知ってると楽しい『通】学! ■ママ友。女子会・パパ友
fc2ブログ

 

『ママ友になりたくない』ママタレランキング、1位は「気が強くて“攻撃力”が高そう」な元ヤン系

左から高嶋ちさ子、木下優樹菜、神田うの、熊田曜子© 週刊女性PRIME 左から高嶋ちさ子、木下優樹菜、神田うの、熊田曜子

 4月から新生活が始まるけど、子どもがいる母親の悩みのタネは“ママ友”問題。「ママ友になりたくない」と思われているママタレを知れば、反面教師として参考になるはず!

第1位 木下優樹菜

 ランキング1位は木下優樹菜。3分の1近くの圧倒的な票を集めてトップに。

何か気に食わないことがあると恫喝されたり、SNSに投稿されたりしそうだから」(50代・パート)

「ゴタゴタに巻き込まれそう。嫌いではないが、ママ友は無理」(40代・パート)

 アンケートの声を見ると、やはり“タピオカ騒動”のイメージが強いようだが、不倫疑惑も影響している。

 街頭でもアンケートをとったところ、目撃証言が。

都心の駐車場で見かけたんですが、車から降りるときの姿に品がないというか。ドアを“バーン!”って、とにかく大げさで驚きました」(30代女性)

 漫画家でママ友評論家の又野尚さんは、ユッキーナの1位を予想していた。

「ママ友さんに聞いても“木下さんはちょっと……”って言う人は多いです。私が知っている元ヤン系ママにも自転車をその辺に平気で止めたり、コンビニにモノを食べながら入ったりする非常識人はいます。急に“べらんめえ口調”になることも。そういう人を見ると、木下さんもそうなのかな? なんて勝手に思ってしまいます」

 漫画家の倉田真由美さんは攻撃性が気になっている。

「木下優樹菜さんは気が強くて“攻撃力”が高そう。ボスママになりそうな感じがします。ママ友関係でいちばん避けたいのは、ボスママにいじめられること。ランキングの中では、高嶋ちさ子さん、くわばたりえさん、神田うのさんも同タイプ。スキャンダルの影響もありますが、納得のランキングですね」

第2位 神田うの

 2位は、セレブな言動でたびたび炎上している神田うの

自分が特別だと主張する人とはうまくいかないと思うから」(50代・契約社員)

「何に対しても文句や意見を上から目線で言ってきそう」(30代・専業主婦)

 セレブ生活は憧れだけど、強すぎるキャラは嫌われ要素になる。

 うのに対する倉田さんのコメントは、かなり手厳しい。

“直接見ていないくせに”と言われるかもしれないけれど、私たちは彼女らの言動をテレビや報道でずっと見てきているので、まったく根拠がないわけじゃない。みなさん、雰囲気を感じて投票していると思います」

 又野さんは、もう少しマイルドだが……。

「お金持ちの奥様の生活にちょっと興味あるので、個人的にはランチしてみたい(笑)。ただ、彼女はPTA会長に媚びるタイプ? 美川憲一さんとベッタリだったし、そういうところは得意なんじゃないかな。自分より下だと思ったらマウントをとりにいく感じ」

 結局、ママ友にはなりたくないということ。

第3位 熊田曜子

 3位は、不倫騒動が泥沼化している熊田曜子

「年齢的にセクシーさを出すのはどうかと思う」(50代・パート)

友達になったら利用されるか、旦那を寝取られるか。何されるかわからない」(40代・パート)

 男ウケするセクシーさは、嫌われポイントに。

 彼女にも目撃情報があった。

「2年ほど前に公園でお見かけしました。熊田さんの娘さんと、別の男の子がすべり台でバッティングしていて。よくある“公園トラブル”ですが、熊田さんが自身のSNSでそのことをあたかも被害者のように投稿。ネット上では彼女を擁護する意見もありましたが、一部始終を見ていた身としては一方的すぎるかな、と。ママ友になったら、あることないことSNSに書かれそうで怖いです……」(30代女性)

 又野さんは少し同情的だ。

「熊田さんは美人なのに“不幸グセ”がありますよね。美人は野心がないと不幸になるって説がありますから、もっと上を狙えばいいのにと思います。そんなに嫌いじゃないですが、自分の旦那と不倫されたくないっていうのは確かにありますね(笑)」

第4位 高嶋ちさ子

 4位には、また上から目線系の高嶋ちさ子がランクイン。

「子育ての話をしているときに、家族を自分の所有物かのように扱うので、見ていて嫌悪感を抱く」(30代・専業主婦)

 ストレートな物言いが人気だけれど、反感を持つ人も。

サバサバキャラというより、デリカシーがないように感じる」(30代・専業主婦)

 又野さんも同意見。

「高嶋さんは芸術系の方なので、サバサバしていて楽しそうなんですけど、やっぱり性格はキツそう。一緒にいて疲れる人とはママ友になりたくないですよね」

第5位 ベッキー

 5位は“ゲス不倫”の過去を忘れてもらえないベッキー。元プロ野球選手の片岡治大と結婚したのに、

「友達のことを裏切りそう。あざといと思う」(40代・専業主婦)

 不倫が発覚したときに嘘をついたのが響いているよう。

川谷絵音は不倫イメージが消えてきたのに、彼女には残っています。だから、ママ友になるイメージが想像できない。主婦は不倫嫌いだから仕方ないですね」(又野さん)

 もう1つ、嫌われ要素があった。

元気・親切を押し売られそう」(50代・専業主婦)

 優等生で元気で明るいキャラだったことが裏目に。

第6位 くわばたりえ

 6位のくわばたりえは、マウンティング体質が批判の対象になっている。

「偏見かもしれませんが、生活態度や子育て論、美容に関することでマウントをとってきそう」(30代・会社員)

気が強いし、口が達者だから、学校でモンペになりそう」(30代・パート)

 口が立つのは悪いことではないけれど、自分が相手をするのは遠慮したい。

「くわばたさんは唯一、庶民派。ママ友になれそうなんだけど、マウントとってきそうですよね。PTA役員を一緒にやりたくないタイプ。細かいことをグチグチ言ってきそうな感じがします」(又野さん)

第7位 紗栄子

 7位の紗栄子は、華麗な恋愛遍歴が嫌がられることに。

「自分は可愛いって思い込んでいそう」(50代・パート)

子ども優先じゃなく、自分が1番っぽい気がする」(50代・専業主婦)

 ダルビッシュ有と結婚して、前澤友作との交際も噂されたことから、恋愛脳なイメージに。

「彼女は何でも頑張る人だから、テンションが合わなそう。彼女を褒めること以外できないから、仲よくもなれないだろうし。完璧主義のママ友は、ちょっと付き合いづらいですね」(又野さん)

第8位 福田萌

 福田萌は横浜国立大学卒業という高学歴が災いして8位。

「自分で頭がいいと思っているかのような発言をしていた」(30代・パート)

 バラエティー番組で「努力の証明書として学歴がある」と発言して炎上した。

夫婦そろっての学歴自慢が鼻につく人は多いと思うなあ」(倉田さん)

「教育ママ一直線だろうから、もし、同じ私立を目指しましょう! となったら揉めそう。福田さんの子のほうが成績が上であれば親切かもしれないけど、こちらの成績が上だったら意地悪されそう」(又野さん)

 夫の中田敦彦も、嫌われに貢献しているもよう。

中田さんって“世界中が敵になっても僕が守るよ!”って言いそうじゃないですか。そういう旦那を選んでる時点で……。中田さんも慶應だし、夫婦ともに教育熱心だろうな」(又野さん)

第9位 辻希美

 嫌われママタレの先駆けとなった辻希美は9位。

子どもがインフルエンザなのに、お友達にあげるオヤツを一緒に作っていたのをSNSで見ました。つまり、常識がない」(40代・パート)

 ブログで夫婦のラブラブ生活や子育ての様子を熱心に発信しているが、むしろ好感度を下げる結果に。

「辻さんがこの順位なのは意外。もっと好感度が高いと思っていました。子だくさんなので尊敬しますが、いつまでも子どもっぽくて、少しおままごとっぽい感じはします。主婦って、かわいくて男にモテるよりも、女の世界でカリスマになれる、女性が憧れる美人系のほうが好きなんです。辻さんはそこがもったいない」(又野さん)

 倉田さんは、辻が“いつまでたっても女の子”タイプだから嫌われているという。

「私の世代なら裕木奈江さんとさとう珠緒さん(笑)」

第10位 小倉優子

 10位の小倉優子も同じタイプだ。

「自分が1番かわいいと思ってそう」(50代・専業主婦)

「ぶりっ子のイメージだから」(40代・契約社員)

 夫選びの失敗もマイナスに。

「子どもを連れて再婚する人は、女子力が高くてすごいと思うんですけど、もし友達だったら一緒にいるとすっごい疲れるだろうな……」(又野さん)

 ランクインしたママタレには、共通点があるという。

みんな圧が強い人。ママ友って、こじれたら最悪引っ越すハメになる。だから強引な人は避けたいですよね」(又野さん)

 どうしたら理想的なママ友になれる?

「仕事も環境も年齢も違うのに、共通項が“子ども”だけで友達になるって難しい。付き合いやすいのは、ベタッとしていない人、子どもを預かってくれる人。お互いが本当に困ったときに子どものことを頼み合えたら」(倉田さん)

 いい人になれば、いいママ友にもなれるはず。

おススメサイト
最新記事
QRコード
QR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリ
ランキング
リンク