知ってると楽しい『通】学! ■pariのおススメ名店
FC2ブログ

 

肉の山を攻略せよ! 東京のデカ盛り「ローストビーフ丼」3選

肉の山を攻略せよ! 東京のデカ盛り「ローストビーフ丼」3選

食楽web

 カツ丼、牛丼、天丼、親子丼…。いつの時代も、日本人は丼メシが大好きですよね。ごはんの上にのせる料理の種類も広がりを見せる一方で、その量も増え、デカ盛り丼も人気。肉のデカ盛り丼の中でも、近年とくに人気なのがローストビーフ丼です。食べ応えのある赤身肉が山盛りにされたビジュアルは食欲をそそります。

 そんなデカ盛りローストビーフがいただける都内の人気店3店をご紹介します。

中野『たこ焼き酒場 もんもん』の「ローストビーフ丼」

「ローストビーフ丼・大盛」1100円。総重量は約1kg! どこから食べればいいのか悩みます

「ローストビーフ丼・大盛」1100円。総重量は約1kg! どこから食べればいいのか悩みます

 西武新宿線・都立家政駅から徒歩10分ほどにある『たこ焼き酒場 もんもん』。その名の通り、たこ焼きが人気の居酒屋さんですが、コスパ最高なローストビーフ丼が味わえる有名店です。

 ここで食べたいのが「ローストビーフ丼・大盛」。たっぷりかけられたマヨネーズがなんともフォトジェニックですが、豪快に盛られたローストビーフは約1kg! そして高さは約20cm! ほとんど山です。きざみ大葉が頂上に彩りよく添えてあります。どこから食べるべきか悩みますが、崩れるのが怖いので頂上付近から1枚ずつはがして食べましょう。

 肉は普通のローストビーフよりもやや厚めに切ってあるので食べごたえがあります。やわらかく、甘辛いソースも効いていて、このままお酒のおつまみにしたいほど。

ローストビーフ7~8枚食べるとようやくごはんが見えてきます

ローストビーフ7~8枚食べるとようやくごはんが見えてきます

 しかし1kgというのはかなりの量。食べても食べてもごはんが見えません。7~8枚ほど食べ終えれば、ようやく白いものが…。きざみ玉ねぎの下に隠れたごはん様とご対面です。

 ここからがローストビーフ丼の真骨頂。ソースのしみ込んだごはんとローストビーフを同時にいただきます。ごはんとソースの相性は抜群。厚切りのローストビーフを巻いて食べても美味しいです。

 実はこちらのお店は牛すじカレーも人気で、カレーには使わない部位の肉をローストビーフにして提供したところ、これが話題となりヒットしたのだそう。この量で1100円というのがとにかく驚き。コスパ的にもオススメなローストビーフ丼ですよ。

●SHOP INFO

たこ焼き酒場 もんもん

店名:たこ焼き酒場 もんもん

住:東京都中野区鷺ノ宮1-30-13
TEL:03-5356-9080
営:11:30~23:00(L.O.)
休:なし

武蔵小山『がぶ』の「がぶ丼」

パッと花が開いたかのように美しい「がぶ丼」肉1ポンド3340円

パッと花が開いたかのように美しい「がぶ丼」肉1ポンド3340円

 東京・武蔵小山の『がぶ』。こちらに、デカ盛りチャレンジャーたちが注目するローストビーフ丼があります。

 ごはんの上に薄くスライスしたローストビーフをのせた、名物「がぶ丼」(1400円)がそれ。肉の量が180g。しかしこれは普通盛りレベル。この上に270gの「肉1.5」(1990円)、さらに453gの「肉1ポンド」(3340円)があります。今回は肉1ポンドをオーダー。

 このデカ盛り丼、もともとは普通盛りだったのが「肉の量を増やしてほしい」とのお客さんの要望に応えていく中で生まれたのだそう。薔薇か牡丹が花開いたかのような美しい見栄えの肉1ポンドは直径約26cm。自家製のローストビーフがきれいに並べられ、センターにはブラックペッパーがふりかけられています。ローストビーフはしっとりやわらか。ブラックペッパーがかかったところは軽くピリッとくるものの、肉の味を引き立てる良いアクセントになっています。

肉の下には千切りキャベツと甘いタレがたっぷりかかったごはんが

肉の下には千切りキャベツと甘いタレがたっぷりかかったごはんが

 肉の下のごはんには、醤油ベースの甘いタレがたっぷりとかかっていて、これがまた食欲をそそること…。ごはんを肉で巻いて食べるとさらに美味しくいただけます。肉、ごはん、肉、ごはんと食べていくと、肉があまりに多すぎるせいか、ごはんが足りなくなってしまいそう。ちなみにこの肉1ポンド、かの大食いタレント・ギャル曽根さんは20杯食べたそうです。胃袋に自信のある方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください!

●SHOP INFO

がぶ

店名:がぶ

住:東京都目黒区目黒本町3-7-9
TEL:03-5722-1766
営:11:30~13:30、18:00~21:30
  日・祝18:00~21:00
休:土

日本橋『北海道焼肉 ふらの 肉割烹』の「エベレスト」

「エベレスト」1600円。「ここまで登ってこい!」と言われているようで食欲も増します

「エベレスト」1600円。「ここまで登ってこい!」と言われているようで食欲も増します

 世界最高峰のエベレストに登頂した気分にひたれる…というのはさすがに大袈裟ですが、ランチタイムの日本橋でそんな気になれるメニューが。『北海道焼肉 ふらの 肉割烹・日本橋店』の、お肉好きに大人気のローストビーフ丼です。

 このお店では、肉の量で、高尾山(150g)、富士山(170g)、エベレスト(210g)の3段階が選べるのが特徴。ランチタイムの名物です。ご紹介するのは「エベレスト」です。

 提供されたローストビーフ丼は、たしかに山のよう。盛り付けるのは丼ではなく普通のお皿。そこにごはんをたっぷりと盛り付け、肉を1枚ずつていねいに巻き付けています。山頂には日の丸。ここまで登って来いということですね。

山頂の黄身が崩れて流れ落ちる雪のよう

山頂の黄身が崩れて流れ落ちる雪のよう

 卵の黄身もキレイです。麓にはたっぷりのソースが。深みのある甘さです。「ソースには玉ねぎをたっぷり使っています」と店長さん。玉ねぎの持つ甘みを存分に活かしたソースです。

 麓から攻めたいところですが“雪崩”が怖いので、山頂から。黄身に箸を入れると、溶岩流のように山肌を滑り下りていきます。肉はやわらかく、ブラックペッパーの軽いピリッと感がいい。黄身をからませるとマイルドさが加わり、玉ねぎたっぷりでガーリック風味の和風ソースでさらに甘辛さも加わって、豊かな味わいになります。

 肉を1枚ずつ食べていくのですが、ごはんがなかなか見えてきません。やっとその姿を拝めたときにはもう12枚の肉を食べたあと。しかしこのごはん、ソースがしみ込んでいてこれまた絶品。おかずなしでこれだけでいけそうです。

 肉が大好きな人は、高尾山や富士山を飛び越えて、このエベレストにトライしてみてはいかがでしょうか?

●SHOP INFO

北海道焼肉 ふらの 肉割烹・日本橋店

店名:北海道焼肉 ふらの 肉割烹・日本橋店

住:東京都中央区日本橋室町1-5-15真光ビル1F
TEL:03-6214-3700
営:11:00~15:30(LO15:00)、17:00~23:00(LO22:30)
休:日

吉祥寺で発見! 「東京最高のレストラン」編集長が驚いたマニアック中華

〈2019 食通が惚れた店〉

平成から令和へと元号が変わった2019年。外食シーンにおいても、新しい時代の幕開けを感じさせる飲食店や、グルメにまつわるトピックスが盛りだくさん。そこで、グルメ情報を熟知した方々に、2019年に最も感動したお店について教えてもらいました。「2019年のNo.1」「2000円以下のプチプラグルメ」「2020年の注目店」をそれぞれご紹介します。今回は、食べロググルメ著名人の大木淳夫さんにお答えいただきました。


教えてくれる人:大木淳夫

1965年東京生まれ。ぴあ株式会社メディアクリエイティブ1部 部長。日本初のプロによる唯一の実名評価本「東京最高のレストラン」編集長を2001年の創刊より務めている。その他の編集作品に「なんでお店が儲からないのかを僕が解決する」「堀江貴文VS.鮨職人」(共に堀江貴文)、「東京とんかつ会議」(山本益博、マッキー牧元、河田剛)、「一食入魂」(小山薫堂)、「日本一江戸前鮨がわかる本」(早川光)、 「いまどき真っ当な料理店」(田中康夫)など。好きなジャンルは寿司とフレンチ。

2019年のNo.1飲食店


Q 2019年に行ったなかで、〈最も感動した飲食店〉はどこですか?

A 「中國菜 四川 雲蓉」です。
家賃が高騰し、ほぼチェーン店しか無い吉祥寺で、これほどのクオリティの中華と出会えるのかという驚き。通常メニューはもちろん、3日前までに要予約の四川伝統のマニアック料理は、食欲と好奇心を刺激してやまない。


Q そのお店で〈印象に残った一皿〉は?

A 「XOジャン」です。
おいしいお皿は多々あったのだけれど、連れを待つ間、ビールのアテにと軽い気持ちで頼んだら、いきなりそこから鍋を振って作り始めたので驚愕。このシェフ、只者ではないなと思った忘れ難い瞬間。

中國菜 四川 雲蓉
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-1 青雲堂右側
TEL0422-27-5988
営業時間11:30~14:30(L.O.14:00) 18:00~22:00(L.O.21:00)
定休日月曜日・火曜日(祝日の場合翌日定休)


2000円以下のプチプラグルメ


Q 2019年に行ったなかで、人におすすめしたい〈2000円以内のプチプライスで食べられる幸せ〉は何ですか?


A 「ヴァタニム」の「ラグモン」です。
キルギス出身のご主人が、オーダーが入ってから打ち始める(これが正式な流儀だとか)麺は、見ているだけで時を忘れる芸術品。そして食すと、麺のコシの強さにまたびっくり。それがやがて酸味と辛味を感じるソースのようなスープと絡まって、夢中で食べてしまう。連日、中央アジア出身の留学生らで行列が。

ラグモン 950円(税抜)
※「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額を掲載しております。最新の情報はお店の方にご確認ください。

ヴァタニム
住所東京都新宿区高田馬場3-33-3
TEL070-5544-8811
営業時間12:00~22:00(L.O.21:00) 中休みを頂く場合もございます 金曜日 14:00~22:00(L.O21:00)
定休日水曜日

2020年 注目のお店


Q 2020年、〈注目したい飲食店〉はどこですか?

A 「ル・シーニュ」です。
アラン・デュカスの薫陶を受けた上野シェフと曲者ソムリエ有馬さんのカウンターフレンチ。料理から立ち上る香り、酸味の使い方が素晴らしく、どこまで進化するのか注目したい。

ル・シーニュ
住所東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 6F
TEL03-3571-0005
営業時間18:00~23:00(L.O.21:00)
定休日日曜日


文:大木淳夫・食べログマガジン編集部

お取り寄せ絶品ご飯の供、梅沢富美男と押切もえのオススメ

毎日食べる「白ごはん」。より一層おいしく食べるために、「ご飯のお供」は欠かせない。そこで、食通として知られる2人の有名人に、絶品の“お取り寄せご飯のお供”を教えてもらった。

【和歌山県】南高梅はちみつ漬け
4182円(木箱入り 1kg)/風太郎梅干し
.
モデルやタレントとして活動する傍ら、執筆や絵画などの分野でも活躍する押切もえさんは、無添加にこだわった梅農家の自家製梅干しを紹介。

「実がふっくらと柔らかく、はちみつのほどよい甘さがクセになる。つい食べすぎてしまうので、一日2個まで、と決めています(笑い)」(押切さん)
.
【長崎県】生からすみ
2000円/松庫商店

 梅沢富美男劇団の座長として全国で公演を開催している梅沢富美男さん。日本中のおいしいものを食べてきた梅沢さんがおすすめするご飯のお供は、長崎県の生からすみ。大根おろしにのせたり、白身魚の刺身のしょうゆ代わりに使ったりするだけで贅沢な一品に。
.
「パスタなど料理のアレンジにも使いやすく、おもてなしのときに重宝します」(梅沢さん)
.
※女性セブン2020年1月16・23日号

九州で愛され続ける豚肉料理の名店&人気店6選

九州には日本を飛び越え、世界的にも有名なブランド肉やご当地肉料理がたくさん。定番の人気店から、穴場だけどこだわりが強い実力店まで、さっそく“肉遠征”に出かけよう!

■ 噛むほどに旨味がジュワッ!見えない仕事が光るモツ料理「もつ焼 塩田屋 白金店」

春吉に本店を構えるモツ焼き専門店。牛のタンやハツ刺し、牛や豚のモツを使う串焼き、牛モツをテールスープで蒸し焼きにした「中身焼」などが並ぶ。白金店には新潟出身の料理長が立ち、新潟の銘酒や旬菜旬魚も用意。新潟から直送される脂付きの豚のハツモトは、噛んだ瞬間に広がる甘味がクセに。5種類の牛ホルモンや旬菜が入る「中身焼」(1922円)は、特製の味噌ダレにつけて味わう。

[もつ焼 塩田屋 白金店]福岡県福岡市中央区白金1-15-7 ダイアパレス白金1F / 092-532-0255 / 18:00~翌1:30(LO) / 月曜休み(祝日の場合翌日)

■ 薄衣は香ばしく、身はしっとり!甘い脂がサラリと溶ける「かつきち」

開店8年目のトンカツダイニング。特注の生パン粉を薄く付け、100%純正の豚ラードで丁寧に揚げたトンカツは、衣から立ち昇る香ばしさとコクのある風味が格段にいい。昼は「ロースかつ定食」のほか、有機野菜のダシや豚の切り落とし肉、脂の旨味がとけた「ちゃんぽん」(各800円)も人気。5、6食限定の「特上ロース定食」(1300円)は夜のみ。店主の実家・唐津で自家栽培する米、有機野菜のサラダも美味。

[かつきち]福岡県福岡市南区大橋1-13-16 大黒ビル1F / 080-7989-4634 / 11:30~14:00(LO)、18:00~22:30(LO) / 日曜休み※祝日は夜のみ営業

■ 自社ブランドのあじ豚を重ねてジューシーさUP!「DINING GESCHMACK」

直営農場で育成されるコクと風味豊かな“あじ豚”で、郷土料理チキン南蛮をアレンジ。豚肉を重ねて揚げ、ジューシーさが際立つ。前菜やサラダに付く自家製ハムやソーセージも楽しみ。「あじ豚ロースミルフィーユ南蛮」(1300円)は、ミニ前菜、スープ、サラダ、ライス or パン付き。

[DINING GESCHMACK(ダイニング ゲシュマック)]宮崎県児湯郡川南町川南23028 / 0983-27-0878 / 11:00~15:00(LO14:30)、土曜・日曜・祝日10:30~、直売所10:00~18:00 / 第2水曜休み

■ トンカツひと筋で半世紀、世代を超えて愛される「とんかつ竹亭 鹿屋本店」

創業約50年、地元で高い支持を受ける専門店。肉はその日最良のものを厳選して仕入れ、丁寧に下ごしらえして揚げる。「上ひれかつ定食」(1400円)、「からあげ定食」(900円)なども人気。一番人気は「上とんかつ定食」(1100円)。ロースの脂身の甘さを感じ、ソースとの相性もいい。

[とんかつ竹亭 鹿屋本店]鹿児島県鹿屋市西大手町9-15 / 0994-43-3383 / 11:30~14:00、17:00~21:30 / 火曜休み

■ 黒豚の旨味を引き立てるのは秘伝のスープと地卵!「黒豚料理 あぢもり」

黒豚しゃぶしゃぶを世に広めた元祖店。まずバラ肉を秘伝のスープにくぐらせて食べ、ロースは地卵をスープで溶いたものにつけて食べるのが、黒豚の旨味を最大限に味わう極意。「特選豚しゃぶコース」(1人前4320円~、サービス料別、写真は3人前)は、バラとロースを味わえる。

[黒豚料理 あぢもり]鹿児島県鹿児島市千日町13-21 / 099-224-7634 / 11:30~14:30(LO13:00)、17:30~21:30(LO20:00) / 水曜休み 

■ 黒牛、黒豚、自社農場直送の高品質の肉を堪能!「焼肉 南州農場」

大隅半島にある自社農場の肉をリーズナブルに出す。特に牛は黒毛和牛A5ランク、黒豚は肥育から販売まで一貫生産されたもの。希少部位の上トントロを1人2枚サービスもうれしい。「鹿児島黒毛和牛ステーキ・ヒレステーキ」(100g3400円)は、赤身だが柔らかく女性に人気。

[焼肉 南州農場]鹿児島県鹿屋市田崎町464-5 / 0994-41-8198 / 17:30~21:30(LO) / 水曜休み

【料金の表記について】当記事に掲載している価格は、2019年9月時点の消費税8%込みのものです。消費税率の改定や店舗などの都合により、各種料金が変更されている場合があります。

ピンク・レディーの“育ての親”と…増田恵子のおすすめ寿司店

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、歌手・増田惠子さんの「すし処 佐藤」の「握り寿司」だ。

 2005年にピンク・レディーの育ての親、相馬一比古さんが亡くなられた時は、体がもぎとられたような喪失感がありました。そんななか、奥様のお誘いを受けて主人と伺ったのがこちらのお店。生前、相馬さんの行きつけだったお寿司屋さんです。とにかくネタが豊富で新鮮なのに驚いて。時々出かけるようになりました。

 これは主人に影響されたのですが、刺し身はつままず、いきなり握りからスタート。私の好みを知っている大将におまかせして、次々握っていただきます。キュッとすだちを搾った白身魚を塩でさっぱり食べるのも好き。でも何といってもマグロの首の部分の赤身が絶品! 最初は握りで、最後は鉄火巻きで二度いただきます。

こちらは酢飯が小さめで口に入れるとほろっとやわらかだから、ついつい食べすぎちゃう。いままで最高26貫も食べました(笑)。カウンターに座ると相馬さんがいまだに見守ってくれているような気がして──頑張ろう!って気分になれる、そんなお店ですね。(取材・文/沖村かなみ)

「すし処 佐藤」東京都目黒区下目黒3-5-1 梶浦ビル2F/営業時間:18:00~23:00閉店/定休日:月曜

グルメライター厳選!高円寺の絶品ランチ【ベスト5】

新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪

坦々麺/『中華銘菜 せん陽(せんよう)』 (東高円寺駅 徒歩7分)

坦々麺が大人気の有名店!こだわりの4度挽きされたゴマで作る芝麻醤を使っているため、とても香りがよい!ラー油の辛さと肉みその甘みがバランスよく混じりあい、絶妙!辛さだけではなく、品があるクリーミーさ♪広東料理と四川料理の両方を堪能できるのもポイント。ランチにはサラダもつきます!

■『中華銘菜 せん陽』[住所]東京都杉並区和田3-18-9 パークヒルズ東高円寺1F[TEL]03-6382-5320[営業時間]11時半~14時(金曜日はなし)、17時半~21時 ※ランチタイム有[休日]火曜日(不定休あり)、金曜日のランチ[座席]カウンター8席、テーブル12席、計20席/全席喫煙可(ランチ時不可)/カード不可/予約可(ランチはコースのみ可)/夜のみ席料300円(アミューズ付き)[アクセス]地下鉄丸の内線東高円寺1番出口より徒歩7分

玉子の天ぷら/『天すけ』(高円寺駅 徒歩3分)

常に行列が絶えない人気の天ぷら屋!「玉子ランチ」は他にはない逸品で、絶対に食べてほしい!なんと生卵を油に投入する斬新な天ぷらなんです!!サクサクするのに半熟という、なんとも不思議な味わいに、一瞬で魅了されます!絶妙なタレとご飯でもう箸が止まりません。もちろん卵の天ぷらだけにはとどまらず、海老やイカなど豪華に天ぷらが7点+味噌汁まで付くというから安い!コスパ抜群のランチです!!

■『天すけ』[住所]東京都杉並区高円寺北3-22-7 プラザ高円寺1F[TEL]03-3223-8505 [営業時間]12時~14時、18時~22時 ※昼は時間内に並んだ人まで ※ランチタイム有[休日]月曜日[座席]カウンター12席/カード不可/予約不可/サなし [アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩3分

肉汁つけうどん/『肉汁饂飩屋とこ井』(高円寺駅 徒歩3分)

どんと食べ応えのあるランチなら、こちらのうどんがおすすめ♪力強いコシと、お餅のような弾力が評判です!!お店の一番人気は「肉汁つけうどん」で、豚と魚介のだしが効いた定番です。麦の風味が抜群の自家製麺は、お好みによって、極太麺、細麺、ひもかわと選択可能なのも素敵!中盛や大盛にも変更できます。自慢の生麺はテイクアウトできるので、自宅でお店の味を楽しむのもいいですね。

■『肉汁饂飩屋とこ井』[住所]東京都杉並区高円寺南4-7-5 久万乃ビル1階[TEL]03-5913-8809[営業時間]11時半~16時、18時~23時半 ※ランチタイム有[休日]月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)[アクセス]JR中央線 高円寺駅から徒歩3分

薬膳仕立てのおこわ/『サルトリイバラ喫茶室』(高円寺駅 徒歩4分)

豊富な紅茶のメニューを提供している神秘的なカフェ。上品なブリティッシュグリーンの壁が、ゆっくりと落ち着ける空間を演出しています。喫茶室というだけあって少しレトロな雰囲気も。友達と語らいあうのではなく、ひとり静かに過ごせる憩いの場所です。 「薬膳のおこわ」は、もちもちで優しい味わい。素材の自然な甘みがじんわりと体中にしみわたります。紅茶はいろいろな種類があるので、ぜひ店員さんにおすすめを聞いてみてください。とても丁寧に説明してくれますよ。

■『サルトリイバラ喫茶室』[住所]東京都杉並区高円寺南3-46-2 2階[TEL]03-6383-2826[営業時間]12時~22時(21時15分LO)、日11時半~20時(19時45分LO)※ランチタイム有[休日]水曜日(不定休あり)[座席]カウンター6席、テーブル8席 計14席/全席禁煙/予約不可/カード不可[アクセス]JR中央線高円寺駅南口から徒歩4分

うな重/『小満津(こまつ)』(東高円寺駅 徒歩5分)

京橋に店を構え、かつて伝説のうなぎ屋と称されたお店の味を継承するのが孫にあたる現在の店主。江戸前の技術を忠実に守り、何度も返しながら焼き、時間をかけて蒸したうなぎは、身がふわふわできめ細かい滑らかな舌触りです。甘さ控え目すっきりしたタレがかかり、香り高い山椒をかけると、もうたまりません!ごはんはフワフワした柔らかめになっています。

「うな重」だけではなく、さまざまな単品料理も充実!うなぎをめいっぱい堪能できるちょっと贅沢なコースもあります。完全予約制なので、事前のご予約を忘れずに!

■『小満津(こまつ)』[住所]東京都杉並区和田3-62-3[TEL]080-8734-1091[営業時間]11時半~20時LO[休日]月曜日[座席]テーブル2席×1卓、4席×3卓 計14席/全席禁煙/1万円以上の場合のみカード可(手数料5%別)/前日までに要予約/サなし ※アルコール注文の場合のみお通し代540円別[アクセス]地下鉄丸ノ内線東高円寺駅1番出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

行ってみたい!“マダム”が通うレストラン

 リッチな“マダム”の女性は、普段どのようなお店で外食をしているのでしょうか? 実は50~60代のおしゃれマダムの女性たちは、こんなレストランに出没しているようですよ。

■GINZA SIX「タマリンド」

 GINZA SIXにあるインド料理専門店「タマリンド」は、インド人シェフが作る本場のインド料理が楽しめる場所。大人の舌をうならせる各種カレーの他、カニのツメが刺さっているカニのバターマサラ(4本)は、SNS映えもする一品です。マダムは普通のカレーに飽き足らず、本場のカレーがお気に入りのようです。

■XEX 日本橋「Salvatore Cuomo Bros.」

 イタリアン料理店「Salvatore Cuomo Bros.」では、上品にランチやディナーが楽しめます。ランチメニューでは、プライムリブのローストビーフや徳島県産阿波黒牛などからメインディッシュを自由に選べます。マダムともなれば舌が肥えているため、こうした肉のよしあしもはっきり分かるのでしょう。

 マダムに憧れの女性は、ぜひ一度訪れて堪能してみてはいかがでしょうか。

浦和「たかの」埼玉ピカイチの佐野ラーメン

JR京浜東北線「浦和駅」東口から徒歩20分かな? なんせ車で食べに行っているもんでね、たぶんそのぐらい。産業道路沿いにある佐野ラーメン「たかの」だ。

 夜は知らないけど昼時いつも行列の人気店。友人とお邪魔した。

 2人ともメチャメチャ腹が減っていたので、ボクは「塩ワンタン麺」のCセット(餃子+半ライス)。友人は「醤油ワンタン麺」のAセット(半チャーハン)を注文。

 竹で打つラーメン作りは一度経験したことがある。栃木県の佐野で大好きだった「とかの」のご主人に頼んで、麺工場を訪ね、太い孟宗竹で打たせてもらったことがある。でもこれが物凄く難しくて、とにかく片足で飛び跳ねながら麺を揉むんだけど、リズムを取るのに苦労した記憶がある。

 ここも竹で打った平打太麺だ。塩スープは極上の味わい、塩、油、旨味のバランスが見事で、ややウエーブのかかったツルツルシコシコの麺を頬張れば、
「ああ、なんて美味しいんだろう」
と溜息が漏れるほど旨い。焼豚はほどよく下味がついて柔らか、ワンタンは中華のセオリー通りのオーソドックスなものだけど、これもいいね。

 醤油ラーメンをちょっと味見させてもらうと、これもすこぶる旨い。ほどよい煮干の香り、旨味充実で、醤油のエッジが効いた味わいだ。またチャーハンはパラパラでいいね。餃子は特筆するものはなくごく普通の味わい。
麺をズルズル、ご飯をパクリ、餃子を頬張ってあっという間に完食。

 「このラーメンはすごいな、久々のヒットだね」
と友人。その通り。たぶん佐野の現地にあるラーメン屋のどこよりも美味しいかも知れない、いや関東でも相当なレベルだ。

 「ちょっと頼みすぎたな、腹が苦しいよ」

 「ご飯半分残せばよかったかも、今日は夕飯抜きにしよう」
こりゃ近所にあったら毎日通いたい店だね。

〈店舗データ〉
【住所】埼玉県さいたま市南区太田窪2-6-8 電話048-881-0930
【営業】火~土11時30分~15時 17時~21時 日・祝11時30分~20時
【休日】月曜日・第3火曜日
【アクセス】JR京浜東北線「浦和駅」東口から徒歩20分

とんかつ店に行列 「ロゼ色勢」も「格安勢」も好調

行列のできる店の動向は気になるもの。近年、特に元気なのがとんかつ店だ。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
 大衆食がブームだ。そういう話を聞くと、ちょっとした違和感を覚える。そもそも”大衆食”という言葉自体にも大衆に広く受け入れられるという意味も含まれている。”ブーム”と呼ばれるには、人気というだけでなく何か違いがあるはずだ。

 この10年ほどで、その位置づけが大きく変わった大衆食と言えば、とんかつが揚げられ……いや、挙げられる(ああ、書いてしまった)。10年前にはいつでも入れるとんかつ店だったのに、この数年で行列必至となった店が後を絶たない。

 象徴的なのが、東京・高田馬場のとんかつ店だ。1970年代から続く特ロースやカツ丼が旨い店は10年前は食事時でも待たずに入店できたのが、近年では20名ほど行列している光景をよく見かけるようになった。駅前の商業ビルの地下にある店や、新しくできたとんかつ店の前にも人が列をなしている。

 流れを大きく変えたのは2010年に高田馬場にオープンした「成蔵」だろう。店主はこの春、令和直前に高田馬場の店舗を弟子に引き継ぎ、いったんのれんをおろしたが、この店の登場が日本のとんかつシーンの分水嶺だったと言っていい。

 分厚いロースやヒレ(この店では「シャ豚(トン)ブリアン」と言う)を低温からじっくりと揚げ、内部がきれいなロゼ色に揚げ上がったタイミングで客に提供する。開店当初は客の認知を得るのに苦戦していたが、口にした客が客を呼び、ほどなく人気店に。客をさばきながら仕入れる肉やラード、揚げ方など全方位的に磨きをかけ、近年は長蛇の列への対応に苦慮するほどの人気店となっていた。

 そして「成蔵」の行列が伸び始めたこの数年、都内に新しいとんかつ店が次々に開店した。

 特に象徴的だったのが、内部をロゼ色に揚げるとんかつ店だ。リブロース、ロース、ヒレなど数種のかつを一口分ずつ揚げ、盛り合わせ定食風にしつらえた巣鴨の「亀かわ」(2017~2019年)はこの5月にのれんを畳んだが、その「亀かわ」の素地を作った、自称”とんかつマニア”という職人が揚げる神宮前の「七井戸」(2018年~)もそうだ。

ここにチェーン店も参入した。2017年、あの牛タンの「ねぎし」が手がける「ねぎポ」が有楽町から東京駅に向かうJRのガード下再開発飲食店街に入居。ロゼ色の断面と衣の白い「しろかつ」として絶賛売出し中だ。

 元気なのは、味わいを追求するロゼ色勢だけではない。ふだん使いできるリーズナブルなとんかつ店も人気だ。両国や御徒町、高田馬場などにはロースカツ定食が700~800円で食べられるとんかつ専門店があるし、チェーンで言うと「かつや」はロースカツ定食を690円で提供。さらに近年、牛丼の「松屋」が展開し始めたとんかつ業態、「松乃家」に至ってはロースカツ定食を530円で提供している。

「ロゼ色」と「格安」だけではない。明治38年創業の御徒町「ぽん多本家」をはじめ、「ポンチ軒」「旬香亭」などの洋食勢のとんかつの人気も高い。 1970年代以降、何度かのブームやトレンドをくぐり抜け、「ロゼ色」「格安」「洋食」などのカテゴライズも細分化され、日常の外食としてのとんかつは完全に定着した。令和はいよいよとんかつが「文化」として昇華される時代なのかもしれない。

王道からガツ盛りまで!地元民に愛される、東海エリアの“焼きそば”が旨い店4選

庶民派グルメの代表格“焼きそば”。地域によって麺の太さや味が異なり、さまざまな種類が楽しめる人気のグルメだが、今回は東海エリアの人気店を4つ紹介する。地元で愛され続ける味を、ぜひ楽しもう!

■ <愛知>瀬戸ではポピュラーな優しい甘さの醤油味

今ではご当地グルメとしても名高い“瀬戸焼そば”。醤油味の焼きそばを瀬戸に根付かせた今はなき名店「福助」の創業者のひ孫である店主が「一笑」(愛知県瀬戸市)で伝説の味を引き継いでいる。

週末17時過ぎには売り切れる日もあるという人気の「焼きそば」(並盛 450円)。生の中華麺は、蒸しあがると茶色に変色。麺と一緒に炒める具材はキャベツのみで、仕上げに醤油と一緒に炊いた豚肉がのる。ほんのり甘い醤油味は、「福助」時代の常連客も納得の味だ。

「一笑」住所:愛知県瀬戸市幸町53-1 / 時間:11:00~19:00※麺がなくなり次第終了 / 電話:080-6908-1400 / 休み:木曜、第4水曜

■ <愛知>地元のソースを使い、王道の味に仕上げる

1979年創業の、昔ながらのたたずまいを残すお好み焼き店「お好み焼き 鈴」。焼きそばは、シンプルに焼き上げるからこそできる素朴な味が評判だ。ソースは地元企業であるサンキョーヒカリのウスターソースを使用。さらっとしたソースをたっぷりかけて調理する。

「焼きそば」(デラックス 500円)は、キャベツ、豚肉、イカに目玉焼きをトッピング。コクや酸味の効いた王道のソースで仕上げられている。ご飯や味噌汁が付く定食(+200円)も人気だ。

「お好み焼き 鈴」住所:愛知県名古屋市南区明治1-7-10 / 時間:10:00~20:00(LO 19:30) / 電話:052-691-2580 / 休み:日曜、祝日、第3土曜

■ <岐阜>食べ応えのある極太麺のガツ盛り系焼きそば

客の99%が注文するという、ガツ盛り系の焼きそばが人気の店「五十番」(岐阜県中津川市)。かなり食べ応えがあるので、食欲旺盛な男性も満足できるほど食べ応えがあると評判だ。平日限定で約1.5倍とさらにボリュームのある焼きそば大盛り(700円)もある。

極太の自家製麺が人気の秘密という「焼きそば」(500円)は、前日に作った麺を一晩寝かせ、茹でてから焼き上げる。具材はモヤシとキャベツと豚肉、味付けは塩胡椒のみ。酢やラー油など、卓上に常備された調味料でアレンジしながら食べるのもおすすめだ。

「五十番」住所:岐阜県中津川市太田町2-2-10 / 時間:10:30~15:00、16:30~19:00 / 電話:0573-66-5336 / 休み:火曜

■ <岐阜県>パンチのある味噌味が黄身を絡めてマイルドに

多治見市が推奨するたじみそ焼きそばを味わえるのは26店舗。その1つである「有馬や」(岐阜県多治見市)は、味噌ダレとコチュジャンを合わせ、パンチのある甘辛い味に調整している。

「たじみそ焼きそば」(530円)は、皿ではなく、熱した鉄板プレートに盛り付け。具材はキャベツ、タマネギ、モヤシなど盛りだくさんで、半熟になった黄身を麺に絡めれば、また違った味わいが楽しめる。天かすを加えるのは、店主が母から受け継いだ家庭の味なのだとか。

「有馬や」住所:岐阜県多治見市豊岡町1-6-9 / 時間:11:30~15:00 / 電話:0572-24-6239 / 休み:日曜、祝日

隠れた名店がいっぱい。広尾・麻布のスイーツ専門店&カフェ5選

各国の大使館や閑静な住宅街が広がる広尾や麻布十番は、こぢんまりとしておしゃれなレストランやショップが隠れ家のように点在しています。今回は、広尾・麻布のカフェ&スイーツのお店を5つご紹介。黒豆スイーツ専門店や日本で初めてオープンしたフランス菓子専門店など、秘密にしておきたくなるようなお店ばかりです。

白と黒のロールケーキ。黒豆スイーツ専門店「しろいくろ」

麻布十番にある「しろいくろ」は、白と黒の2色で統一したスイーツや器、空間がとびきりシックな黒豆スイーツ専門店です。お店で使用する黒豆は、兵庫県丹波地方のものだけ。モノトーンカラーの黒豆スイーツや丹波焼きの器のセレクトにセンスが光ります。

全国の選りすぐりのスイーツを楽しめる「天現寺カフェ」

広尾駅から徒歩8分の「天現寺カフェ」は、東京にいながらにして全国のスイーツを楽しめるカフェ。“お取り寄せ”をコンセプトに全国から選りすぐりのスイーツを集め、お店で販売しています。ワンホール1万円以上の高級ケーキを1カットから気軽に味わってみることができますよ。

新鮮なフルーツを使った「ジェラテリア アクアパッツァ」

広尾商店街にある「ジェラテリア アクアパッツァ」は、イタリアの手作りジェラート「クレマモーレ」とコラボした、テイクアウト専門のジェラテリア。100種類以上のフレーバーから、日替わりで12種類が並びます。フレッシュなフルーツやミルクが使われているので素材の味をそのまま楽しめますよ。

伝統的なおいしさ。老舗フランス菓子専門店「ルコント」

有栖川宮記念公園の近くにある「A.Lecomte(ルコント) 広尾本店」は、日本初のフランス菓子専門店。子ねずみ型のかわいいシュークリーム「スウリー」やルビーのように美しい「ガトーフランボワーズ」など、伝統的なレシピを受け継いだ、人気のスイーツの数々をご紹介します。

屋上テラス席が人気のカフェ「レ・グラン・ザルブル」

大きな木とツリーハウスが目印の、広尾の路地裏にあるカフェ「レ・グラン・ザルブル」。カフェタイムにも楽しめる豊富なデザートも魅力のひとつです。輪切りのバナナがきれいに盛りつけられた「バナナのタルト」のほか、季節限定のタルトや直径10㎝のふわふわパンケーキも気になります。

*****
いかがでしたか?どのお店も甘党にはたまらないこだわりのスイーツがそろっています。ぜひ参考に出かけてみてくださいね。

表参道駅ネオファスト蕎麦屋「みよた」の極みかつ丼セットが絶品すぎる

立ち喰い蕎麦不毛の地、表参道へ。少し前には玉川屋というオシャレな店構えの立ち喰い蕎麦屋が一軒あったが残念ながら閉店してしまった。

今回はそんな不毛の地に突如現れた、立ち喰い蕎麦屋にしては高級だが普通のお蕎麦屋さんに比べると少しリーズナブルなネオファスト蕎麦屋「みよた」を紹介しよう。

■高級感漂うカウンターのみの店

平日昼時はいつも行列ができている。台風の日の16時に入ったので行列はなかったものの中は満席というかなりの人気店。

カウンター席のみ、中の厨房には高級そば店さながら白衣と白帽子をかぶった料理人が何人かいる。店頭も店内も厨房も全て清潔感があり居心地がいい。期待大。

■絶品! 極みカツ丼セット

メニューは定番の物は勿論、季節物やこの店オリジナルの蕎麦にグリーンカレーうどんと種類が豊富。

迷いに迷って「極みカツ丼(小+もりそば」のセットを注文。中の料理人達の丁寧な仕事をみながら待つこと5分。

到着。やっぱりカツ丼は絵の力凄い。

蕎麦のアップ。この写真をみながら日本酒呑めるくらいの美しい蕎麦。

ズバッと啜る。冷水でしっかりしめられたコシのある蕎麦は喉越し良好。長めに切ってあるのでたっぷり手繰りたっぷり啜る。

麺の量も多いので大満足。

かつ丼は(小)なので三切れだったがかなりの肉厚。そして噛むたびに身がしまっているが切れ味のいいカツは豚肉の旨味ギッシリ詰まっていた。玉子との相性もいい。

蕎麦と一緒に食べかなり満腹。

もりそばの場合食べ終わったタイミングを見計らってそば湯が提供される。つゆをそば湯で割ってほっと一息。落ち着きながら思いにふける、「これで840円はそばらしい(素晴らしい)」。

皆さんも是非、絶品極みカツ丼セットを食べに表参道「みよた」に足を運んでみてはいかがでしょうか?
啜るか啜らないかはあなた次第です。

住所
東京都港区南青山3-12-13

鮮度抜群の「塩ホルモン」をワサビやユズコショウで…昭和テイストの焼肉店

『孤独のグルメ』の漫画、ドラマに登場する多くの飲食店の中でも特に人気が高い焼き肉。主人公・井之頭五郎の食いっぷりにファンを沸かせた名店を紹介!

◆ワサビにつけて食す 鮮度抜群の塩ホルモンが絶品
~板橋区板橋の焼肉ホルモン『山源』~

 『孤独のグルメ』に取り上げられた焼肉屋の中でも、ホルモンをはじめとする内臓系をメインメニューにした店が、シーズン3に登場した「ホルモン焼 山源」。先代夫婦が始めた家族経営のお店で、地元の人々に愛され続けて30年だ。

 まず食うべきはほとんどの常連客のお目当てだという、塩味のホルモン。ひと皿で大腸と小腸の2種類のホルモンが楽しめる。七輪の脇にはペットボトルに入った水が置いてあり、火が大きくなったら消しながら食すのが、この店の流儀。

 ほかにも内臓系ではハツやコメカミ、ナンコツなどが人気で種類も豊富。すべて500円以下とお手頃だ。もちろん、どれもピカピカ光っていて新鮮そのもの。お店のこだわりが素人目にもすぐわかる。

 焼き物はタレもあるが、当店で圧倒的に人気なのは、どれも塩。チューブ入りのワサビかユズコショウをつけて食べるのが山源流だ。

 昭和テイストの店内にもうもうと立ちこめる煙。それも込みで楽しめるのが、山源の魅力である。

苦しければ60歳から年金繰り上げ受給を 損を覚悟で割り切るのも手1

 夫が定年後に再雇用で働き、給料は大きく下がった。それでも年下の妻が専業主婦を続けるケースでは、夫の年金受給が始まる65歳までの“無年金の5年間”を乗り切ることが家計の大問題になる。

 そのとき、貯金や退職金を取り崩すくらいなら、妻が60歳になった時点で妻の年金を繰り上げ受給し、家計を補填するという選択肢がある。

 専業主婦で基礎年金だけであれば妻の年金は多くない。35年加入としても年額約69万円だ。60歳から繰り上げ受給すれば3割カットの約48万円に減額されるものの、月に4万円の“定期収入”を確保できれば生活を極端に切り詰めなくても済むかもしれない。

 妻が年下の場合は、妻の年金を繰り上げても、夫が65歳になって年金受給が始まれば夫の年金に「加給年金」(最高38万9800円)が上乗せされる。妻が65歳になれば「振替加算」に切り替わる。

 年金の繰り上げ受給には「損益分岐点」がある。たとえば、60歳から年金を受給した場合、「76歳8か月」より長生きすると、65歳受給開始よりもらえる年金総額は少なくなる。日本人男性の平均寿命は約81歳だから、計算上は繰り上げは損をする可能性が高い。「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏が語る。

「だからといって、体の自由が利かなくなってから多くの年金をもらっても使えない。60代から収入に不安があり、いざというときに売れるような資産がなければ、割り切って夫婦で繰り上げを選択し、生涯受給額で損することを承知で60代でできるだけ多くの年金を受け取ってもいい」

 この年代は夫や妻が病気になったり、親の介護費用などで予想以上に出費がかさむことも多い。

 60代で最も多くの年金を受給できるのは夫婦で60歳の繰り上げ受給を選択することだ。夫婦の年金が月額約22万円であれば、支給額は約15万4000円に減るが、60代のうちに総額約1848万円の年金を受け取ることができる。

「夫婦の年金」では、「どう増やすか」だけではなく、「何に使うか」も、重要なテーマだ。

本命を誘うなら焼鳥でしょ!?雰囲気が大人すぎる絶品焼鳥店5選

煙もくもくのワイガヤな焼鳥もいいけれど、デート使いにはもちろん向かない。そこで今回は、“デートに使える”という観点のもとに選んだ、お洒落な焼鳥屋5軒をご紹介。美味しくて、店内の雰囲気が素敵なことはもちろん、焼鳥屋らしからぬメニューや酒がそろっているのもポイントです。

丸みが出るよう打った串が肉食女子の心をわし掴み!『焼鳥 うの』

わざわざこの一軒のために訪れる、という立地からも期待や特別感が高まる。カジュアルな空間からは意外なほど椅子の座り心地の良さが抜群で、つい長居をしてしまいそうだ。

カウンターの中央から供される焼鳥は、店主の宇野誠一氏が惚れ込んだ福島の伊達鶏を使用。厚めに串打ちをすることで、食べた瞬間の歯応えや旨みがより印象深く残る。「背肝」や「ひざ軟骨」など、希少部位の扱いも豊富なので、初めて食べる串に会話も盛り上がるだろう。

おまかせでオーダーすれば、合間に15種類以上そろう上質な野菜を挟みつつ、テンポ良く供してくれる。

隠れ家気分のカウンターでこだわりの鶏とワインを楽しむ『炭火焼き鳥とワインのお店 Gallo四谷』

四谷三丁目

こだわりのイタリアワインと、薩摩の知覧鶏など銘柄鶏を使った鶏料理が評判の同店。オーナー自らが現地ワイナリーに足を運びセレクトした小規模生産のオーガニックワインは、赤・白合わせて約150種。

さらにそのイタリアワインに合うメニューの研究に日々没頭するというシェフのこだわりぶりは、本来豚を加工肉にするフレンチの技法を応用した自家製「シャルキュ鶏ー(シャルキュトリー)」という人気メニューを生み出した。店内奥にはシェフズテーブルのようなカウンター席もあり、とっておきのデートを楽しみたいときにはオススメだ。

欲張りな女心をくすぐる。ひと味違う一品料理の数々『喜鈴』

恵比寿

焼き台に立つ社長の鈴木淳二氏、一品料理を作る料理長の出田啓二氏、接客を担当する店長の小石高運氏の3人のほど良い距離感のもてなしに、肩ひじ張らず寛いで食事を楽しむことができる一軒。丹波黒鶏をメインに使用する焼鳥が秀逸なことに加え、一品料理が他の焼鳥店と一線を画する。

たとえば、「あんかけ出汁焼き玉子」は、茨城県産の紅孔雀の卵をオムレツのように焼き上げ、鰹出汁のあんをまとわせた逸品。「白湯ラーメン」は、オリジナルの竹炭麺と、丹波黒鶏のガラを10時間以上煮込んだまろやかな白湯が、インパクト抜群で〆に最適だ。

幻の鶏とビオワインを気軽に楽しめる『炭火焼 MARU』

中目黒

隠れ家的な名店の激戦区・中目黒エリアからは、幻の地鶏と呼ばれる熊本産「天草大王」を使用した鶏メニューが評判の店をご紹介。熊本コーチンや大軍鶏の掛け合わせから生まれた天草大王は、それぞれの長所を受け継ぎつつ、オス肉は野性味を残すジビエ的な味わい、メス肉は繊維が細かく柔らかい脂の味わいが特徴。

そんな自慢の鶏メニューに合わせたいのが、同店のオーナー自らがセレクトした厳選ビオワイン。飲みすぎても翌日に響きにくく、コストパフォーマンスが高いのもうれしい。ワイン好きな彼女なら、巨大ワイングラスで乾杯なんてサプライズも可能だ。

フレンチと焼き鳥のイイトコドリが実現!『焼き鳥JITAN』

幡ヶ谷

錦糸町にあるビストロ『キュイジーヌ エ ビンジタン』の姉妹店としてオープン。フレンチ出身のシェフによる、日本の伝統料理である焼鳥に古典的なフレンチの技法を加えたメニューが味わえる。厨房には、焼き台はもちろん、コンベクションオーブンを完備し、火入れも絶妙で実に秀逸。

タレには、ポートワインなどを入れることで、100種以上そろうワインとも寄り添う味わいに仕上げている。フォアグラのテリーヌ、鴨の生ハム、焼き物6種、スープが付いたお得な「焼き鳥JITANセット」(¥3,024)もうれしい限り。

新しい和食をたのしめる おいしくてかわいい和食のお店3選♡

日本の伝統食であり、世界遺産にも登録された“和食”。洋食やイタリアンなどの食べ物やレストランが増えて、朝食にはお米ではなくパンを食べる人も多くなっているなど、和食離れも心配されています。でも、和食って値段も高いし、自分で作るのも大変そう……。今回は気軽に和の料理やスイーツを楽しむことができる、フードショップ3選をご紹介します。

キーワードは「和」! 豆乳・きび砂糖を使用したヘルシーなジェラートショップ
ニューオープンする『Gelateria TIE-AN(ジェラテリア たいあん)』は、 「もし、千利休が今の時代に暮らし、お客様をもてなすためのジェラートの茶室を作るとしたら…」というちょっと変わった発想から生まれたジェラートショップ。ショップ名にちなんで、2016年9月10日(土)の大安に渋谷ヒカリエに誕生します。

女性に優しい豆乳やきび砂糖をベースに使ったジェラートはカロリー控えめで、大豆の風味が広がる優しい甘さのジェラート。定番フレーバー12種類に加えて、日本の四季を感じさせる季節限定フレーバーもショーケースに並びます。

また、ジェラートの他にも、お口休めにもなる煎餅や、小麦粉を使わないヘルシークレープ、野菜たっぷりで話題のクレンズスープなど、洋を取り入れたフードも楽しめます。オリジナルブレンドのお茶や和雑貨も販売されているので、ジェラートを楽しみながら存分に和の世界に浸れますよ。

『Gelateria TIE-AN(ジェラテリア たいあん)』

オープン日:2016年9月10日(土)大安
時間:10:00~21:00
場所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2F
Gelateria TIE-AN

四季折々の食材が楽しめる『自遊庵』で、きのこ尽くしの和食やスイーツを楽しむ
三越日本橋本店の食品フロアにある『自遊庵』では、季節に合わせた素材を使ったフードやスイーツ、ドリンクが用意されており、日本の食文化を五感で体感しながら楽しむことができます。2016年8月24日(水)~9月13日(火)の期間のテーマは「きのこ」。10種類のきのこを使って、それぞれの旨みや食感を最大限に生かしたメニューが登場します。

様々なきのことなめ茸のあんを絡めた贅沢なきのこづくしの「香りきのこの紙包み焼き御膳」、牛しゃぶ肉・サーモン・鯛などと一緒にきのこあんが楽しめる「手まり寿司~3種きのこの香味あん添え~」などの食事メニューは、メイン料理にスイーツまでついたフルセットメニューで旬の味を堪能できます。

また、こんにゃく寒天ゼリーとなめこシロップを合わせた「ぷるぷるきのこシロップで食べるこんにゃく寒天ゼリー」や、アールグレーの生地とローストホワイトマッシュルームを使ったタルト菓子のような「きのこクラフTea」などのスイーツもあるので、きのこの新たな一面を知ることができますよ。

『自遊庵』「きのこ」メニュー

期間:2016年8月24日(水)~9月13日(火)
時間:10:30~19:30
場所:東京都中央区日本橋室町1-4-1 三越日本橋本店 本館地下1F
三越日本橋本店

東京都初登場! 名物“手かき氷”がカフェスタンド『櫻ノ茶屋』の夏季限定メニューに
“茶屋”をモチーフにしたカフェスタンド『櫻ノ茶屋』では、和の食材を使ったディップを組み合わせた「ジャパニーズフライドポテト」や、京都宇治のほうじ茶を使った和風フレーバーのソフトクリームが堪能できます。2016年8月1日(金)~2016年9月中旬までは夏季限定メニューとして、福井の老舗和菓子店「羽二重餅總本舗 松岡軒」がプロデュースした“手かき氷”を販売。東京都初登場となる名物かき氷です。

2016年8月1日(金)~2016年9月中旬までは夏季限定メニューとして、福井の老舗和菓子店「羽二重餅總本舗 松岡軒」がプロデュースした“手かき氷”を販売。東京都初登場となる名物かき氷です。

おそらく日本トップクラスのカルビが食べられる焼肉屋 / 焼肉サラリーマン

カルビ
800円

焼肉の王様といえば、カルビである。程よい脂と赤身のバランス。そして柔らかくてジューシーな肉質。そこにダメ押しで濃厚なタレが染み込み、焼かれることによって旨味と香ばしさが増す。

・ここだけのカルビ
サシが入っている和牛がいい、赤身が多いアメリカン系がいい、人によってカルビの好みは様々だが、今回ご紹介する焼肉屋は、800円という価格で3000円レベル、いや、それ以上のお金を払っても食べられない「ここだけのカルビ」が食べられる店。

・客のほとんどが地域住民
東京都にある焼肉屋「焼肉サラリーマン」(東京都荒川区西日暮里3-13-2)である。海外でも人気の商店街「谷中銀座」の入り口に位置する焼肉屋で、ほとんどの観光客が谷中銀座の店に入り、「焼肉サラリーマン」に入るのは稀。それもそのはず、客のほとんどが地域住民なのである。

・谷中銀座=焼肉サラリーマン
そもそも、谷中銀座に観光にきて焼肉屋に入ろうと思わないのは当然かもしれないが、一度でも「焼肉サラリーマン」のカルビの味を知ってしまうと、「谷中銀座=焼肉サラリーマン」という方程式しか成り立たなくなる。

・ライスと一緒に食べて
ここのカルビはじっくり焼いて、コゲが少しついたくらいが美味。タレも出されるが、まずはなにもつけずに、ライスと一緒に食べてほしい。食べた瞬間、カルビがビッグバンを起こし、「このカルビのどこにそんな大量の旨味エキスが!?」と思うほど、旨味と甘味が迸(ほとばし)る!

・我慢しないと今にも声に出そう
甘味と塩味が旨味を生み、旨味エキスとなってライスの美味しさを昇華させる。正直、心の底から美味しさの感動を叫びたくなるが、我慢して無言になり、カルビが放つ旨味を堪能する。そう、我慢しないと今にも声に出そうなのだ。うまいぞおおおおお! と。

・カルビが一番ベストな状態
おそらく、肉質がカルビとして適切なのはもちろんのこと、仕込みにかなり時間と手間をかけている。30年以上前から続く「絶品ダレ」の安定と吟味はもちろんのこと、どうすれば「タレがカルビを盛り上げるのか」を徹底して追求。カルビが一番ベストな状態になるよう、しっかり考えて調理されているのだ。

肉の価値でいえば、断然、高級焼肉屋のほうが上だろう。しかし、グルメにとっての評価基準は「食べた人が美味しいと感じるかどうか」「満足できるかどうか」という点である。その視点からみれば、「焼肉サラリーマン」は数万円の高級焼肉屋と比べても遜色ないレベルといえる。

・現在82歳の女将さんが一人で経営
ちなみに「焼肉サラリーマン」はいまから30年以上前にオープンし、現在82歳の女将さんが一人で経営している。人生の積み重ねによる美味しさが、このカルビには秘められている。一年、五年、十年では出せない味。「焼肉サラリーマン」で堪能してみてはいかがだろうか。

この店では、女将さんの手作りの小鉢がいくつか出されることがある。あくまで女将さんの善意であり、無料。今回はタマネギの鰹節まぶしと、きんぴらごぼうが出された。出ないときもある。出たらラッキーと思おう。また、「笑点」のピンク氏はこの店の常連でもである。もしかすると「笑点」のピンク氏に出会えるかもしれない!?

昼酒は背徳感がイイ! 地元京都の“プロ”が教える名店

暑い京都の夏。たまには昼間から居酒屋で涼をとってみては? 酒場知識の豊富な料理家・小平泰子さんと、ライター・泡☆盛子さんが、真夏の昼酒場について語り合います。

* *  *

泡:今回は穴場の「夏京都」なので、昼酒場を紹介していただきました。日が長い今の時期なら、たっぷり昼呑みできますし。

小平:昼酒大好き! 『ザ・ノーザンライツ コーナー』は、おっちゃん系昼酒エリア(『京極スタンド』『たつみ』と2大老舗酒場のある地)に煌めくオシャンな光! 立ち呑みシャンパンとかイケすぎですよね~。

泡:外酒好きな私にはテラス席がたまらないです。道行く人に見られながら呑む背徳感(笑)。

小平:『オーディスコ』もわりとのぞき込まれる(笑)。ここのガレットは本場顔負けでほんまにおいしいですよね。私は豚足の1本焼きも大のお気に入りで、コラーゲン補給しつつワインをグビる、グビる!

泡:バー、ビストロときたら、 和の店もイッときましょうか。

小平:『六軒』はあの場所がま ず面白い。昔は色っぽい街やっ たところでね。近くにできた銭 湯『梅湯』とセットでぜひ!

泡:出た、風呂好きトーク。

小平:夏の夕方に旅先で銭湯、って最高でしょー。

泡:『六軒』は店内に小説やマ ンガも置いてあるので、私みたいに人見知りなひとり酒派も構えず過ごせるのがいいですわぁ。

小平:モツ煮込みのおいしさも 忘れんといてよ~。いろんな部位が入ってるのが嬉しいよね

泡:『まんぼ』は私がおすすめ して気に入ってくれはったよね。

小平:あのまんぼ焼は衝撃的やった~。かくし味にタクアン入ってんのがめっちゃイイ。雰囲気もたまらんものがあります。

泡:観光の娘さんたちはちょっと入るのにためらうかもですね。 でも、お店の人も話してみると優しいし、安心してどうぞ。

小平:私なら、近くのラーメン屋『第一旭』とはしごするな。

泡:さすがっす。一転して、街中の『もみじ』は今ドキの店ですね。ここもよう流行ってる。

小平:お造りも焼き鳥も何でも あるからちょうどいいんですよ。 誰と行っても受け止めてくれるというか。あと、お酒が安い。

泡:んもう、ランチ食べてる暇ないほど行きたい店ばっかり!

◇ザ・ノーザンライツ コーナーの、2ウォッカベースでライムが香るカイピロスカ¥1,100。自分のための一杯が作られていくのを見る楽しみも。

◇AU DISCOの田舎風パテ¥800。しっとり&ねっとりとした食感が濃厚で、エロ旨い!

◇泡☆盛子さん(左)・京都在住ライター。公私ともに生活のほとんどが食べ物と酒絡み。酔うとカツサンドを欲しがる。小平泰子さん(右)・京都生まれの料理家にしてソムリエ。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰。酔うとエロい。

東京駅で美味しく腹ごしらえ!【ランチ】おすすめ4選

『米どころん』~早く食べてゆっくりお土産を選ぶ【さっくり派】

『米どころん』は、家庭的な温かさが魅力の定食を豊富に揃える。新潟のスーパーを母体とし、自社で展開する循環型農業により作られた特別栽培米を使い、釜でピカピカに炊き上げたご飯はおかわり自由。メニューにサラダが付き、野菜も摂れるよう配慮。
定食は終日注文でき、夜はしっかり飲んだ上で定食を平らげるお客さんもいるとか。

[場所]グランアージュB1F(エキソト) [TEL]03-5218-5557 [営]11時~23時(22時半LO)、土・日・祝11時~21時(20時半LO) [休]12月31日~1月3日 [席]カウンターあり。計56席/15時以降は分煙 [交]1階八重洲中央口改札から徒歩7分

『もつ焼き 栄司』~早く食べてゆっくりお土産を選ぶ【さっくり派】

『もつ焼き 栄司』の豚肩ロースは、低温調理で手間をかけて作られているのでとても柔らか。オーダー後に表面をカリッと焼き上げ、熱々の鉄板で出される様には心が躍るはず。すりおろし野菜がたっぷり入った甘辛い特製タレと一緒にご飯をかっ込みたくなる旨さだ。ご飯はおかわり自由でほとんどの客が頼むそう。数量限定なので売り切れ注意。

[場所]キッチンストリート1階(エキソト) [TEL]03-5220-3003 [営]11時~23時(22時半LO)、土・日・祝11時~23時(22時LO)、ランチは14時LO [休]1月1日 [席]カウンターあり。計44席/14時以降は分煙 [交]八重洲北口改札から徒歩4分

『HAMBURG WORKS』~お腹と心を満たして帰宅の準備を【じっくり派】

『HAMBURG WORKS』のハンバーグは、厳選国産牛と黒毛和牛のA4・A5のみを使った牛肉100%。ジューシーなのに脂がくどくないのはモモがメインだから。フレッシュな果物などを使った手作りドレッシングを使用し、朝獲れ野菜がたっぷり入った「10品目の野菜サラダ」と日替わりスープも非常に美味。ご飯同様、おかわりできるのがうれしい。

[場所]グランルーフ フロントB1F(エキソト)[TEL]03-5222-6129 [営]10時~23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO、ランチは15時LO) [休]無休 [席]カウンターあり。計47席/全席禁煙 [交]1階八重洲中央口改札から徒歩4分

『富山 白えび亭 東京駅店』~お腹と心を満たして帰宅の準備を【じっくり派】

『富山 白えび亭 東京駅店』では、繊細な味わいとやさしい甘みが特長の白エビが、抜群の鮮度でいただける。本店は富山駅前にあり、2016年11月にオープンしたこの東京駅店は白エビの美味しさを伝える旗艦店としての役割。 「富山湾の宝石」とも呼ばれるのは、富山湾でしか生息していないというその希少性から。「白えび刺身丼」には、職人が丁寧に大切に手で剥いた白エビがおよそ90匹。この丼の注文で薄衣の天ぷらも楽しめる。

[場所]東京駅一番街B1F(エキソト)[TEL]03-5223-0525 [営]10時~23時(22時半LO) [休]無休 [席]カウンターあり。計24席/全席禁煙/カード不可/サなし [交]1階八重洲中央口改札から徒歩2分

おにぎりの名店・大塚「ぼんご」を知っているか

おにぎり専門店「ぼんご」でおにぎり職人の手さばきにほれぼれ

子どものころは運動会や遠足、勉強中の夜食に。大人になっても忙しい仕事の合間や、お弁当に……。みんなが大好きな、おにぎり。口の中いっぱいに頬張った時の幸せは、とてもここでは書き表せないほど。

そんなおにぎりの専門店が、東京の大塚にあります。その名は「ぼんご」。なんとこちら、1960年創業の老舗店! おにぎり好きなら必ず一度はこの店名を耳にしたことがあるはずです。

具の種類の多さ

お店は大塚駅北口から徒歩3分ほど。都電荒川線の線路すぐ手前です。電飾つきの大きな看板が目印。店内はカウンターのみ。調理場をグルリと取り囲んだ座席は、まるで対面式の寿司店のようです。

「ぼんご」の大きな魅力のひとつが、具の種類の多さ。壁一面に貼られたメニューは、現在は全部で56種類。さらに値段は、一部のメニューを除いてすべて250円。リーズナブルかつ豊富なバリエーションに、初めての来店では大いに迷うこと必至!

なかなか注文が決まらないので、壁に貼られたおすすめの具材ベスト10を参考にしていると……えっ!? トッピングって何!? どうやら、おにぎり一つにつき50円の追加で具材が二種類選べるシステムらしい……。おー、さらに迷ってしまうじゃないか!

注文を受けてから握り始めるシステム

何を頼むか決まったところで、ようやくオーダー。焼きたらこ(250円)と、豚キムチ(250円)。そして「ぼんご」で一番高級なメニュー・筋子(550円)に+50円で鮭をトッピングした計三種を注文しました。 「ぼんご」は、注文を受けてから握り始めるシステムです。ここで、おにぎり職人の店長からありがたい申し出が。

「せっかく取材に来てくれたんだし、今日はゆっくり説明しながら握ろうか!」

なんと、「ぼんご」のおにぎりの作り方をこの場で教えてもらえることになりました! 握る現場を間近でじっくり見せてもらえるなんて……これはうれしい!

「ぼんご」のおにぎりの作り方

まずは、ごはんを握りこぶしくらいのサイズでつかみ、真ん中を軽くへこませます。「ぼんご」ではガス炊きのため、ごはんは遠目からでもわかるくらいにふっくらした炊きあがり。

店長「『ぼんご』のおにぎりはかなり大きめにしてあるよ。男性なら二個、三個ぺろっと食べちゃうけど、女性は一個でもお腹いっぱいになっちゃうみたいだね。」

ちなみに筆者は一般の男性よりも食欲があるので、三個食べる気満々です。
ある程度かたち作られたごはんの上に具をた~っぷりと乗せます。どの角度から食べても具にあたるよう、本当にたっぷり!

店長「うちのおにぎりは具だくさんって言われてるけど、これは『米とオカズ』がコンセプトになってるから。『米とオカズを一度に食べてる』って感覚になってもらいたいんだよね」

こちらは例の海鮮親子にぎり、筋子と鮭。もはや、ちゃんとおにぎりとして収まるのか!? ってくらいの量ですね。

店長「二種類トッピングでこのボリュームだからね。三種類、四種類のトッピングオーダーをされると、かなり大変。もう爆弾おにぎりみたいになっちゃうよね(笑)」

具を乗せたら、小さめに握ったごはんでおにぎりにフタをします。この時、ぎゅぎゅっと固めるのではなく、あくまでも上に乗せていく、という感覚で一体化させていきます。

店長「うちのおにぎりは、お米が口の中でホロっとほどけるくらいに柔らかく握るのが特長だからね。これも『はんとオカズ』のイメージを大事にしてるからこその食感なんだよ」

続いて、のりを巻いていきます。きつく巻き付けるのではなく、おにぎりをやさしく包み込むように……。
のりが巻けたら、まな板の平らな部分をつかって、すべての面をまっすぐに整えます。こうすることでキレイな三角型が作られるのです。

最後に具をひと掴みして、てっぺんに乗せます。これで完成!

握り方や食感は江戸前寿司と同じ

ちなみに、本来だとおにぎり一つを握る時間は30秒もかからないんです。電光石火の早業で出来上がるので、注文の後で作り始めてもお客さんを待たせることはほとんどありません。これぞ職人芸!

店長「握り方の要領も、口の中に入れた後の食感も、実は江戸前寿司と同じなんだ。どうやら東京の人って、押し寿司みたいな固いごはんより、こういうホロっとした食感が好きみたいだね」

なんでも店長、以前は和食の料理人で、寿司を握っていたこともあったのだとか。鮮やかな手さばきの源流は本格和食にあったのです!

そしてついに、目の前に出来たてのおにぎり三種が現れました。左から、筋子+鮭、豚キムチ、焼きたらこ。せっかくなので豆腐の味噌汁(170円)もつけちゃいます! ちなみに、時間帯によっては平日セットや土日限定セットなど、おにぎりと味噌汁がセットになったお得なメニューも食べられますよ。

下の方から食べ進めていくとキレイに食べられる

ではさっそくおにぎりを実食。具材の乗ったてっぺんから頬張ろうとすると、ご主人からアドバイスが飛んできました。

店長「うちのおにぎりは、てっぺんからじゃなく、下の方から食べ進めていくとキレイに食べられるよ」

「ぼんご」のおにぎりは、とっても柔らかいため、てっぺんから思いっきりかぶりつくと三角の山が決壊してしまうのです。おにぎりがくずれてしまうと、お皿の上でフツウに白米とオカズを食べることになってしまうので、ご注意を! 店長が心をこめて握ってくれたおにぎりたち。そのお味はというと……はっきり言いましょう。絶品です。

先ほどからご主人の説明に出てくる「柔らかい」「ホロっと」の意味がようやくわかりました。口の中でお米が一気にほどけて、そこからみっちり詰まった具が溢れ出てくる……。おにぎりにこんな表現アリなのか謎ですけど、最高の口溶けです。本当に美味しい。「ぼんご」のおにぎりに出会えて良かった、って心から思いましたもん。

そして、具材もひとつひとつがとても丁寧に作られているのがわかります。特に豚キムチなんて、定食屋さんで出されているオカズのように味付けもしっかり。無我夢中で食べ進めた結果、「女性なら一個で十分」と言われたのに……キレイに三個完食いたしました……。

こだわりはおにぎりの出来たての美味しさ

すでに創業56年を迎えた「ぼんご」。地元で愛され続けているだけでなく、わざわざ遠くからおにぎりを食べにやってくる若者たちも増えてきたのだとか。いつもお客さんに明るい笑顔を振りまいてくれる女将さんに、近年の「ぼんご」について話を聞いてみました。

女将「なぜかみんな片っ端から、具材を試していくのよ。それでひととおり食べたら、今度はトッピングで自分なりのアレンジを楽しみ始めるの。特に若い人は発想が面白いわね。『明太クリームチーズと筋子』をオーダーされた時はびっくりしたけど、意外と美味しかったし。自分たちでも考えつかなかったアイデアをお客さんがくれたりして楽しいわ」

通常で56種類。トッピングの組み合わせを含めればさらに無限となるメニュー数。今後も減らすつもりはないそうです。

女将「例えば紅しょうがなんか、単品ではほとんで出ないんだけど、トッピングでは大人気なの。昔は梅とかこんぶとか、保存食ばかりだった具材が、今じゃ焼き肉や、カレー、サラダまであるんだもの。おにぎりに合えばもう何でもありかな(笑)」

また、「ぼんご」が強くこだわっているのは、やはりおにぎりの出来たての美味しさだといいます。

女将「この前、数十年間持ち帰り専門だった常連さんが、初めて店内で食べて行ってくれたんだけど、感動してたわ。すぐ食べた方が何倍も美味しいって。持ち帰りでも十分美味しいって言ってもらえるけど、出来たてはやっぱり違うから。ぜひ、お持ち帰り派の方にもお店で食べてみてもらいたいわね」そして店長も、並々ならぬ熱い心で「ぼんご」のおにぎりを握り続けています。

店長「私が目標としているのは、おにぎりとしての完成度をさらに高めていくこと。『ごはん+オカズ』に限りなく近い、究極の柔らかさのおにぎりを極めていきたいと思ってます!」

一度その味を知ってしまえば、半永久的に通いたくなるお店「ぼんご」。ぜひ皆さんもこの美味しさを、そして店長の職人技をその目で堪能してきてください。

お店情報
ぼんご
住所:東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル1F
電話:03-3910-5617
営業時間:11:30~24:00
定休日:日曜日

書いた人:西たまお
大学在学中より映像ディレクターを志したものの2年で挫折。その後は映像制作会社で宣伝を務めた後に、広告代理店に社内ライターとして勤務。2016年より独立し、フリーとなった。主にWEBサイトで健康や食に関するさまざまな記事を執筆中。ちなみに現在は、プロフィール写真から30キロくらい太っている。

※記事内の価格は、原則総額表示です(一部、税抜表示あり)。
※『メシ通』は、記事広告を一切取り扱っておりません。
※掲載内容は、2016年7月当時の情報です。細心の注意を払って運営をしておりますが、当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。ご自身の判断と責任において本ページをご利用ください。
最新記事
PR
     

カフェ、ネイルサロン、ヨガ・整体マッサージ、レストランビジネス など様々な業種の方がプロ並みのHPがたった5分で作成出来ます!プロに依頼する必要はありません