知ってると楽しい『通】学! ■エンタメ・スポーツ
FC2ブログ

鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」

 劇団EXILEの鈴木伸之(26)が22日、東京ドームで開催された『タカガール・デーin TOKYO』(対オリックス・バファローズ戦)の始球式に登場した。鈴木にとって初挑戦の始球式。フジテレビ系連続ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(毎週月曜 後9:00)に出演中で白衣姿で登場し、マウンドの手前で「SUZUKI」と名前入りの背番号1のユニホーム姿になった。

 緊張の面持ちだったが、振りかぶって投じた1球は高めに浮いていたものの122キロを記録した。小学校から中学2年まで野球少年だったが、ヒジを壊して野球の道を諦めたという鈴木は投げ終えた後に取材に応じ「めっちゃ気持ちよかった。少年野球をやらせていただいていたので、あそこで投げさせていただくのは夢だった。別のかたちで夢が叶って、すごくうれしい」と東京ドームのマウンドを満喫した。

 内川聖一選手、高橋礼選手から技術面のほか「とにかく楽しんで」という金言をもらい投球に役立てたという。ただ、自己採点は90点という。「高めに浮いちゃったので。もうちょっと、どストライクに投げたかった。リベンジしたい」と次のチャンスを期待していた。

 また、GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーは昨年6月5日の巨人対楽天戦の始球式では当時芸能人最速の133キロをマークして話題に。鈴木は「彼にはかなわないと思いました。130キロ台を投げられるのは、あらためてスゴいと思いました」とうなった。ただ、練習では115キロがマックスだったが本番で7キロ記録を更新。「次は、また7キロ更新したい」と力を込めていた。

 この日は『ラジエーションハウス』の第3話が放送される。鈴木にとって初の月9出演ということもあり「月9というワードで、誰もがわかるドラマの枠。そこに出させていただいて光栄」と感慨深げだった。

 「タカガール」とはホークスを応援する女性のこと。毎年、ホークスの主催試合で「タカガール・デー」が設けられ、女性入場者全員に、タカガールユニフォームがプレゼントされる(ビジター応援席除く)。タカガールユニフォームは限定ユニフォームの中でも高い人気となっており、今年は初の投票形式で「Flare(フレア)」が選ばれた。 ピンクに染まったスタンドに鈴木は「色鮮やか。これで野球を見に来やすいと思う」と笑顔を見せた。

 「タカガール・デーin TOKYO」は今年、初めて開催。福岡での開催試合と同様にNPO法人「ハッピーマンマ」と協力し、乳がんの撲滅や早期発見の啓発・推進を呼びかける「ピンクリボン運動」の取り組み、選手がピンクリボンのロゴマークが付いた特別仕様のユニフォームや帽子を着用する。また、5月11日にヤフオクドームで行われる『タカガール・デー』(対千葉ロッテマリーンズ戦)の始球式は俳優・岡田健史(19)が務める。

AKB柏木 山口らに言及「情けない気持ちでいっぱい」と謝罪

アイドルグループ・AKB48の柏木由紀(27)が22日、自身の公式ツイッターを更新。21日に新潟市の専用劇場で行った公演で卒業を発表したNGT48の山口真帆(23)、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)について言及した。柏木は21日までNGT48の兼任メンバーとして、同日のチームN3公演に出演していた。

 柏木は「この立場にいながら大きな声を上げることができなくて本当に情けない気持ちでいっぱいです。。」と後悔の念をあらわに。「まほほん(山口)、りったん(菅原)、れなぽん(長谷川)、そしてメンバー、ファンの皆さん、本当にごめんなさい。言葉にできないくらい辛い気持ちを何度もさせてしまったと考えると、胸が痛いです。。」と謝罪した。

 柏木は、卒業を発表した3人とともに、2016年1月に発足メンバーとしてNGTに加入。AKBと兼任という形で過ごしてきた。また今年1月10日、被害を告発した山口が直後に出演した公演で、山口と2人のユニット曲「てもでもの涙」を歌うなど、近い存在でもあった。

 だが、騒動発覚からこの日まで、山口についての言及は一切なし。それだけに「こういう形になってしまったのは、わたしの力不足もあると思います。真剣に意見を伝えたり話をしたり話を聞いたりしても、すぐに会社や組織というものを本当の意味で変えることには繋がらないんだ、と痛感しました」と悔いをのぞかせた。

 その上で「メンバーとしてできることは限られているかもしれませんが、たくさんいるメンバーや活動していく環境に出来る限りしっかりと目を向けていきます。。たくさんの方に悲しい思いをさせてしまって本当にごめんなさい。皆さんに安心して応援していただけるグループをまた一から作って行けたらと思います」と、年長組として48グループの“再生”に尽力することを誓った。

堂珍と離婚の敦子 5児は高嶋ちさ子も驚いた「美男美女集団」モデルにスカウトも

 CHEMISTRYの堂珍嘉邦(40)と昨年末に離婚したモデルの敦子(40)が22日、TBS系で放送された「有田哲平・高嶋ちさ子の人生イロイロ」に出演。シングルマザーとして5人の子供を育てる鎌倉暮らしを公開した。

 鎌倉に移住する前は都内に住んでおり、高嶋ちさ子は敦子ファミリーのマンションの向かいに住んでいた。高嶋は今回のロケで鎌倉の自宅を訪問。4男1女のファミリーに「美男美女集団なんだけど」と驚いた。

 辛口で知られる高嶋だが、中3の長男(14)を見て「めっちゃモテるでしょ。超イケメンじゃない!」と声を裏返らせ、小4の長女(9)に「めっちゃ美人!」と驚き。敦子は長女がモデルにスカウトされたこともあることを明かしていた。

 敦子は2004年6月に堂珍と結婚し、同年12月に第1子となる長男、07年11月に次男、09年6月に男女の双子が誕生。14年2月末に第5子となる四男が誕生。14年4月に別居、離婚が報じられ、今年1月1日に昨年末に離婚していたことを双方が発表した。

 シングルマザーとして5児を育てているが「今が一番楽しいかも」と笑顔で語っていた。

NGT山口真帆 3人だけの卒業公演濃厚 前代未聞の花道に

NGT48の山口真帆(23)ら3人が卒業を発表してから一夜明けた22日、5月の卒業公演の出演者がこの3人だけになる見通しであることが分かった。山口が21日の公演で自身の事件に絡み運営会社トップの“パワハラ”を告発するなど内情を暴露。この件も含め、一連の騒動で他のメンバーとの関係が悪化しており、送り出すメンバー不在の前代未聞の卒業公演が現実路線になっている。

 21日の卒業発表のステージで「(運営会社AKSの)社長から“会社を攻撃する加害者だ”とまで言われている」などと主張した山口。一連の騒動で深まった運営側との溝が修復不能な状況が浮き彫りになった中、来月18日には卒業公演が行われる。このステージに立つのは、同時に卒業を発表した長谷川玲奈(18)、菅原りこ(18)と山口の3人だけになる見通しだ。

 背景には、他のメンバーとの共演が難しくなった現状がある。山口は自身の事件に絡み、運営のずさんな対応の告発を続けた。その度に混乱が広まり、活動の停滞が続くことで、運営との溝の深まりとともに、他のメンバーとの距離も開いた。その結果、山口と別のチームに所属するメンバーは21日の公演で騒動に関して言及しなかった。さらに同日夜、山口が「もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまった」などと卒業の理由を語ったことで、さらにメンバーとの距離が広まった。

 今月27日に横浜スタジアムで開催される48グループ合同コンサートに参加するNGTメンバーも渦中の3人を除く1期生17人。“山口派”が旅立つ卒業公演で全員が改めて同じステージに立つのは困難であることがうかがえる。  卒業公演といえば、卒業するメンバーが盛大に仲間に見送られるのが通例。メンバー不在でファンだけが送り出す異例の花道になりそうだ。

美しすぎる!『キングダム』長澤まさみの楊端和に惚れる人が続出

映画『キングダム』で、原作の人気キャラクターの一人である山界の王・楊端和(ようたんわ)を演じている長澤まさみ。作品自体が公開前から大注目される中、4月19日についに劇場公開を迎え、SNS上の感想には「長澤まさみの楊端和が最高だった」「惚れた」という反響も多く見られた。

 累計発行部数4,000万部(4月19日現在)に達した原泰久の人気漫画を実写映画化した『キングダム』は、原作漫画の5巻「王都奪還編」までを基に物語が展開する。舞台は春秋戦国時代の中国。大将軍を夢見る戦災孤児の少年・信(山崎賢人)が、後の始皇帝となる秦王・エイ政(吉沢亮)と出会い、王の弟・成キョウ(本郷奏多)の反乱によって追われた王宮を奪還するための戦いに身を投じていく。
.
 長澤ふんする楊端和は、山の民を武力で束ねる山界の王。圧倒的な強さと美しさを兼ね備え、“山界の死王”の異名を持つ。長澤は楊端和を、ただ戦いに強いだけでなく、威厳や存在感を伴った絶対的な強さを持った人物と分析しており、自身の性格の気の弱い部分が出ないように気を付けたという。話し方もできるだけ落ち着いたトーンと自身のリズムを心掛けた。

 楊端和の神々しさが一層増すアクションシーンでは、全身をフルに使って敵を次々と斬り倒していく。長澤は剣に振り回されないようにと撮影時に毎日素振りを重ね、1日1回、ベッドに当たらない寸止めの素振りを両手で同時に100回行ったことを明かしている。

 役の存在感や役割、込められた想いを受け止めた上で演じることにプレッシャーを感じていたという長澤だが、映画を観た人からは「長澤まさみが予想以上にかっこよかった」「美しすぎた」「マジで楊端和」と絶賛が続々。原作ファンからも期待をはるかに超えた実写・楊端和に惜しみない称賛が送られている。

「スタミナを...」「スタミナが...」「スタミナの...」 RIZIN登板も不評のGACKT、「ボクは要らない」と解説者引退宣言

格闘技の祭典「RIZIN.15」のゲスト解説をつとめたミュージシャンのGACKTさんが、一夜明けた2019年4月22日インスタグラムで「今後解説席に座ることはもうない」と宣言した。 「RIZIN.15」は21日にフジテレビ系で放送されたが、GACKTさんの解説についてインターネット上では酷評が相次いでいた。「引退宣言」を受け、ネット上ではさまざまな意見が噴出している。

■「ボクが格闘技ファンとして客観的にボク自身を見たらボクは要らない」

 18年大晦日に那須川天心選手対フロイド・メイウェザー・ジュニア選手戦を実現させ、格闘技ファンだけでなく一般層にまで人気が拡大しつつある総合格闘技RIZIN。4月21日に横浜アリーナで開催された「RIZIN.15」は、その那須川選手が今度は「フィリピンの英雄」マニー・パッキャオ氏の刺客、フリッツ・ビアグダン選手と激突する1戦が組まれるなど、大きな注目を集めていた。

 この一大イベントのテレビ放送でゲスト解説に招かれたのが、大の格闘技ファンとして知られるGACKTさん。だが大役を終えた翌22日のインスタグラムで吐露したのは、 「今回度重なる要請を受けてやったものの、ボクの話すペースは全く解説者向きじゃない。解説を本業にやってる方達にも失礼だとも思うし、技術面も話せる人がいるならボクがそれを話す必要も全くない」

と、自身の「立ち位置」に戸惑っていることを伺わせるネガティブな心境だった。そして、 「今後解説席に座ることはもうない。これで最後だ。強く頼まれたこととはいえ、ボクが格闘技ファンとして客観的にボク自身を見たらボクは要らない」

と解説から身を引くことを宣言した。
.
「スタミナを...」「スタミナが...」「スタミナの...」

 GACKTさんが放送中に展開したトークへの評判は、必ずしも芳しいものではなかった。特に指摘が多かったのが、RENA選手対S・ジャン・フランソワ選手戦で「スタミナ」と連呼していたこと。試合前に「RENA選手はどれくらい練習してスタミナをつけてきたのかが気になります。お互いスタミナのない選手なので、勝負は思った以上に早く着くのではないか」と予想すると、1R途中では「ここら辺で決めないと、RENA選手のスタミナのことを考えると、なるべく早いラウンドでグラウンドに持っていって締めたほうが良い」と解説した。

 2R開始前にも「RENA選手もフランソワ選手もスタミナが強い選手ではないので、なるべく早い段階で試合を終わらせにくるとみえると思うんですよ」と展望。だが予想に反して試合は最終3Rに突入すると、「RENA選手は苦手なスタミナの甘さが仇になるかと思ったのですが、実際今回の試合では調整してきて、彼女はフランソワ選手よりスタミナで上回っている。相手は試合を焦っている。スタミナがないので」と両選手のスタミナに再び言及。終了間際にも「相手もグラウンドに持ち込もうにもスタミナが切れている」と指摘した。

 結局RENA選手が3-0の判定勝利に終わったが、試合後のGACKTさんは感想を聞かれ「ひいき目なしにRENA選手のスタミナがフランソワ選手を上回っていた」とやはりスタミナを最重要視していた。こうした解説にツイッターでは、

  「Gackt氏の解説が RENA戦でやたらスタミナはがないって言ってたのは少し的外れやった」
  「スタミナスタミナうるさいねん」
  「GACKTの解説いる??  スタミナしか言わないじゃん」

と不満の声が漏れることになった。

 GACKTさん特有の低く落ち着いた語り口に対しても「ボソボソで何言ってるか解らない。伝わらない解説」「喋り方が壊滅的に解説・実況に向いていない。聞き取りづらくて逆に気になってしまい映像に集中できなかった」などと快く思わない視聴者も多かったようだ。

ともに解説務めた元格闘家は...

 ただ、辛辣な意見ばかりではない。ツイッターでは、

  「GACKT氏の解説がかなり苦情殺到の御様子ですが、個人的にはかなり好きでした。 業界人ではなく、重度の格闘技ファンとしての目線での解説」
  「格闘技は全くわからない私ですが、GACKTさんの解説よく聞けてわかりやすかったです」

と前向きに受け止める声もある。

 番組でGACKTさんとともに解説をつとめた元総合格闘家の藤井恵氏はツイッターで22日、上記RENA選手の試合について

  「3R gacktさんがスタミナが切れてきたと言ってたので『スタミナ切れてきたのでRENA選手は蹴りでボディ効かせていけば良いと思います!』と言おうと思ったら時間がすぐ流れてしまった。試合はほんとにコンマ数秒で時間が流れる。解説でもっと選手の事や動きを伝えたいなと色々反省しました」

と振り返っており、GACKTさんの試合中の指摘に一部同意するような形となっている。

 GACKTさんのインスタでの「引退宣言」に対しても、ファンからは「賛否両論あると思いますが解説向きのスピードじゃないって言うけど逆に早口で言われるより聞きやすいし分かりやすくて私はGACKTさんの解説好きです」「格闘技全然わからない人でも興味を持てるような解説だと思いますよ」と継続を願う声が相次いで届いている。
最新記事
PR
       

FC2Ad