幸せ呼ぶ猫神の呟き ■トレンド
                 


服飾専門学校を出て自立したデザイナーの多くが利益を出せぬ原因

多くのファッションデザイナーが夢見るのは、メーカーとして自立することです。しかし、自立するにはブランドイメージの構築や生産ルートの確保などの為に莫大な資本が必要となりますし、失敗すれば大量の在庫を抱えるというリスクを伴います。メルマガ『j-fashion journal』では、著者でファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さんが、ファッション専門学校の教育カリキュラムの改革が必要だとし、超現実的な起業プランを紹介しています。

超リアルなファッションビジネス講座の提案

1.海外生産を前提としたビジネスモデル

日本市場で流通しているアパレル製品の輸入浸透率は95%以上。日本のアパレルビジネスは、海外生産が基本になっている。

しかし、若手デザイナーの多くは、メーカーとしての自立を考えている。自分でデザイン、パターンメーキングを行い、生地を仕
入れ、国内で縫製加工をして、国内の小売店への卸売か、ネット販売を考えている。

このビジネスモデルには無理がある。小売店に卸そうにも、小売店が減っている。また、国内生産では、最初から海外生産の商品と比べて価格競争力がない。

国内外のアパレル企業は、それなりの資本投下をしてブランドイメージを構築しているが、若手デザイナーに資金力はない。ファッ
ションショーしたり、合同展に出ていれば、いつかどうにかなるだろう、と考えているのだろうが、現実にはどうにもならない。

デザイナーがメーカー志向なのは、ファッション専門学校等の教育がメーカー志向であることに起因していると思う。学校では、好きなデザインをして、パターンを引いて、自分で縫製する。それを発表会で発表する。

これと同じことを社会人になっても行っている。生地を仕入れて、アパレル製品に加工して、小売店に卸そうというのだ。

私は、ファッション専門学校のカリキュラムを見直すべきと考えている。メーカー志向ではなく、現実的に利益が出る起業プランを設定し、それを目指す教育ができないのだろうか。

2.海外生産を始めるまでのコスト

海外工場と取引する場合、最初に行うことは、工場を探すことである。商社に頼んで工場を紹介してもらうか、知り合いに問い合わせるか。それで見つからなければ、国内、現地の見本市や展示会に出掛けて、見本、取引先や設備等を確認して、見本を取り寄せるか、見本制作を依頼する。

それでも、思い通りの見本ができるとは限らないし、見本は良くても、現物になったら不良品の山ということもある。

ここまでに、どれだけのコストが掛かるのだろうか。出張旅費に人件費、見本制作に関わる経費。それと膨大な時間が無駄になる。

したがって、必然的に国内縫製を考えることになる。

もし、展示会に行かなくても、各社の商品が確認できて、一点見本が取り寄せられたら、この流れは変わるのではないか。

実はそんなサービスが存在する。アリエクスプレス(AliExpress)だ。

3.アリエクスプレスとは?

アリエクスプレスは、中国のアリババが運営しているネットモールで、出展者のほとんどはメーカー。世界中どこからでも一点から
個人輸入ができる。しかも、ほとんどの商品が送料無料だ。

決済はアリババのAlipay(アリペイ)。顧客が支払った代金は、一度、アリババに入金し、購入者の受取評価がないと出展者に入金されない。もし、クレームがあれば、アリエクスプレスが対応してくれる。

もちろん、届いた商品のイメージが違ったり、不良品が皆無とは言えないが、それは通常の取引でも同じことだ。その意味では、一般消費者にはハードルが高いかもしれないが、小売店や卸売業者のバイヤーなら予測できる範囲である。

最近、SNSで見かける「世界中から良い商品だけを集めたネットモール」「今だけ半額」の商品は、多くがアリエクスプレスに掲載されており、価格はその半額以下である。

アリエクスプレスには、一億点以上の商品が掲載されているため、階層がとても深い。

全ての商品を確認してから買うこともできないし、他のネットショップで販売されているかも確認できない。アリエクスプレスを現金問屋のように使って、商品を仕入れヤフオクやメルカリで転売する人も多い。

4.バイヤーとして商品MD計画を組む

アリエクスプレスを活用した教育プログラムの第一は、バイヤーとしての商品MDの組み立てである。

まずは、商品の写真とデータを見て、自分のイメージに合う商品を選ぶところから始めよう。そして、次第に商品を絞り込んでいく。写真を見ていると、次第にトレンドや売れ筋も見えてくる。オーダー数やフィードバックを確認することも可能だ。

とりあえず、ワンピースに限定した課題にしても良いだろう。たとえば、デニムのワンピース、セクシーなカットソーのワンピースなどで商品をピックアップする。

商品を選ぶ段階では、ピンタレストに保存しておくと便利だ。

価格は、最低でも二倍にして販売することを前提にする。そのまま販売するのでも良いが、教育プログラムなので、何らかのリフォームや後加工で顔を変えることを前提にしたい。そのことによって、付加価値が上がることが前提だ。リフォームすることで、価値が下がったのでは何もならない。商品を選ぶ時も、手を加えることを前提に選ぶことが必要になる。

ここで学ぶことは、商品調達の方法だ。実際にクレジットカードで決済を行う。商品が届くまでには、リードタイムが掛かる。また、商品が届いたら、検品しよう。自分が思っていたイメージだったか。それとも、期待を裏切られたか。なぜ、それらが写真から判断できなかったのか。

商品が届いたら、とのように手を加えれば、商品の魅力が高まり、オンリーワンの商品になるかを検討する。ここで購入する商品はあくまで、中間材料であり、最終的には自分が加工するのだ。

これまでのファッション専門学校は、デザインするところがスタートだったが、ここでは、商品を選ぶところがスタートである。

5.メルカリで販売してみよう

届いた商品を加工して、オリジナル商品に変える。その上で、価格を設定しよう。

何人かの受講生が集まれば、複数の商品が出来上がる。販売方法は、イベントとして販売してみるとも良い。あるいは、メルカリで販売してみる。

販売結果は全員で共有する。なぜ売れたのか。なぜ、売れなかったのか。次回の仕入れではどんなことに注意すればいいのか。また、仕入れの方向性についても話し合い、記録していく。

たとえば、一人の商品の仕入れ予算を1万円に設定する。3千円程度の商品ならば、3枚は仕入れられる。それが、2倍で売れれば、2万円が手元に残る。次は2倍の商品が仕入れられるのだ。

二回目からは、オーダーする前に、クラス全員で品揃えをチェックする。商品MD会議だ。

一回目で売れた人が中心となって会議をリードしてもらう。

価格決定会議も行おう。商品が届いて、価格を決める段階で共有する。

また、写真の撮り方や商品のコピー等も十分に検討する。

これを一年間続ければ、相当の経験とノウハウが詰めるだろう。また、授業料を差し引いても利益が手元に残るに違いない。自分の品揃えとリフォームに自信が持てれば、そのまま営業を続けてもいいし、資本調達して、本格的なOEM生産に進むのもいいだろう。

人気急上昇中の旅行先はどこの国?観光客が増えた旅先ランキング2017

世界中で旅行客が増加傾向です!

国連世界観光機構(UNWTO)が、2017年1月から4月の旅行客数(旅行先の国別)をまとめました。日帰りを抜いた1泊以上の旅行が対象になります。全世界で合計すると3億6900万人。前年よりも2100万人増えたとのことです。単純計算すると、一日に410万人が旅をしてどこかの国にたどり着いたということになります。

ランキング10位から6位

こちらは第6位の国にある世界遺産 ハロン湾!

まずは、第10位から6位です。

【第10位|イスラエル】25.1%増
2017年には日本人観光客を19000人程度まで増加させるという計画です。

【第9位|モンゴル】28.3%増
元横綱・朝青龍さんは今年から日本担当のモンゴル大統領特使に。

【第8位|ニカラグア】28.4%増
外務省の世界の医療事情によれば、「全域で呼吸器・消化器感染症やデング熱,マラリアに注意が必要です。」とのこと。

【第7位|ウルグアイ】30.2%増
元大統領ホセ・ムヒカ氏は「世界で最も貧しい大統領」で有名に。ウルグアイは社会保障も充実した国ですが、彼は自ら給料の9割を寄付していました。

【第6位|ベトナム】31.2%増
ちなみに、2017年上半期のベトナムから日本への旅行客は28%増の15.7万人でした。

第5位|チュニジア 32.5%増

2015年のテロから2年。観光に大きな痛手はありましたが、ここのところヨーロッパからの観光客が戻ってきているそうです。

第4位|アイスランド 34.9%増

日本でも人気のテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。そのロケ地の一つがアイスランドでした。そのため観光客が急増。アイスランド政府は観光資源である自然が破壊されてしまわないかと、対策を検討中です。

次は第3位です!

第3位|北マリアナ諸島 37.3%増

北マリアナ諸島のうち観光で有名な島は、サイパン、テニアン、ロタ(グアムは含まれないんです)。最近は、サイパン島のカジノを中心に中国人観光客が増加しているそうです。

第2位|エジプト 51%増

2011年の民主化運動「アラブの春」以降治安に不安があったエジプト。徐々に安定し観光客も戻りつつあるようです。ただし、トリップ・ドットコムの「女性の一人歩きが特に危険な10か国」の第1位にランクしているので、まだまだ注意が必要なようです。

第1位|パレスチナ自治区 57.8%

第10位のイスラエルとの間に紛争があるのはご存知の通りです。外務省の渡航禁止勧告が出ていますので、最新の情報を確認してください。増加率は確かに高いのですが、2016年を通した旅行客は合計で40万人と実数はかなり少ないのが現状です。政情が安定したらぜひ出かけてみたいですね。

[外務省 海外安全ホームページ]
[World's fastest-growing tourist destinations for 2017]
[All Photos by shutterstock.com]

12星座別ランキング! GoogleよりもSNSで検索しがちな星座とは

日々のコミュニケーションのツールとして便利なSNS。

LINEやFacebookのように、コミュニケーションをメインに使うものや、TwitterやInstagramといった不特定多数に向けて発信するのに適したものなど、さまざまなタイプのツールがある。

しかし、昨今ではTwitterやInstagramといったSNSを情報収集のための「検索ツール」として使う人も増えているという。

しらべぇ編集部は、全国の20~60代のSNSを利用している男女517名を対象に「GoogleよりもSNSで検索をすることが多い」人の割合を調査し、12星座別にランキングをまとめた。

■SNS検索を活用1位はおひつじ座

最も割合が高かった星座は、37.5%のおひつじ座。

もともと「新しいもの好きであり、何事に関して切り替えが早い」といった、好奇心旺盛な特徴をもつ星座。その反面「熱しやすく冷めやすい」性格のため、さっぱりとした一面も。

SNSでの検索は一般的な検索より、最新の情報や話題の出来事などをピックアップするのに適している特性もある。

特にTwitterのような、リアルタイムな話題を入手できる種類のSNSは、新しいもの好きなおひつじ座が好む傾向がありそうだ。

■ほぼSNSで検索しない派の星座は

あまりSNSで検索しない星座として、10位やぎ座と11位しし座がランクイン。

やぎ座は緻密で堅実な性格であり、しし座は完璧主義でこだわりが強いとされている。

しらべぇ既報では、「情報の正確さや量を補うため、SNSで調べてからその後Googleで調べ直す」という人も一定数いるという。

両者の星座ともマジメで、確実に物事をこなすタイプのため、情報が確かなものかが分かりづらいSNSは、あまり検索に利用しないのかも。

■いて座はSNSの検索に抵抗あり?

最下位の12位は、7.0%でいて座。1位のおひつじ座に比べ、30ポイント以上も差があり、SNSでの検索にはかなり抵抗がありそう。

しかし、いて座の特徴としては行動力があり、エネルギッシュな性格。また、常に新しいものを求める傾向も。ランキング順位は、そうした特徴と全く逆の傾向が出る結果となった。

活発かつ新しいものが好きではあるが、自由人ないて座。ピンポイントに、興味のある情報だけではなく、広範囲に情報をピックアップしてくれる通常の検索の方が、自由な発想に繋がる点もあり、そうしたツールとしての特性を上手に使い分けているのかも。

SNSでの検索も利便性はあるが、個人の見解が混じるなど正確性の面で疑問を呈する人もいて、一長一短の部分もある。しかし、そこも踏まえて普段と異なる検索方法を試してみたら、新しい発見ができるかも。

ミズノやゼット、野球離れに「球活」で反撃

プロ野球のペナントレースもいよいよ佳境に入り、観客動員は2498万人と史上最多だった昨年並みの高水準をキープしている。スタジアムにいれば「野球離れなんて、どこの国の話?」という感じがしてくる。高校野球「夏の甲子園」では今年も熱戦が繰り広げられ、今秋のドラフトでのプロ入りが確実視される広陵の中村奨成など、将来のスター候補も生まれている。

しかし日本の野球は、衰退しつつある。もちろん、少子化の影響はあるが、それを超えるペースで若年層の競技人口が減少しているのだ。どうにか食い止めたい――。共通する思いを胸に野球用具メーカー、プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)という、いわば「野球の本丸」の業界や団体も本気で対応を始めている。

7月、大阪府吹田市のビルの一室に、十数人の男たちが集まっていた。スポーツ用品メーカーの野球、ソフトボール部門の幹部社員たちだ。彼らは今年1月、一般社団法人「野球・ソフトボール活性化委員会」(略称・球活委員会)を立ち上げていた。

■ライバル関係を超えて21社が結集

「一昨年の8月に、SSK、ミズノ、ゼット、アシックス、ローリングスの5社の野球担当者が一度集まろうかと言うことになったんです。野球離れが進むことに、各社それぞれ危機感を持っていましたが、やれることを一緒に考えませんか、ということでした」

球活委員会の代表理事で、ミズノのダイアモンドスポーツ事業部長の 久保田憲史は語る。

「当初は幹部クラスで『何ができるのか?』を話し合っていたのですが、若い人の意見も聞こうということで、持ち帰って方向性が固まったのが去年の夏でした。全ブランド40社に声をかけて、集まったのが21社でした」。

現在、スポーツ用品メーカー21社が名を連ねる「球活委員会」の目的は、野球・ソフトボールの普及振興およびその関連産業の発展を目的とし、さまざまな事業を展開し、野球の各団体を支援することにある。公式サイト「球活.jp」には、メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースやNPBの巨人などで活躍した松井秀喜氏のインタビューなども掲載されていて、力の入りようが伺える。

2017年秋冬のトレンドは? 伊勢丹バイヤーのオススメ紳士靴

オシャレは足下から。使い古された言葉ではあるが、足下にも抜かりなく気を配れる人には、やはりセンスが良い印象を受ける。スーツスタイルにはお決まりのように黒いストレートチップの革靴を合わせるのではなく、さりげなくトレンドを押さえる遊び心を加えたい。

そこで、伊勢丹新宿商品部・紳士靴バイヤーの中村良枝さんに2017年秋冬のトレンド、おすすめのシューズを伺った。

■キーワードは「コンフォート」

中村さんはまず、大きなキーワードとして「コンフォート(快適さ)」を挙げる。

「2010年代は長くスニーカーブームが続きました。ここへ来て売上は落ち着いてきていますが、依然としてラクな履き心地、どんなファッションにも合わせやすい汎用性を求める傾向は根強く、今後も続いていくものと思われます。そこで、この秋冬に注目したいのは、ビジネスシューズに“コンフォート”を掛け算したスタイル。履き心地がよく、1日中立ち仕事でも疲れない。それでいて、おしゃれに履きこなせるものですね」

その一例として中村さんが推奨するのが、スーツスタイルでも履けるスリッポンだ。

「伊勢丹では『紐からの脱却』としてスリッポンを打ち出しています。代表的なのは、甲の部分に房飾りがあるタッセルのスリッポンですね。スーツの足下に、このタッセルを各色で合わせていく。スーツにも、カジュアルなジャケットにも合わせやすいです。

あとは、ボリューム感のあるALDEN(オールデン)やBrooks Brothers(ブルックスブラザーズ)の靴にも注目ですね。スーツスタイルだけでなく、ポロシャツ、冬ならタートルネックといったカジュアルなスタイルでも、足下だけこうしたボリューム感があり、かつコンフォートな靴を履くことを提案していきたいです」

一方、秋冬にかけて気になる「ブーツ」についても“履きやすさ”を重視したものが登場してきているという。

「サイドゴアブーツをお勧めします。特に今季はショート丈がトレンドです。伊勢丹では、あまり高さがなく、パンツの巾と丈の長さのバランスを考えてあえてショート丈にしています。冬はスウェード素材の編み上げブーツもおすすめですね。こちらは、デニムなどのロールアップしたパンツと合わせるのもいいと思います」

また、正統派の本格紳士靴にも、「コンフォート」を掛け合わせたアイテムが登場しているという。

「イタリアの『FABI(ファビ)』というブランドです。履き心地のやわらかさで知られる“ボロネーゼ製法”で作られています。8月下旬からメンズ館にて本格展開しています。こちらは中にコルクと薄いクッションが入ったタイプ。触っていただくと分かるのですが、弾力性があって、ぐにゃぐにゃに曲がるほどのやわらかさが、包み込むようなとてつもない履き心地が凄いんです。革靴は硬くて苦手という方に、ぜひ履いていただきたい一足ですね」

紳士靴、さらに革靴となると、どうも堅苦しいものをイメージしがちだが、トレンドは遊び心やコンフォート感といった、「ライトに履ける」方向性に向かいつつあるようだ。

「履きやすい紳士靴」。ビジネスシーンだけでなく、普段使い用としても一足持っておくといいかもしれない。
最新記事