知ってると楽しい『通】学! ■pariのおススメ名店
FC2ブログ
 

浦和「たかの」埼玉ピカイチの佐野ラーメン

JR京浜東北線「浦和駅」東口から徒歩20分かな? なんせ車で食べに行っているもんでね、たぶんそのぐらい。産業道路沿いにある佐野ラーメン「たかの」だ。

 夜は知らないけど昼時いつも行列の人気店。友人とお邪魔した。

 2人ともメチャメチャ腹が減っていたので、ボクは「塩ワンタン麺」のCセット(餃子+半ライス)。友人は「醤油ワンタン麺」のAセット(半チャーハン)を注文。

 竹で打つラーメン作りは一度経験したことがある。栃木県の佐野で大好きだった「とかの」のご主人に頼んで、麺工場を訪ね、太い孟宗竹で打たせてもらったことがある。でもこれが物凄く難しくて、とにかく片足で飛び跳ねながら麺を揉むんだけど、リズムを取るのに苦労した記憶がある。

 ここも竹で打った平打太麺だ。塩スープは極上の味わい、塩、油、旨味のバランスが見事で、ややウエーブのかかったツルツルシコシコの麺を頬張れば、
「ああ、なんて美味しいんだろう」
と溜息が漏れるほど旨い。焼豚はほどよく下味がついて柔らか、ワンタンは中華のセオリー通りのオーソドックスなものだけど、これもいいね。

 醤油ラーメンをちょっと味見させてもらうと、これもすこぶる旨い。ほどよい煮干の香り、旨味充実で、醤油のエッジが効いた味わいだ。またチャーハンはパラパラでいいね。餃子は特筆するものはなくごく普通の味わい。
麺をズルズル、ご飯をパクリ、餃子を頬張ってあっという間に完食。

 「このラーメンはすごいな、久々のヒットだね」
と友人。その通り。たぶん佐野の現地にあるラーメン屋のどこよりも美味しいかも知れない、いや関東でも相当なレベルだ。

 「ちょっと頼みすぎたな、腹が苦しいよ」

 「ご飯半分残せばよかったかも、今日は夕飯抜きにしよう」
こりゃ近所にあったら毎日通いたい店だね。

〈店舗データ〉
【住所】埼玉県さいたま市南区太田窪2-6-8 電話048-881-0930
【営業】火~土11時30分~15時 17時~21時 日・祝11時30分~20時
【休日】月曜日・第3火曜日
【アクセス】JR京浜東北線「浦和駅」東口から徒歩20分

とんかつ店に行列 「ロゼ色勢」も「格安勢」も好調

行列のできる店の動向は気になるもの。近年、特に元気なのがとんかつ店だ。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
 大衆食がブームだ。そういう話を聞くと、ちょっとした違和感を覚える。そもそも”大衆食”という言葉自体にも大衆に広く受け入れられるという意味も含まれている。”ブーム”と呼ばれるには、人気というだけでなく何か違いがあるはずだ。

 この10年ほどで、その位置づけが大きく変わった大衆食と言えば、とんかつが揚げられ……いや、挙げられる(ああ、書いてしまった)。10年前にはいつでも入れるとんかつ店だったのに、この数年で行列必至となった店が後を絶たない。

 象徴的なのが、東京・高田馬場のとんかつ店だ。1970年代から続く特ロースやカツ丼が旨い店は10年前は食事時でも待たずに入店できたのが、近年では20名ほど行列している光景をよく見かけるようになった。駅前の商業ビルの地下にある店や、新しくできたとんかつ店の前にも人が列をなしている。

 流れを大きく変えたのは2010年に高田馬場にオープンした「成蔵」だろう。店主はこの春、令和直前に高田馬場の店舗を弟子に引き継ぎ、いったんのれんをおろしたが、この店の登場が日本のとんかつシーンの分水嶺だったと言っていい。

 分厚いロースやヒレ(この店では「シャ豚(トン)ブリアン」と言う)を低温からじっくりと揚げ、内部がきれいなロゼ色に揚げ上がったタイミングで客に提供する。開店当初は客の認知を得るのに苦戦していたが、口にした客が客を呼び、ほどなく人気店に。客をさばきながら仕入れる肉やラード、揚げ方など全方位的に磨きをかけ、近年は長蛇の列への対応に苦慮するほどの人気店となっていた。

 そして「成蔵」の行列が伸び始めたこの数年、都内に新しいとんかつ店が次々に開店した。

 特に象徴的だったのが、内部をロゼ色に揚げるとんかつ店だ。リブロース、ロース、ヒレなど数種のかつを一口分ずつ揚げ、盛り合わせ定食風にしつらえた巣鴨の「亀かわ」(2017~2019年)はこの5月にのれんを畳んだが、その「亀かわ」の素地を作った、自称”とんかつマニア”という職人が揚げる神宮前の「七井戸」(2018年~)もそうだ。

ここにチェーン店も参入した。2017年、あの牛タンの「ねぎし」が手がける「ねぎポ」が有楽町から東京駅に向かうJRのガード下再開発飲食店街に入居。ロゼ色の断面と衣の白い「しろかつ」として絶賛売出し中だ。

 元気なのは、味わいを追求するロゼ色勢だけではない。ふだん使いできるリーズナブルなとんかつ店も人気だ。両国や御徒町、高田馬場などにはロースカツ定食が700~800円で食べられるとんかつ専門店があるし、チェーンで言うと「かつや」はロースカツ定食を690円で提供。さらに近年、牛丼の「松屋」が展開し始めたとんかつ業態、「松乃家」に至ってはロースカツ定食を530円で提供している。

「ロゼ色」と「格安」だけではない。明治38年創業の御徒町「ぽん多本家」をはじめ、「ポンチ軒」「旬香亭」などの洋食勢のとんかつの人気も高い。 1970年代以降、何度かのブームやトレンドをくぐり抜け、「ロゼ色」「格安」「洋食」などのカテゴライズも細分化され、日常の外食としてのとんかつは完全に定着した。令和はいよいよとんかつが「文化」として昇華される時代なのかもしれない。

王道からガツ盛りまで!地元民に愛される、東海エリアの“焼きそば”が旨い店4選

庶民派グルメの代表格“焼きそば”。地域によって麺の太さや味が異なり、さまざまな種類が楽しめる人気のグルメだが、今回は東海エリアの人気店を4つ紹介する。地元で愛され続ける味を、ぜひ楽しもう!

■ <愛知>瀬戸ではポピュラーな優しい甘さの醤油味

今ではご当地グルメとしても名高い“瀬戸焼そば”。醤油味の焼きそばを瀬戸に根付かせた今はなき名店「福助」の創業者のひ孫である店主が「一笑」(愛知県瀬戸市)で伝説の味を引き継いでいる。

週末17時過ぎには売り切れる日もあるという人気の「焼きそば」(並盛 450円)。生の中華麺は、蒸しあがると茶色に変色。麺と一緒に炒める具材はキャベツのみで、仕上げに醤油と一緒に炊いた豚肉がのる。ほんのり甘い醤油味は、「福助」時代の常連客も納得の味だ。

「一笑」住所:愛知県瀬戸市幸町53-1 / 時間:11:00~19:00※麺がなくなり次第終了 / 電話:080-6908-1400 / 休み:木曜、第4水曜

■ <愛知>地元のソースを使い、王道の味に仕上げる

1979年創業の、昔ながらのたたずまいを残すお好み焼き店「お好み焼き 鈴」。焼きそばは、シンプルに焼き上げるからこそできる素朴な味が評判だ。ソースは地元企業であるサンキョーヒカリのウスターソースを使用。さらっとしたソースをたっぷりかけて調理する。

「焼きそば」(デラックス 500円)は、キャベツ、豚肉、イカに目玉焼きをトッピング。コクや酸味の効いた王道のソースで仕上げられている。ご飯や味噌汁が付く定食(+200円)も人気だ。

「お好み焼き 鈴」住所:愛知県名古屋市南区明治1-7-10 / 時間:10:00~20:00(LO 19:30) / 電話:052-691-2580 / 休み:日曜、祝日、第3土曜

■ <岐阜>食べ応えのある極太麺のガツ盛り系焼きそば

客の99%が注文するという、ガツ盛り系の焼きそばが人気の店「五十番」(岐阜県中津川市)。かなり食べ応えがあるので、食欲旺盛な男性も満足できるほど食べ応えがあると評判だ。平日限定で約1.5倍とさらにボリュームのある焼きそば大盛り(700円)もある。

極太の自家製麺が人気の秘密という「焼きそば」(500円)は、前日に作った麺を一晩寝かせ、茹でてから焼き上げる。具材はモヤシとキャベツと豚肉、味付けは塩胡椒のみ。酢やラー油など、卓上に常備された調味料でアレンジしながら食べるのもおすすめだ。

「五十番」住所:岐阜県中津川市太田町2-2-10 / 時間:10:30~15:00、16:30~19:00 / 電話:0573-66-5336 / 休み:火曜

■ <岐阜県>パンチのある味噌味が黄身を絡めてマイルドに

多治見市が推奨するたじみそ焼きそばを味わえるのは26店舗。その1つである「有馬や」(岐阜県多治見市)は、味噌ダレとコチュジャンを合わせ、パンチのある甘辛い味に調整している。

「たじみそ焼きそば」(530円)は、皿ではなく、熱した鉄板プレートに盛り付け。具材はキャベツ、タマネギ、モヤシなど盛りだくさんで、半熟になった黄身を麺に絡めれば、また違った味わいが楽しめる。天かすを加えるのは、店主が母から受け継いだ家庭の味なのだとか。

「有馬や」住所:岐阜県多治見市豊岡町1-6-9 / 時間:11:30~15:00 / 電話:0572-24-6239 / 休み:日曜、祝日

隠れた名店がいっぱい。広尾・麻布のスイーツ専門店&カフェ5選

各国の大使館や閑静な住宅街が広がる広尾や麻布十番は、こぢんまりとしておしゃれなレストランやショップが隠れ家のように点在しています。今回は、広尾・麻布のカフェ&スイーツのお店を5つご紹介。黒豆スイーツ専門店や日本で初めてオープンしたフランス菓子専門店など、秘密にしておきたくなるようなお店ばかりです。

白と黒のロールケーキ。黒豆スイーツ専門店「しろいくろ」

麻布十番にある「しろいくろ」は、白と黒の2色で統一したスイーツや器、空間がとびきりシックな黒豆スイーツ専門店です。お店で使用する黒豆は、兵庫県丹波地方のものだけ。モノトーンカラーの黒豆スイーツや丹波焼きの器のセレクトにセンスが光ります。

全国の選りすぐりのスイーツを楽しめる「天現寺カフェ」

広尾駅から徒歩8分の「天現寺カフェ」は、東京にいながらにして全国のスイーツを楽しめるカフェ。“お取り寄せ”をコンセプトに全国から選りすぐりのスイーツを集め、お店で販売しています。ワンホール1万円以上の高級ケーキを1カットから気軽に味わってみることができますよ。

新鮮なフルーツを使った「ジェラテリア アクアパッツァ」

広尾商店街にある「ジェラテリア アクアパッツァ」は、イタリアの手作りジェラート「クレマモーレ」とコラボした、テイクアウト専門のジェラテリア。100種類以上のフレーバーから、日替わりで12種類が並びます。フレッシュなフルーツやミルクが使われているので素材の味をそのまま楽しめますよ。

伝統的なおいしさ。老舗フランス菓子専門店「ルコント」

有栖川宮記念公園の近くにある「A.Lecomte(ルコント) 広尾本店」は、日本初のフランス菓子専門店。子ねずみ型のかわいいシュークリーム「スウリー」やルビーのように美しい「ガトーフランボワーズ」など、伝統的なレシピを受け継いだ、人気のスイーツの数々をご紹介します。

屋上テラス席が人気のカフェ「レ・グラン・ザルブル」

大きな木とツリーハウスが目印の、広尾の路地裏にあるカフェ「レ・グラン・ザルブル」。カフェタイムにも楽しめる豊富なデザートも魅力のひとつです。輪切りのバナナがきれいに盛りつけられた「バナナのタルト」のほか、季節限定のタルトや直径10㎝のふわふわパンケーキも気になります。

*****
いかがでしたか?どのお店も甘党にはたまらないこだわりのスイーツがそろっています。ぜひ参考に出かけてみてくださいね。

表参道駅ネオファスト蕎麦屋「みよた」の極みかつ丼セットが絶品すぎる

立ち喰い蕎麦不毛の地、表参道へ。少し前には玉川屋というオシャレな店構えの立ち喰い蕎麦屋が一軒あったが残念ながら閉店してしまった。

今回はそんな不毛の地に突如現れた、立ち喰い蕎麦屋にしては高級だが普通のお蕎麦屋さんに比べると少しリーズナブルなネオファスト蕎麦屋「みよた」を紹介しよう。

■高級感漂うカウンターのみの店

平日昼時はいつも行列ができている。台風の日の16時に入ったので行列はなかったものの中は満席というかなりの人気店。

カウンター席のみ、中の厨房には高級そば店さながら白衣と白帽子をかぶった料理人が何人かいる。店頭も店内も厨房も全て清潔感があり居心地がいい。期待大。

■絶品! 極みカツ丼セット

メニューは定番の物は勿論、季節物やこの店オリジナルの蕎麦にグリーンカレーうどんと種類が豊富。

迷いに迷って「極みカツ丼(小+もりそば」のセットを注文。中の料理人達の丁寧な仕事をみながら待つこと5分。

到着。やっぱりカツ丼は絵の力凄い。

蕎麦のアップ。この写真をみながら日本酒呑めるくらいの美しい蕎麦。

ズバッと啜る。冷水でしっかりしめられたコシのある蕎麦は喉越し良好。長めに切ってあるのでたっぷり手繰りたっぷり啜る。

麺の量も多いので大満足。

かつ丼は(小)なので三切れだったがかなりの肉厚。そして噛むたびに身がしまっているが切れ味のいいカツは豚肉の旨味ギッシリ詰まっていた。玉子との相性もいい。

蕎麦と一緒に食べかなり満腹。

もりそばの場合食べ終わったタイミングを見計らってそば湯が提供される。つゆをそば湯で割ってほっと一息。落ち着きながら思いにふける、「これで840円はそばらしい(素晴らしい)」。

皆さんも是非、絶品極みカツ丼セットを食べに表参道「みよた」に足を運んでみてはいかがでしょうか?
啜るか啜らないかはあなた次第です。

住所
東京都港区南青山3-12-13

鮮度抜群の「塩ホルモン」をワサビやユズコショウで…昭和テイストの焼肉店

『孤独のグルメ』の漫画、ドラマに登場する多くの飲食店の中でも特に人気が高い焼き肉。主人公・井之頭五郎の食いっぷりにファンを沸かせた名店を紹介!

◆ワサビにつけて食す 鮮度抜群の塩ホルモンが絶品
~板橋区板橋の焼肉ホルモン『山源』~

 『孤独のグルメ』に取り上げられた焼肉屋の中でも、ホルモンをはじめとする内臓系をメインメニューにした店が、シーズン3に登場した「ホルモン焼 山源」。先代夫婦が始めた家族経営のお店で、地元の人々に愛され続けて30年だ。

 まず食うべきはほとんどの常連客のお目当てだという、塩味のホルモン。ひと皿で大腸と小腸の2種類のホルモンが楽しめる。七輪の脇にはペットボトルに入った水が置いてあり、火が大きくなったら消しながら食すのが、この店の流儀。

 ほかにも内臓系ではハツやコメカミ、ナンコツなどが人気で種類も豊富。すべて500円以下とお手頃だ。もちろん、どれもピカピカ光っていて新鮮そのもの。お店のこだわりが素人目にもすぐわかる。

 焼き物はタレもあるが、当店で圧倒的に人気なのは、どれも塩。チューブ入りのワサビかユズコショウをつけて食べるのが山源流だ。

 昭和テイストの店内にもうもうと立ちこめる煙。それも込みで楽しめるのが、山源の魅力である。

苦しければ60歳から年金繰り上げ受給を 損を覚悟で割り切るのも手1

 夫が定年後に再雇用で働き、給料は大きく下がった。それでも年下の妻が専業主婦を続けるケースでは、夫の年金受給が始まる65歳までの“無年金の5年間”を乗り切ることが家計の大問題になる。

 そのとき、貯金や退職金を取り崩すくらいなら、妻が60歳になった時点で妻の年金を繰り上げ受給し、家計を補填するという選択肢がある。

 専業主婦で基礎年金だけであれば妻の年金は多くない。35年加入としても年額約69万円だ。60歳から繰り上げ受給すれば3割カットの約48万円に減額されるものの、月に4万円の“定期収入”を確保できれば生活を極端に切り詰めなくても済むかもしれない。

 妻が年下の場合は、妻の年金を繰り上げても、夫が65歳になって年金受給が始まれば夫の年金に「加給年金」(最高38万9800円)が上乗せされる。妻が65歳になれば「振替加算」に切り替わる。

 年金の繰り上げ受給には「損益分岐点」がある。たとえば、60歳から年金を受給した場合、「76歳8か月」より長生きすると、65歳受給開始よりもらえる年金総額は少なくなる。日本人男性の平均寿命は約81歳だから、計算上は繰り上げは損をする可能性が高い。「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏が語る。

「だからといって、体の自由が利かなくなってから多くの年金をもらっても使えない。60代から収入に不安があり、いざというときに売れるような資産がなければ、割り切って夫婦で繰り上げを選択し、生涯受給額で損することを承知で60代でできるだけ多くの年金を受け取ってもいい」

 この年代は夫や妻が病気になったり、親の介護費用などで予想以上に出費がかさむことも多い。

 60代で最も多くの年金を受給できるのは夫婦で60歳の繰り上げ受給を選択することだ。夫婦の年金が月額約22万円であれば、支給額は約15万4000円に減るが、60代のうちに総額約1848万円の年金を受け取ることができる。

「夫婦の年金」では、「どう増やすか」だけではなく、「何に使うか」も、重要なテーマだ。

本命を誘うなら焼鳥でしょ!?雰囲気が大人すぎる絶品焼鳥店5選

煙もくもくのワイガヤな焼鳥もいいけれど、デート使いにはもちろん向かない。そこで今回は、“デートに使える”という観点のもとに選んだ、お洒落な焼鳥屋5軒をご紹介。美味しくて、店内の雰囲気が素敵なことはもちろん、焼鳥屋らしからぬメニューや酒がそろっているのもポイントです。

丸みが出るよう打った串が肉食女子の心をわし掴み!『焼鳥 うの』

わざわざこの一軒のために訪れる、という立地からも期待や特別感が高まる。カジュアルな空間からは意外なほど椅子の座り心地の良さが抜群で、つい長居をしてしまいそうだ。

カウンターの中央から供される焼鳥は、店主の宇野誠一氏が惚れ込んだ福島の伊達鶏を使用。厚めに串打ちをすることで、食べた瞬間の歯応えや旨みがより印象深く残る。「背肝」や「ひざ軟骨」など、希少部位の扱いも豊富なので、初めて食べる串に会話も盛り上がるだろう。

おまかせでオーダーすれば、合間に15種類以上そろう上質な野菜を挟みつつ、テンポ良く供してくれる。

隠れ家気分のカウンターでこだわりの鶏とワインを楽しむ『炭火焼き鳥とワインのお店 Gallo四谷』

四谷三丁目

こだわりのイタリアワインと、薩摩の知覧鶏など銘柄鶏を使った鶏料理が評判の同店。オーナー自らが現地ワイナリーに足を運びセレクトした小規模生産のオーガニックワインは、赤・白合わせて約150種。

さらにそのイタリアワインに合うメニューの研究に日々没頭するというシェフのこだわりぶりは、本来豚を加工肉にするフレンチの技法を応用した自家製「シャルキュ鶏ー(シャルキュトリー)」という人気メニューを生み出した。店内奥にはシェフズテーブルのようなカウンター席もあり、とっておきのデートを楽しみたいときにはオススメだ。

欲張りな女心をくすぐる。ひと味違う一品料理の数々『喜鈴』

恵比寿

焼き台に立つ社長の鈴木淳二氏、一品料理を作る料理長の出田啓二氏、接客を担当する店長の小石高運氏の3人のほど良い距離感のもてなしに、肩ひじ張らず寛いで食事を楽しむことができる一軒。丹波黒鶏をメインに使用する焼鳥が秀逸なことに加え、一品料理が他の焼鳥店と一線を画する。

たとえば、「あんかけ出汁焼き玉子」は、茨城県産の紅孔雀の卵をオムレツのように焼き上げ、鰹出汁のあんをまとわせた逸品。「白湯ラーメン」は、オリジナルの竹炭麺と、丹波黒鶏のガラを10時間以上煮込んだまろやかな白湯が、インパクト抜群で〆に最適だ。

幻の鶏とビオワインを気軽に楽しめる『炭火焼 MARU』

中目黒

隠れ家的な名店の激戦区・中目黒エリアからは、幻の地鶏と呼ばれる熊本産「天草大王」を使用した鶏メニューが評判の店をご紹介。熊本コーチンや大軍鶏の掛け合わせから生まれた天草大王は、それぞれの長所を受け継ぎつつ、オス肉は野性味を残すジビエ的な味わい、メス肉は繊維が細かく柔らかい脂の味わいが特徴。

そんな自慢の鶏メニューに合わせたいのが、同店のオーナー自らがセレクトした厳選ビオワイン。飲みすぎても翌日に響きにくく、コストパフォーマンスが高いのもうれしい。ワイン好きな彼女なら、巨大ワイングラスで乾杯なんてサプライズも可能だ。

フレンチと焼き鳥のイイトコドリが実現!『焼き鳥JITAN』

幡ヶ谷

錦糸町にあるビストロ『キュイジーヌ エ ビンジタン』の姉妹店としてオープン。フレンチ出身のシェフによる、日本の伝統料理である焼鳥に古典的なフレンチの技法を加えたメニューが味わえる。厨房には、焼き台はもちろん、コンベクションオーブンを完備し、火入れも絶妙で実に秀逸。

タレには、ポートワインなどを入れることで、100種以上そろうワインとも寄り添う味わいに仕上げている。フォアグラのテリーヌ、鴨の生ハム、焼き物6種、スープが付いたお得な「焼き鳥JITANセット」(¥3,024)もうれしい限り。

新しい和食をたのしめる おいしくてかわいい和食のお店3選♡

日本の伝統食であり、世界遺産にも登録された“和食”。洋食やイタリアンなどの食べ物やレストランが増えて、朝食にはお米ではなくパンを食べる人も多くなっているなど、和食離れも心配されています。でも、和食って値段も高いし、自分で作るのも大変そう……。今回は気軽に和の料理やスイーツを楽しむことができる、フードショップ3選をご紹介します。

キーワードは「和」! 豆乳・きび砂糖を使用したヘルシーなジェラートショップ
ニューオープンする『Gelateria TIE-AN(ジェラテリア たいあん)』は、 「もし、千利休が今の時代に暮らし、お客様をもてなすためのジェラートの茶室を作るとしたら…」というちょっと変わった発想から生まれたジェラートショップ。ショップ名にちなんで、2016年9月10日(土)の大安に渋谷ヒカリエに誕生します。

女性に優しい豆乳やきび砂糖をベースに使ったジェラートはカロリー控えめで、大豆の風味が広がる優しい甘さのジェラート。定番フレーバー12種類に加えて、日本の四季を感じさせる季節限定フレーバーもショーケースに並びます。

また、ジェラートの他にも、お口休めにもなる煎餅や、小麦粉を使わないヘルシークレープ、野菜たっぷりで話題のクレンズスープなど、洋を取り入れたフードも楽しめます。オリジナルブレンドのお茶や和雑貨も販売されているので、ジェラートを楽しみながら存分に和の世界に浸れますよ。

『Gelateria TIE-AN(ジェラテリア たいあん)』

オープン日:2016年9月10日(土)大安
時間:10:00~21:00
場所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2F
Gelateria TIE-AN

四季折々の食材が楽しめる『自遊庵』で、きのこ尽くしの和食やスイーツを楽しむ
三越日本橋本店の食品フロアにある『自遊庵』では、季節に合わせた素材を使ったフードやスイーツ、ドリンクが用意されており、日本の食文化を五感で体感しながら楽しむことができます。2016年8月24日(水)~9月13日(火)の期間のテーマは「きのこ」。10種類のきのこを使って、それぞれの旨みや食感を最大限に生かしたメニューが登場します。

様々なきのことなめ茸のあんを絡めた贅沢なきのこづくしの「香りきのこの紙包み焼き御膳」、牛しゃぶ肉・サーモン・鯛などと一緒にきのこあんが楽しめる「手まり寿司~3種きのこの香味あん添え~」などの食事メニューは、メイン料理にスイーツまでついたフルセットメニューで旬の味を堪能できます。

また、こんにゃく寒天ゼリーとなめこシロップを合わせた「ぷるぷるきのこシロップで食べるこんにゃく寒天ゼリー」や、アールグレーの生地とローストホワイトマッシュルームを使ったタルト菓子のような「きのこクラフTea」などのスイーツもあるので、きのこの新たな一面を知ることができますよ。

『自遊庵』「きのこ」メニュー

期間:2016年8月24日(水)~9月13日(火)
時間:10:30~19:30
場所:東京都中央区日本橋室町1-4-1 三越日本橋本店 本館地下1F
三越日本橋本店

東京都初登場! 名物“手かき氷”がカフェスタンド『櫻ノ茶屋』の夏季限定メニューに
“茶屋”をモチーフにしたカフェスタンド『櫻ノ茶屋』では、和の食材を使ったディップを組み合わせた「ジャパニーズフライドポテト」や、京都宇治のほうじ茶を使った和風フレーバーのソフトクリームが堪能できます。2016年8月1日(金)~2016年9月中旬までは夏季限定メニューとして、福井の老舗和菓子店「羽二重餅總本舗 松岡軒」がプロデュースした“手かき氷”を販売。東京都初登場となる名物かき氷です。

2016年8月1日(金)~2016年9月中旬までは夏季限定メニューとして、福井の老舗和菓子店「羽二重餅總本舗 松岡軒」がプロデュースした“手かき氷”を販売。東京都初登場となる名物かき氷です。

おそらく日本トップクラスのカルビが食べられる焼肉屋 / 焼肉サラリーマン

カルビ
800円

焼肉の王様といえば、カルビである。程よい脂と赤身のバランス。そして柔らかくてジューシーな肉質。そこにダメ押しで濃厚なタレが染み込み、焼かれることによって旨味と香ばしさが増す。

・ここだけのカルビ
サシが入っている和牛がいい、赤身が多いアメリカン系がいい、人によってカルビの好みは様々だが、今回ご紹介する焼肉屋は、800円という価格で3000円レベル、いや、それ以上のお金を払っても食べられない「ここだけのカルビ」が食べられる店。

・客のほとんどが地域住民
東京都にある焼肉屋「焼肉サラリーマン」(東京都荒川区西日暮里3-13-2)である。海外でも人気の商店街「谷中銀座」の入り口に位置する焼肉屋で、ほとんどの観光客が谷中銀座の店に入り、「焼肉サラリーマン」に入るのは稀。それもそのはず、客のほとんどが地域住民なのである。

・谷中銀座=焼肉サラリーマン
そもそも、谷中銀座に観光にきて焼肉屋に入ろうと思わないのは当然かもしれないが、一度でも「焼肉サラリーマン」のカルビの味を知ってしまうと、「谷中銀座=焼肉サラリーマン」という方程式しか成り立たなくなる。

・ライスと一緒に食べて
ここのカルビはじっくり焼いて、コゲが少しついたくらいが美味。タレも出されるが、まずはなにもつけずに、ライスと一緒に食べてほしい。食べた瞬間、カルビがビッグバンを起こし、「このカルビのどこにそんな大量の旨味エキスが!?」と思うほど、旨味と甘味が迸(ほとばし)る!

・我慢しないと今にも声に出そう
甘味と塩味が旨味を生み、旨味エキスとなってライスの美味しさを昇華させる。正直、心の底から美味しさの感動を叫びたくなるが、我慢して無言になり、カルビが放つ旨味を堪能する。そう、我慢しないと今にも声に出そうなのだ。うまいぞおおおおお! と。

・カルビが一番ベストな状態
おそらく、肉質がカルビとして適切なのはもちろんのこと、仕込みにかなり時間と手間をかけている。30年以上前から続く「絶品ダレ」の安定と吟味はもちろんのこと、どうすれば「タレがカルビを盛り上げるのか」を徹底して追求。カルビが一番ベストな状態になるよう、しっかり考えて調理されているのだ。

肉の価値でいえば、断然、高級焼肉屋のほうが上だろう。しかし、グルメにとっての評価基準は「食べた人が美味しいと感じるかどうか」「満足できるかどうか」という点である。その視点からみれば、「焼肉サラリーマン」は数万円の高級焼肉屋と比べても遜色ないレベルといえる。

・現在82歳の女将さんが一人で経営
ちなみに「焼肉サラリーマン」はいまから30年以上前にオープンし、現在82歳の女将さんが一人で経営している。人生の積み重ねによる美味しさが、このカルビには秘められている。一年、五年、十年では出せない味。「焼肉サラリーマン」で堪能してみてはいかがだろうか。

この店では、女将さんの手作りの小鉢がいくつか出されることがある。あくまで女将さんの善意であり、無料。今回はタマネギの鰹節まぶしと、きんぴらごぼうが出された。出ないときもある。出たらラッキーと思おう。また、「笑点」のピンク氏はこの店の常連でもである。もしかすると「笑点」のピンク氏に出会えるかもしれない!?

昼酒は背徳感がイイ! 地元京都の“プロ”が教える名店

暑い京都の夏。たまには昼間から居酒屋で涼をとってみては? 酒場知識の豊富な料理家・小平泰子さんと、ライター・泡☆盛子さんが、真夏の昼酒場について語り合います。

* *  *

泡:今回は穴場の「夏京都」なので、昼酒場を紹介していただきました。日が長い今の時期なら、たっぷり昼呑みできますし。

小平:昼酒大好き! 『ザ・ノーザンライツ コーナー』は、おっちゃん系昼酒エリア(『京極スタンド』『たつみ』と2大老舗酒場のある地)に煌めくオシャンな光! 立ち呑みシャンパンとかイケすぎですよね~。

泡:外酒好きな私にはテラス席がたまらないです。道行く人に見られながら呑む背徳感(笑)。

小平:『オーディスコ』もわりとのぞき込まれる(笑)。ここのガレットは本場顔負けでほんまにおいしいですよね。私は豚足の1本焼きも大のお気に入りで、コラーゲン補給しつつワインをグビる、グビる!

泡:バー、ビストロときたら、 和の店もイッときましょうか。

小平:『六軒』はあの場所がま ず面白い。昔は色っぽい街やっ たところでね。近くにできた銭 湯『梅湯』とセットでぜひ!

泡:出た、風呂好きトーク。

小平:夏の夕方に旅先で銭湯、って最高でしょー。

泡:『六軒』は店内に小説やマ ンガも置いてあるので、私みたいに人見知りなひとり酒派も構えず過ごせるのがいいですわぁ。

小平:モツ煮込みのおいしさも 忘れんといてよ~。いろんな部位が入ってるのが嬉しいよね

泡:『まんぼ』は私がおすすめ して気に入ってくれはったよね。

小平:あのまんぼ焼は衝撃的やった~。かくし味にタクアン入ってんのがめっちゃイイ。雰囲気もたまらんものがあります。

泡:観光の娘さんたちはちょっと入るのにためらうかもですね。 でも、お店の人も話してみると優しいし、安心してどうぞ。

小平:私なら、近くのラーメン屋『第一旭』とはしごするな。

泡:さすがっす。一転して、街中の『もみじ』は今ドキの店ですね。ここもよう流行ってる。

小平:お造りも焼き鳥も何でも あるからちょうどいいんですよ。 誰と行っても受け止めてくれるというか。あと、お酒が安い。

泡:んもう、ランチ食べてる暇ないほど行きたい店ばっかり!

◇ザ・ノーザンライツ コーナーの、2ウォッカベースでライムが香るカイピロスカ¥1,100。自分のための一杯が作られていくのを見る楽しみも。

◇AU DISCOの田舎風パテ¥800。しっとり&ねっとりとした食感が濃厚で、エロ旨い!

◇泡☆盛子さん(左)・京都在住ライター。公私ともに生活のほとんどが食べ物と酒絡み。酔うとカツサンドを欲しがる。小平泰子さん(右)・京都生まれの料理家にしてソムリエ。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰。酔うとエロい。

東京駅で美味しく腹ごしらえ!【ランチ】おすすめ4選

『米どころん』~早く食べてゆっくりお土産を選ぶ【さっくり派】

『米どころん』は、家庭的な温かさが魅力の定食を豊富に揃える。新潟のスーパーを母体とし、自社で展開する循環型農業により作られた特別栽培米を使い、釜でピカピカに炊き上げたご飯はおかわり自由。メニューにサラダが付き、野菜も摂れるよう配慮。
定食は終日注文でき、夜はしっかり飲んだ上で定食を平らげるお客さんもいるとか。

[場所]グランアージュB1F(エキソト) [TEL]03-5218-5557 [営]11時~23時(22時半LO)、土・日・祝11時~21時(20時半LO) [休]12月31日~1月3日 [席]カウンターあり。計56席/15時以降は分煙 [交]1階八重洲中央口改札から徒歩7分

『もつ焼き 栄司』~早く食べてゆっくりお土産を選ぶ【さっくり派】

『もつ焼き 栄司』の豚肩ロースは、低温調理で手間をかけて作られているのでとても柔らか。オーダー後に表面をカリッと焼き上げ、熱々の鉄板で出される様には心が躍るはず。すりおろし野菜がたっぷり入った甘辛い特製タレと一緒にご飯をかっ込みたくなる旨さだ。ご飯はおかわり自由でほとんどの客が頼むそう。数量限定なので売り切れ注意。

[場所]キッチンストリート1階(エキソト) [TEL]03-5220-3003 [営]11時~23時(22時半LO)、土・日・祝11時~23時(22時LO)、ランチは14時LO [休]1月1日 [席]カウンターあり。計44席/14時以降は分煙 [交]八重洲北口改札から徒歩4分

『HAMBURG WORKS』~お腹と心を満たして帰宅の準備を【じっくり派】

『HAMBURG WORKS』のハンバーグは、厳選国産牛と黒毛和牛のA4・A5のみを使った牛肉100%。ジューシーなのに脂がくどくないのはモモがメインだから。フレッシュな果物などを使った手作りドレッシングを使用し、朝獲れ野菜がたっぷり入った「10品目の野菜サラダ」と日替わりスープも非常に美味。ご飯同様、おかわりできるのがうれしい。

[場所]グランルーフ フロントB1F(エキソト)[TEL]03-5222-6129 [営]10時~23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO、ランチは15時LO) [休]無休 [席]カウンターあり。計47席/全席禁煙 [交]1階八重洲中央口改札から徒歩4分

『富山 白えび亭 東京駅店』~お腹と心を満たして帰宅の準備を【じっくり派】

『富山 白えび亭 東京駅店』では、繊細な味わいとやさしい甘みが特長の白エビが、抜群の鮮度でいただける。本店は富山駅前にあり、2016年11月にオープンしたこの東京駅店は白エビの美味しさを伝える旗艦店としての役割。 「富山湾の宝石」とも呼ばれるのは、富山湾でしか生息していないというその希少性から。「白えび刺身丼」には、職人が丁寧に大切に手で剥いた白エビがおよそ90匹。この丼の注文で薄衣の天ぷらも楽しめる。

[場所]東京駅一番街B1F(エキソト)[TEL]03-5223-0525 [営]10時~23時(22時半LO) [休]無休 [席]カウンターあり。計24席/全席禁煙/カード不可/サなし [交]1階八重洲中央口改札から徒歩2分

おにぎりの名店・大塚「ぼんご」を知っているか

おにぎり専門店「ぼんご」でおにぎり職人の手さばきにほれぼれ

子どものころは運動会や遠足、勉強中の夜食に。大人になっても忙しい仕事の合間や、お弁当に……。みんなが大好きな、おにぎり。口の中いっぱいに頬張った時の幸せは、とてもここでは書き表せないほど。

そんなおにぎりの専門店が、東京の大塚にあります。その名は「ぼんご」。なんとこちら、1960年創業の老舗店! おにぎり好きなら必ず一度はこの店名を耳にしたことがあるはずです。

具の種類の多さ

お店は大塚駅北口から徒歩3分ほど。都電荒川線の線路すぐ手前です。電飾つきの大きな看板が目印。店内はカウンターのみ。調理場をグルリと取り囲んだ座席は、まるで対面式の寿司店のようです。

「ぼんご」の大きな魅力のひとつが、具の種類の多さ。壁一面に貼られたメニューは、現在は全部で56種類。さらに値段は、一部のメニューを除いてすべて250円。リーズナブルかつ豊富なバリエーションに、初めての来店では大いに迷うこと必至!

なかなか注文が決まらないので、壁に貼られたおすすめの具材ベスト10を参考にしていると……えっ!? トッピングって何!? どうやら、おにぎり一つにつき50円の追加で具材が二種類選べるシステムらしい……。おー、さらに迷ってしまうじゃないか!

注文を受けてから握り始めるシステム

何を頼むか決まったところで、ようやくオーダー。焼きたらこ(250円)と、豚キムチ(250円)。そして「ぼんご」で一番高級なメニュー・筋子(550円)に+50円で鮭をトッピングした計三種を注文しました。 「ぼんご」は、注文を受けてから握り始めるシステムです。ここで、おにぎり職人の店長からありがたい申し出が。

「せっかく取材に来てくれたんだし、今日はゆっくり説明しながら握ろうか!」

なんと、「ぼんご」のおにぎりの作り方をこの場で教えてもらえることになりました! 握る現場を間近でじっくり見せてもらえるなんて……これはうれしい!

「ぼんご」のおにぎりの作り方

まずは、ごはんを握りこぶしくらいのサイズでつかみ、真ん中を軽くへこませます。「ぼんご」ではガス炊きのため、ごはんは遠目からでもわかるくらいにふっくらした炊きあがり。

店長「『ぼんご』のおにぎりはかなり大きめにしてあるよ。男性なら二個、三個ぺろっと食べちゃうけど、女性は一個でもお腹いっぱいになっちゃうみたいだね。」

ちなみに筆者は一般の男性よりも食欲があるので、三個食べる気満々です。
ある程度かたち作られたごはんの上に具をた~っぷりと乗せます。どの角度から食べても具にあたるよう、本当にたっぷり!

店長「うちのおにぎりは具だくさんって言われてるけど、これは『米とオカズ』がコンセプトになってるから。『米とオカズを一度に食べてる』って感覚になってもらいたいんだよね」

こちらは例の海鮮親子にぎり、筋子と鮭。もはや、ちゃんとおにぎりとして収まるのか!? ってくらいの量ですね。

店長「二種類トッピングでこのボリュームだからね。三種類、四種類のトッピングオーダーをされると、かなり大変。もう爆弾おにぎりみたいになっちゃうよね(笑)」

具を乗せたら、小さめに握ったごはんでおにぎりにフタをします。この時、ぎゅぎゅっと固めるのではなく、あくまでも上に乗せていく、という感覚で一体化させていきます。

店長「うちのおにぎりは、お米が口の中でホロっとほどけるくらいに柔らかく握るのが特長だからね。これも『はんとオカズ』のイメージを大事にしてるからこその食感なんだよ」

続いて、のりを巻いていきます。きつく巻き付けるのではなく、おにぎりをやさしく包み込むように……。
のりが巻けたら、まな板の平らな部分をつかって、すべての面をまっすぐに整えます。こうすることでキレイな三角型が作られるのです。

最後に具をひと掴みして、てっぺんに乗せます。これで完成!

握り方や食感は江戸前寿司と同じ

ちなみに、本来だとおにぎり一つを握る時間は30秒もかからないんです。電光石火の早業で出来上がるので、注文の後で作り始めてもお客さんを待たせることはほとんどありません。これぞ職人芸!

店長「握り方の要領も、口の中に入れた後の食感も、実は江戸前寿司と同じなんだ。どうやら東京の人って、押し寿司みたいな固いごはんより、こういうホロっとした食感が好きみたいだね」

なんでも店長、以前は和食の料理人で、寿司を握っていたこともあったのだとか。鮮やかな手さばきの源流は本格和食にあったのです!

そしてついに、目の前に出来たてのおにぎり三種が現れました。左から、筋子+鮭、豚キムチ、焼きたらこ。せっかくなので豆腐の味噌汁(170円)もつけちゃいます! ちなみに、時間帯によっては平日セットや土日限定セットなど、おにぎりと味噌汁がセットになったお得なメニューも食べられますよ。

下の方から食べ進めていくとキレイに食べられる

ではさっそくおにぎりを実食。具材の乗ったてっぺんから頬張ろうとすると、ご主人からアドバイスが飛んできました。

店長「うちのおにぎりは、てっぺんからじゃなく、下の方から食べ進めていくとキレイに食べられるよ」

「ぼんご」のおにぎりは、とっても柔らかいため、てっぺんから思いっきりかぶりつくと三角の山が決壊してしまうのです。おにぎりがくずれてしまうと、お皿の上でフツウに白米とオカズを食べることになってしまうので、ご注意を! 店長が心をこめて握ってくれたおにぎりたち。そのお味はというと……はっきり言いましょう。絶品です。

先ほどからご主人の説明に出てくる「柔らかい」「ホロっと」の意味がようやくわかりました。口の中でお米が一気にほどけて、そこからみっちり詰まった具が溢れ出てくる……。おにぎりにこんな表現アリなのか謎ですけど、最高の口溶けです。本当に美味しい。「ぼんご」のおにぎりに出会えて良かった、って心から思いましたもん。

そして、具材もひとつひとつがとても丁寧に作られているのがわかります。特に豚キムチなんて、定食屋さんで出されているオカズのように味付けもしっかり。無我夢中で食べ進めた結果、「女性なら一個で十分」と言われたのに……キレイに三個完食いたしました……。

こだわりはおにぎりの出来たての美味しさ

すでに創業56年を迎えた「ぼんご」。地元で愛され続けているだけでなく、わざわざ遠くからおにぎりを食べにやってくる若者たちも増えてきたのだとか。いつもお客さんに明るい笑顔を振りまいてくれる女将さんに、近年の「ぼんご」について話を聞いてみました。

女将「なぜかみんな片っ端から、具材を試していくのよ。それでひととおり食べたら、今度はトッピングで自分なりのアレンジを楽しみ始めるの。特に若い人は発想が面白いわね。『明太クリームチーズと筋子』をオーダーされた時はびっくりしたけど、意外と美味しかったし。自分たちでも考えつかなかったアイデアをお客さんがくれたりして楽しいわ」

通常で56種類。トッピングの組み合わせを含めればさらに無限となるメニュー数。今後も減らすつもりはないそうです。

女将「例えば紅しょうがなんか、単品ではほとんで出ないんだけど、トッピングでは大人気なの。昔は梅とかこんぶとか、保存食ばかりだった具材が、今じゃ焼き肉や、カレー、サラダまであるんだもの。おにぎりに合えばもう何でもありかな(笑)」

また、「ぼんご」が強くこだわっているのは、やはりおにぎりの出来たての美味しさだといいます。

女将「この前、数十年間持ち帰り専門だった常連さんが、初めて店内で食べて行ってくれたんだけど、感動してたわ。すぐ食べた方が何倍も美味しいって。持ち帰りでも十分美味しいって言ってもらえるけど、出来たてはやっぱり違うから。ぜひ、お持ち帰り派の方にもお店で食べてみてもらいたいわね」そして店長も、並々ならぬ熱い心で「ぼんご」のおにぎりを握り続けています。

店長「私が目標としているのは、おにぎりとしての完成度をさらに高めていくこと。『ごはん+オカズ』に限りなく近い、究極の柔らかさのおにぎりを極めていきたいと思ってます!」

一度その味を知ってしまえば、半永久的に通いたくなるお店「ぼんご」。ぜひ皆さんもこの美味しさを、そして店長の職人技をその目で堪能してきてください。

お店情報
ぼんご
住所:東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル1F
電話:03-3910-5617
営業時間:11:30~24:00
定休日:日曜日

書いた人:西たまお
大学在学中より映像ディレクターを志したものの2年で挫折。その後は映像制作会社で宣伝を務めた後に、広告代理店に社内ライターとして勤務。2016年より独立し、フリーとなった。主にWEBサイトで健康や食に関するさまざまな記事を執筆中。ちなみに現在は、プロフィール写真から30キロくらい太っている。

※記事内の価格は、原則総額表示です(一部、税抜表示あり)。
※『メシ通』は、記事広告を一切取り扱っておりません。
※掲載内容は、2016年7月当時の情報です。細心の注意を払って運営をしておりますが、当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。ご自身の判断と責任において本ページをご利用ください。

【幻のグルメ】本当に美味しいウサギが食べたいなら「喜羊門」で兎の丸焼き

牛、豚、鶏、その3種類が定番の肉として日本で食されている。羊や鹿も定着しつつあるものの、ウサギを気軽に食べようと思ってもそう簡単にはいかない。一部のフレンチやジビエ料理店や中華料理店でも提供することはあるが、豪快にウサギを食べたいならば「喜羊門」(東京都文京区湯島3-38-11 4F)に行くといい。

・美味しい「本場中国のウサギ料理」を堪能
この「喜羊門」は中華料理店に分類されるものの、「羊と兎丸焼きの専門中国料理店」であり、客の多くが羊かウサギを食べるために訪れる。そしてなにより、本格的で美味しい「本場中国のウサギ料理」を堪能できる。

・ウサギがじっくりと焼かれていく
兎の丸焼きを注文すると、ウサギがじっくりと焼かれて仕上がるのをテーブル席で眺めながら楽しむことができる。ウサギの表面がカリカリになってきたら、ハサミで切断して食べやすいサイズにし、今度は網焼きにして中心部まで火を通す。

・ほのかに旨味が広がる
つまりテリヤキにしつつ、仕上げは網で焼くという調理法だ。その味は非常にさっぱりとしており、いっさいの生臭さがない。それでいてほのかに旨味が広がっていき、気がつけばウサギを口に運ぶ行為をやめられない、止まらない。

・本当に美味しいウサギを食べたいなら
ガッツリとウサギを食べたい人にとって、まさに天国ともいえる「喜羊門」。本当に美味しいウサギを食べた事がない人は行って損のない、ウサギの美味しさを知ることができる店になるのは間違いない。

ちなみに、この店ではカエルの丸焼きや、羊料理なども食べることができる。ちょっと珍しい中華料理もあるので、ウサギが苦手な人でも満足できる良さがある。

「クリームが死ぬほどおいしい」 ほぼ毎日完売する「イチゴサンド」の名店。

たっぷりのイチゴと淡いピンク色のイチゴ生クリームをふんわりパンにサンド。発売から毎日のように「完売御礼」となっている「いちごサンド」の名店が、東京・北千住にあります。

新鮮なイチゴを10粒使用

そのお店とは「重義(しげよし)」。隣接するパンケーキ屋「茶香」のマスターがプロデュースしているお店です。重義はかき氷がメインですが、フルーツサンドやパンケーキも取り扱っています。フルーツサンドの内容は、季節によって異なります。
.
昨年秋は「ミカンと洋なし」「ブドウ」のフルーツサンドを提供していましたが、2019年1月4日からは冬季限定メニューとして、「いちごサンド」が登場しました。
.
重義の「いちごサンド」は農園直送の新鮮なイチゴを贅沢に10粒使用。イチゴのまわりのホイップクリームにもこだわりがあります。北海道産生クリームにイチゴを使用しているんです。まさに「イチゴづくし」のサンドウィッチ。紅茶とセットでの販売で、1400円です。少々お高めですが、評判は上々です。
.
上品な甘さと盛り付けの美しさに心を奪われた人が、インスタグラムに「いちごサンド」の写真をアップしています。

「大きくて甘いいちごがぎっしりで、いちごクリームがまた死ぬほどおいしい」「大粒のいちごが甘くてみてるだけで幸せになれる」「いちごクリームは甘さ控えめ。いちごが甘酸っぱくて美味しい」「甘くなく食べやすい 見た目がとっても可愛い」「パンがふわふわもちもちで癒されるぅ」
.
場所は東京都足立区千住1-24-8。営業時間は10時30分~18時(LO17時)まで、定休日は月・火です。
.
14時~15時ごろに売り切れることも多いので、イチゴサンド好きはランチタイムを狙って訪れてはいかが。

急性アルコール中毒、搬送の実態=医師が忠告すべきこと

 私はさまざまな病院の救急外来で勤務する機会がありますが、どの病院でも、若い方が泥酔して救急搬送されるケースが非常に多く見られます。休日、祝日の前夜の当直では特に搬送数が多く、一晩で何人もの人が急性アルコール中毒で治療を受けることもあります。多くは軽症で、点滴などでの治療を行い、自力で帰れるようになるまで病院で待機することになりますが、中には症状が重く、入院が必要と判断されるケースもあります。

 以前、私が勤務中に搬送されて来た20代の男性が一晩入院し、翌朝目が覚めた時私に向かって涙を浮かべてこう言いました。「散々飲まされました。断れませんでした。迷惑かけてすみませんでした…」飲みすぎは本人のせいばかりではない、周囲の人間や組織内の環境、風土にも原因があるのではないか、と私は思い知らされたのです。

 ◇決して許されないアルハラ

 飲酒量は、個人によって適量が異なります。また同じ人でも、その日の体調によっては「適量」が変わることもあります。お酒に弱い方や体調の悪い方は、周囲の人にその旨を事前に伝えておく必要があります。

 ところが、それに対して「場がしらける」と忠告したり、「上司の酒が飲めないのか」と飲酒の無理強いをしたりする例がいまだにあるようです。これらは「アルハラ(アルコールハラスメント)」に含まれ、飲まされる本人にとっては非常に危険な行為です。アルコール等の問題を予防し、依存症者の回復を支援するNPO法人アスクは、アルハラの定義として、以下の5項目を挙げています。

・飲酒の強要
・イッキ飲ませ
・意図的な酔いつぶし
・飲めない人への配慮を欠くこと
・酔った上での迷惑行為

 大学や職場で飲酒する際には、こうした不適切な飲み方にならないよう、十分注意する必要があります。また、飲酒後に転倒し、大けがをして病院に搬送される方も多くいます。中には飲酒後にふらつき、走行中の自動車に接触したり、ホームから線路に落ちてけがをしたりするケースは後を絶ちません。 本人も周囲の人も適量を守り、自力で安全に帰れる程度の飲酒量にとどめておく必要があります。

 ◇家族のサポートも必須

 若い方が病院に搬送され、私たち医療スタッフがご家族に病院に来ていただきたい旨をお伝えすると、「私には関係ない、本人に任せます」と言われたり、「救急車で家まで送ってあげてください」と言われたりすることがあります。

 病院への搬送は救急車の仕事ですが、治療終了後の帰宅はご自身でしていただく必要があります。入院の必要がない程度の病状であっても、一度泥酔し意識障害に陥っていた方が帰宅する際は、ご家族のサポートがあることが安全面でも望ましいと考えます。多量飲酒を防ぐことが第一ですが、万が一病院に搬送されたケースでは、ご家族の協力をお願いしたいと思います。
.
 ◇119番の注意点

 泥酔者の搬送例の中で、路上で倒れているところを通行人が119番した、というケースも少なからずあります。こうしたケースで、救急車が到着した際には通報者がすでにおらず、目撃情報が得られず、救命士や私たち医師が困るケースもあります。

 路上で倒れている方をほっておくには良心が咎めるが、かといってお世話をしたいわけでもない、という方が多いのかもしれません。しかし、倒れていた時の様子や、救急車が到着するまでの体の変化など、重要な情報は救急要請した人にしか分かりません。できれば、救急車到着までご本人のもとで待機していただき、救命士の方々に引き継ぐ形をとっていただけると助かります。
.
 ◇多量飲酒は命に関わる

 東京消防庁によると、急性アルコール中毒での救急搬送は、同庁管内だけに限っても年間1万6138件(平成28年)あります。特に多いのは12月で、平成28年は東京消防庁管内だけで月間1823人が急性アルコール中毒で搬送されています。また、生命の危険が高いと判断された重症例が46人いることも分かっています。

 年代別に見ると、男女ともに20歳代の人数が群を抜いて多く、全体の4割以上を占めています。未来ある若い方々が命を奪われたり、重篤な後遺症を負ったりすることはあってはなりません。急性アルコール中毒は、飲み方さえ気をつければ、誰もが予防できる疾患です。 これから忘年会や新年会が続く時期に入りますが、くれぐれもこのことに注意し、組織全体として適量飲酒を心がけていただきたいと思います。

山本健人(やまもと・たけひと)

 医師。専門は消化器外科。平成22年京都大学医学部卒業後、複数の市中病院勤務を経て、現在京都大学大学院医学研究科博士課程。個人で執筆、運営する医療情報ブログ「外科医の視点」で役立つ医療情報を日々発信中。資格は外科専門医、消化器外科専門医、消化器病専門医など。「外科医けいゆう」のペンネームで、複数のウェブメディアで連載。TwitterやFacebook、Instagramでも情報発信し、読者から寄せられる医療・健康についての疑問に日々答えている。

日本屈指のパンの街・世田谷で、『人気店のパンを食べ比べ』!

屈指のパンの街で 激ウマ店を探せ!

ブーランジェリーがひしめく世田谷区。その数は200軒を超えるとも言われています。また、年に1度「世田谷パン祭り」という日本最大級のパンイベントを開催。“パンの街”といっても過言ではありません。そのなかで有名店が集まる、世田谷線沿いでとびきり美味しい店を探してきました!

若林で新たに出発 夫婦二人三脚の新生パン屋!

実は気になっている店があった。三茶から東急世田谷線でふたつ目の駅、若林にある『ナイーフ』。もともと中目黒にあった人気店で、10年ほど前に一時閉店し、2015年に新天地で再オープンしたのだ。赤い扉の小さな店を覗くと、ガラスケースに並んだパンに目が釘づけ。

写真は、定番商品。ナッツやドライフルーツ入りでスパイスが利いた「マリネ」はコーヒーや紅茶のお供にも最高。手前から、「マリネ(1200円)」、「パン・ド・ナイーフ(280円)」、「カンパーニュ・バゲット(300円)」、「パネトーネ 1/2(450円)」。

とりわけ気に入ったのが地名を冠した『若林ブレッド(460円)』だ。外側はパリッと中はモチモチ、むぎゅっとした弾力がヤミツキになる旨さ。(写真は1/2で240円。)

中目黒時代は数々の星付きレストランにも卸していた名シェフだけあって、その腕の良さにいやはや感服だ。接客を担当する上品な奥さまと、パン作りに専念する職人気質のシェフ、夫妻で切り盛りする雰囲気もいい感じ!

食事としてのバゲットなど基本のパンのスタイルは同じだが、「新しい技術を得て製法を変えた」と中身は進化。国産小麦にほぼ切り替え、自家製天然酵母を駆使した味はどれも仕事への実直な姿勢そのものだ。

『ラ・ブランジェ・ナイーフ』の店舗情報

[住所]東京都世田谷区若林3-33-16 1階
[TEL]03-6320-9870
[営業時間]10時~18時 (パンが充実するのは昼ごろ)
[休日]火・水(ほか臨時休業あり)/予約可
[交通アクセス]東急世田谷線若林駅から徒歩2分

専門家も唸るしっとり食パンは必食の逸品

食パンが美味しかったと言えば三茶から歩いて8分の『ヌクムク』。いえね、食パンにハマってるもんで、調査店では全部それを食べてみたのです。さてココの「世田谷モチモチ食パンスペシャル(380円)」はしっとりを通し越して、もはやプルップルでみずみずしい食感。本誌連載中の女優の木南晴夏さんもお気に入りだそう。てことは私、美人女優と同じってことね(嗜好は)。(写真は一部カット)

シンプルな食パンから惣菜系まで、店内にはバラエティ豊かなパンが揃っています。写真の「奥久慈卵のクリームパン(210円)」は濃厚な奥久慈卵を使った自家製カスタードはポテッとした口当たり。生地もふわふわで人気NO.1のパン!

『ブーランジェリー ヌクムク』の店舗情報

[住所]東京都世田谷区太子堂5-29-3
[TEL]03-6805-5411
[営業時間]8時~20時、カフェ8時半~18時(金・土は~20時)
[休日]月・第1・3・5火
[席]計16席(カフェ)/全席禁煙/予約可
[交通アクセス]東急田園都市線ほか三軒茶屋駅北口から徒歩8分

ズラリと並ぶ美味の共演に毎日でも通い詰めたい

世田谷線ではほかに松陰神社前駅にある昔ながらの老舗『ニコラス精養堂』やアットホームなパンが並ぶ若林の『ピーターセン』なども調査したが、ぜひ足を運んでほしいのは……松陰神社前の『スドウ』だ。こちらも予約1ヵ月待ちの食パンが有名。でも人気の理由はそれだけじゃない。ソーセージや野菜を豪快に盛り付けたタルティーヌや、フルーツたっぷりのデニッシュなど、見て興奮、食べて感動のパンが目白押しなのだ。あーもう、ここでは魅力を書き切れない!ぜひご自分の目で舌で体感してくださいませ。写真の「世田山食パン」は、1斤310円、1本(2斤)620円。自家製天然酵母で発酵させ、表面はサクッと中は滑らか(写真は一部カット)

目指すのは「幅広い年齢層に楽しんでもらえる、見た目もきれいで食べても美味しいパン」。香り高く滑らかな口どけの食パンはなんと予約1ヵ月待ち。それを使った「ハニートースト(280円)」もすぐ売り切れてしまうほど!ハニートーストは、世田山食パンに蜂蜜とバターをしみこませて焼き、表面をキャラメリゼ。子供も大人も大好きな味!

『ブーランジェリー スドウ』の店舗情報

[住所]東京都世田谷区世田谷4-3-14
[TEL]03-5426-0175
[営業時間]10時~19時
[休日]日・月・火は不定休/予約可
[交通アクセス]東急世田谷線松陰神社前駅から徒歩1分

飛行機の風邪リスクは日常生活の113倍、席は後方を取れ

 ほとんどの人が一度くらいはひいたことがある風邪。しかし、間違った風邪対策が広まっているケースもある。たとえば、風邪薬。風邪薬は風邪を根治するものではなく、症状を緩和させるものだ。『一流の人はなぜ風邪をひかないのか?』『一流の睡眠』など著書がある医師の裴英洙(はい・えいしゅ)さん(以下「」内同)はこう話す。

「抗生物質は細菌を殺す薬で、風邪ウイルスを死滅させる薬ではないのです。細菌とウイルスは異なる病原体で、風邪はウイルスによることがほとんどです」

 また、誰かにうつしても風邪は治らない。

「人にうつすことで自分の風邪が治ることなどありません。相手が発症した頃にちょうど自分の風邪が治るので、そう感じるだけです」

◆飛行機、新幹線は最後列へ

 せきは1~2m、くしゃみは2~4m飛び、ウイルスは空中で45分ほど残存し、その後数時間で干からびて死滅する。

「機内の風邪リスクは日常生活の113倍との報告が。せきやくしゃみは前方に飛ぶので、理論上、ウイルスが飛んでくる確率が少ないのは、いちばん後ろの席です」

◆“超初期症状”に気づくこと

 誰しも風邪をひくパターンはだいたい決まっており、せきや鼻水などの明らかな症状が出たときは、もうひいてしまっている。

「集中できないとか、朝、体が重いなど、いつもと違うことが超初期症状です。そのときに前日までの行動を振り返り、“昨日会議でせきをしてる人がいたな”などの気づきによって、それが超初期症状だという確定度が上がる。その時点で行動習慣を変えれば、風邪をこじらせる確率が下がります」

【超初期症状の一例】
・食べ物の味が変わる
・いつもより集中力が続かない
・どに膜が張ったような感覚がある
・エアコンの温度を変えていないのに寒く感じる
・まばたきの回数が増える
・ランチでフライやラーメンを食べたくない
・唇がやたらに荒れて、ついなめてしまう
・二日酔いが治りにくい
・朝の目覚めが悪くなる
・本が長時間読めなくなる

うつ病や失職の原因にも…! 「乾癬(かんせん)」は“皮膚病を越えた病”

アンジェリカさん告白の皮膚病

皆さんは「乾癬(かんせん)」という病気を聞いたことがありますか?モデルの道端アンジェリカさんが、昨年 自身が患っていることを告白した、慢性的な皮膚疾患です。 欧米では以前から罹患率の高い疾患でしたが、日本でも食生活の欧米化やストレスから増加し、現在の患者数は約43万人と推計されています。また、10代から70代まで、年齢に関係なく幅広く分布しているのが特徴です。

10月29日は「世界乾癬デー」に制定され、世界中で啓発イベントが開催されました。日本でも10月28日(日)からの2日間、東京タワーで啓発イベント「INSPIRE JAPAN WPD 2018」が行われました。なぜ、そうした啓発活動が必要になるのか。それは、患者さんが多いにも関わらず、なかなか正しい理解が進まず、誤解されることがとても多い疾患だからです。そしてそのことが、患者さんを大きく苦しめてしまうのです。

自分のまわりが真っ白に…

「乾癬」の典型的な症状は、まず皮膚が赤くなって盛り上がる紅斑(こうはん)が発生します。次にその上を銀白色の鱗屑(りんせつ)がカサブタのように覆い、やがてそれがボロボロと大量にはがれ落ちます(落屑(らくせつ))。患者さんからは、「服を着ていても鱗屑がぽろぽろ落ちる」「ソファーに座っていると、自分の周りが真っ白になる」「立っていても、自分の足の形がわかるくらい落屑がある」との声が聞かれます。その心身の負担は相当に大きいものです。

「乾癬」の発疹ができやすい部位は、慢性の機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿伸側などです。さらに症状が進むと病変部が、互いにくっついて大きくなっていきます。 皮膚の一部である爪が変形することもあります。かゆみは、患者さんの約60~90%にみられますが、個人差があります。.

うつ病や、結婚をあきらめたりも

近年、「乾癬」は「More than skin deep」、すなわち皮膚にとどまらない病気であるといわれています。 「乾癬」の症状は皮膚表面で起こるため、見た目にも非常に目立ち、患者さんの生活の質が著しく低下します。  温泉やプールに行けない。皮膚症状が手足にでるため、スカートがはけない。半袖のシャツが着られない…など日常生活での支障は多くなります。さらに、日常生活の中で、手をさわることを躊躇されたり、「汚い」と陰で言われているのを耳にしたり…。そうしたことが大きな精神的ストレスとなり、ひどい場合は引きこもりや、うつ症状を来す例も少なくありません。結婚や出産をあきらめたり、仕事を失ってしまった事例さえあります。
このように、「乾癬」は皮膚病ですが、極めて社会的な病気でもあるのです。

「乾癬」は感染しない!!

「乾癬」をめぐる最大の誤解は何か?
それは、「カンセン」という名前から、つい「感染」に結び付けられ、ヒトに感染すると誤解されることです。しかし、「乾癬は絶対に感染しない」のです! 細菌やウイルスによる病気ではないので、発疹に触れても、温泉やプールに一緒に入っても、他人に感染する心配は全くありません。これは「乾癬」についての、極めて重要な情報です。「世界乾癬デー」が設けられたのも、この事実を啓発するためなのです。そして、治療をあきらめたり、やりたいことをあきらめたりしている乾癬の方々に、専門医にかかり乾癬を克服しよう、何でも挑戦できるんだよ、と呼びかけるためなのです。

「乾癬」の原因ですが、遺伝的要因に環境要因が加わって発症すると考えられています。 最新の研究では、免疫システムが深く関わっていることが明らかになりました。乾癬になりやすい体質に環境因子が加わると、免疫異常を起こし乾癬の発症につながると考えられています。

治療法は大きく進歩!

治療法は、症状にあわせてさまざまな方法を選択します。ステロイド外用薬やビタミンD3外用薬を患部にぬる<外用療法>、光源ランプで紫外線を照射する<光線療法>。それで十分な効果が認められない場合は、飲み薬の<内服療法>に移行します。 昨年、日本で「乾癬」の内服薬としては25年ぶりに発売された「オテズラ」という新薬は、これまでになかった機序で作用し、副作用も少ないとされ、内服療法の新たな選択肢となりました。

さらに、近年登場した、「生物学的製剤」の注射と言う、画期的な治療法は、炎症を起こす特定の体内物質を標的として、その働きを抑えます。皮疹の90%改善を目指すことができるようになりました。重症の患者さんでも皮疹のない状態を保持する事が可能となってきたのです。現在、生物学的製剤は7種類に増えています。
.
画期的新薬以上のものは…

「乾癬」の治療は時間を要します。長い治療の過程では、患者さんが希望を失ったような状態になることもありますもし周囲に患者さんがいたら、正しい知識を持ち、間違った先入観なしに接してあげることが大切です。具体的な事例としては…頭皮に「紅斑」があると、美容院や理髪店で避けられてしまうこともあるそうです。そうすると、患者さんにとっては、大きな心の傷になってしまいます。 「頭皮の専門家」でもある美容師・理容師さんが、「乾癬」について正しい認識を持って接して下さると、画期的な新薬と同じくらい、患者さんにとっては大きな支えともなるのです。
.
聖母病院 皮膚科部長 小林 里実

芸能人も通う「本家絶品! 煮込みカツカレーの店」がデカウマ

日本人の国民食「カレー」。家庭の味を再現したものから、インドカレーやタイカレーまで、じつに多様な種類が生まれているが、今、「煮込みカツカレー」なるものが千葉で人気を博し始めていると言う。

■スプーンで切れるトロトロのカツ
「本家絶品! 煮込みカツカレーの店」は、幕張駅から徒歩7分程度、下ったところにある。店の前には看板が出ており、その日のおすすめが手書きで書かれていて、温かい雰囲気だ。

店長のおすすめは、店の名前にもある通り、煮込みカツカレー(780円)だ。カツは4時間じっくりとかけて煮込んだ豚バラ肉に、パン粉をつけて二度揚げられたもの。

中はとろりとしていて外はさくさくのまさに絶品。スプーンでも簡単に切ることができるトロトロのカツだ。カレーは飽きのこない味に仕上げられており、柔らかく溶け込んだ豚肉が入っている。マイルドでコクのある味わいだが、何日か寝かせているのだろうか?

■トッピングも充実
メニューは、普通盛り、大盛り、超大盛り、店長盛りとある。今回オーダーしたのはご飯が600グラムの店長盛り。なんでも、店長が毎朝食べていたカレーの量が基準になっているそうだ。こちらが丼物のメニュー。2000円のデカ盛りカレー・フジヤマはもはやカレーとは思えないレベルの大容量。

トッピングや肉の種類も充実しており、唐揚げやエビフライなども追加可能だ。おすすめはチーズのトッピング(+150円)。ちなみに、福神漬は食べ放題である。壁にはテレビや雑誌などでのとりあげられた時のものや、店に来たタレントたちのサインも飾られている。

2階という立地、店長ひとりのワンオペ、完全セルフサービスと、なかなかコスト削減を頑張っている様子なだけに、このようなリーズナブルな値段に抑えられているのだと考えられる。なお、店長によると「第2・第4土曜日は、来てくれるといいことがあるかもしれない」と語ってくれた。ぜひこの日を狙って行ってみよう。

【本家絶品! 煮込みカツカレーの店】
住所 千葉県千葉市花見川区幕張町 5-417-112ミノサビル 2階
営業時間 11:00~26:00(第1水曜日が定休)
最新記事
PR
     

カフェ、ネイルサロン、ヨガ・整体マッサージ、レストランビジネス など様々な業種の方がプロ並みのHPがたった5分で作成出来ます!プロに依頼する必要はありません