してきたライターA氏がこのように証言する。

「じつは、すでに3~4年前から一部では流行っていました。感度の高いセレクトショップの店員が、バスケットボールパンツなどに便所サンダルを合わせたリラックスコーデで夏のストリートスナップに登場することもありました。やっぱり、なんというか……最初は驚きましたけど(笑)」

 ショップ店員のスナップ撮影では、なるべく商品のスニーカーを地面で汚さないために、撮影の直前まではサンダルを履いていることが多い。しかし、ショップ店員は本番の撮影が始まってもサンダルのままだった。

「念のため『足元はそのサンダルで大丈夫ですか?』と聞いたのですが、『コレがオシャレなんだよ!』って軽く怒られたことを覚えています。当時は少し違和感があったのですが、ココまで流行ってしまうと普通にファッショナブルに見えるから不思議ですよね。今季は、ABCマートや一般的な量販店でもナイキの“ベナッシ”などのサンダルが様々なカラバリでプッシュされていたりします」

 では、着こなしのプロであるスタイリストはこの現象をどう見るのか。雑誌を中心にメンズ&レディースの両方でスタイリストを務める吉田圭佑氏に便所サンダル事情を聞いてみた。

「えっと、便所サンダル……“シャワーサンダル”ですかね(笑)。数年前から雑誌の夏小物特集では、アディダスの“アディレッタ”をはじめ、各ショップからリースすることもありました」

 なんと、おじさん的には便所サンダルでも、ファッション界隈ではシャワーサンダルと呼ぶらしい。では、オシャレに履きこなすには、どのように合わせるのが正解なのだろうか。

「夏らしさの演出には、やっぱりハーフパンツが好相性。今っぽくするのであれば、トレンドのワイドパンツなど、ルーズなシルエットのパンツを合わせるのも程よいヌケ感が出てオススメです。シャカやスイコックなどのアウトドア系サンダルが流行っていますが、少々値は張る。一方で、シャワーサンダルは安価なうえに丈夫。水に濡れても問題ないので、クロックス的なノリで海や川、フェスなどに出掛ける人も増えているのでは」

 また、シャワーサンダルは、ルイ・ヴィトンやヴェルサーチなどのハイブランドでも展開されているらしい。もちろん、お値段は数万円だが……。

 吉田氏からは「アウトドアやフェスなどに履いていく人が増えている」という言葉が見受けられた。そこで、『GO OUT』などのアウトドアファッション雑誌で活動するライター金井幸男氏にもその背景を聞いてみた。

「テバやチャコに代表される、複数のストラップによって足とソールをしっかりフィット&ホールドさせる“スポーツサンダル”が、長年アウトドアフリークの定番だった。おじさん世代のなかには、’90年代にミックスソックスと合わせるのが流行ったのを覚えている人も多いのでは」

 金井氏は「いまアウトドアフリークの定番がスポーツサンダルから便所サンダルにシフトしつつある」のだという。その理由をこう分析する。

「ここ数年での90’sカルチャーのリバイバルと昨今のアウトドアブームが重なり、去年あたりからスポーツサンダルのタウン化(街でも履くこと)が進行しました。たしかに、気楽なうえに履き心地まで良い優秀なモデルですが、着脱のたびにストラップを操作するのが面倒。しかも、サンダルにしてはハイプライスときています。そこで浮上したのが“便所サンダル”なのかもしれません」

 とはいえ、便所サンダル以外にも選択肢はあったはずだ。どういうことなのか。

「ビーチサンダルよりフィット感やクッション性に優れ、足入れだってラクラク。なによりスポーツサンダル=アウトドア・フェス、ビーチサンダル=サーフィンみたいな主張がない。ノンポリシーな存在だからこそ、キメ過ぎを防ぐ“ハズし”としてダイレクトに効くわけです。現代のファッションキッズはラグジュアリーブランドとスポーツウェアをミックスするような、極端で、ある種あざとい『別にカッコつけてないし』的なスタイルを好みます。決してデザイン性に優れているとは言えない便所サンダルは、彼らにとって“狙ってない感”や“日常感”を醸し出す、絶好のアイテムなのでしょう」

◆今年の夏はおじさんの足元が輝けるチャンス!?

 ファッション関係者への取材で、トレンドに至るまでの背景が見えてきた。もう便所サンダルと侮るなかれ。

 現在は様々なブランドからカラバリ豊富に展開されているらしい。裏を返せば、それだけニーズがあるということだ。オシャレなタイプはもちろん、SNS上では「リアルな便所サンダルを愛用している」という声まで見られたが(笑)。

 特筆すべきは、なんといっても価格帯だ。いわゆる便所サンダルは1000円以下。ナイキやアディダスのシャワーサンダルでも3000円程度で購入可能である。なんとかお小遣いからも捻出できそう。

 今年の夏は、普段のなにげないおじさんコーデが若者たちにも輝いて見える……かも!?

最新記事