幸せ呼ぶ猫神の呟き ■芸能ネタ一覧

アルマーニ制服に“ズレ発言”、アホの梅宮アンナに批判続出

2月12日の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、銀座の泰明小学校が“アルマーニ”の制服を採用したニュースが取り上げられた。レギュラー陣が批判的なコメントをする中、タレントの梅宮アンナ(45)が“セレブ発言”をしたことで、世間から「やっぱりズレてる」とあきれられているようだ。

 泰明小学校が制服にあたる“標準服”として、イタリアの高級ブランド“アルマーニ”監修のデザインを採用したことで、高額すぎると、大きな話題を集めたこのニュース。

 番組で学校へ保護者からも批判が殺到していると説明されると、コメンテーターを務める女優の遠野なぎこ(38)は「小学生に一流も二流も分かんのかな」と否定的なコメント。同じくコメンテーターの漫画家の倉田真由美氏(46)も「とんでもないと思ってますよ。公立学校だし」「公立校っていうものの本分をわきまえて欲しい」と“アルマーニ制服”を批判した。

 そんな中、MCの阿部哲子アナ(39)から話を振られた梅宮アンナは、「アルマーニ大好きです私」とひと言。梅宮は続けて、「(泰明小学校は)有名だし、銀座にあるし」「(泰明小学校は)普通の公立とはちょっと違う」と学校側に理解を示すコメントをすると、倉田氏は「いや普通の公立だから!」とツッコミ。倉田氏は続けて「公立校は公立校だから!」「そういうとこ勘違いしないで欲しい」と梅宮の意見に猛反発していた。

 ネットでも批判的なコメントが多く、注目を集めていた話題なだけに、梅宮のコメントも悪目立ちしてしまったようで、放送後のSNSなどでは「お金持ちの芸能人は金銭感覚も違うんだろうね」「一般常識通用しない人に聞いたらあかん」「お金に余裕がある人は違うね」「世間から見れば高くてもアンナからしたら安いのか?」と、梅宮への否定的な声が続出した。

「梅宮は月曜レギュラーとして出演していますが、番組では一貫してセレブキャラとしてスジを通しています。昨年のクリスマス前の放送では、恋人にエルメスの高級マフラーをもらったのに、気に食わなかったため、店への返品を要求したと告白していましたし、今年に入っても“お金と幸せ”という話題で“1日10万円は必要”とセレブ発言をしてましたね。そのようなコメントをする人は、最近芸能界でも珍しいですし、そのためにバッシングも受けてしまうのでしょう」(テレビ誌ライター)

 さまざまな意見を集めている泰明小学校の制服。梅宮のような、セレブ派の意見を持つ人もいるのかもしれない。

辻希美、豪華な夕食の献立に自信満々も「惣菜だろ」「手抜き」の総ツッコミ

 タレントの辻希美(30)が自身のブログに投稿した写真でまたもネットが盛り上がっている。辻といえば出演したバラエティー番組で、流しそうめんにウインナーを入れていたというエピソーソが紹介され、タレントのフィフィ(41)から「(炎上は)わざとやっているのではないか」とツッコミを受けるなど、SNSでの炎上芸がすっかり定着している。

 そんな辻が18日に更新した夕食の写真がまたも物議を醸している。この日の夕食のメニューは肉じゃが・海老フライ・ホッケといった一般的な食卓としては一見豪華な献立だった。

 しかし、すぐに写真の不自然さが目に付いたようで、一部のネット上では「このまっすぐな海老フライは家庭ではできない。お惣菜だね」「ホッケ、家族で1枚なの!?」「ホッケは家族で1つ、海老フライは一人2本。バランスが悪い」など、テレビでフィフィが指摘したのと同じように厳しいツッコミが殺到してしまった。

 ちなみに辻は、この日の前日に焼肉を家族で食べに行っていることを報告。それもあってか「本日も手抜きですか!」などのコメントも多かった。今までにも夕食写真を何度も投稿しているが、ほぼ毎回批判の声が続出してしまっている辻。今後、彼女の夕食が褒められる日は来るのだろうか。

野性爆弾くっきーが最高月収告白

お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー(41歳)が、2月15日に放送されたバラエティ番組「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(毎日放送)に出演。最近のブレイクを受けて手にした最高月収について語った。

番組ではこの日、各地で開催されている展示イベント「超くっきーランド」が大盛況であることに触れ、番組MCのメッセンジャー黒田が「給料なんぼなったん?」と質問。

くっきーは「それはテレビでは言われへん」「多かった多かった。儲かった」と、自身の具体的な収入事情を明かすことを拒んだが、黒田がさらに「過去最大か?」と追撃し、藤田ニコルが「何、何個分?」となにかに例えるようにお願いした。

すると、くっきーは「100円のリンゴが350個分」と回答。しかしそれでは3万5000円にしかならず、計算間違いに気が付くと「350万って、なんて言えばいいの?」と自ら具体的な数字を明らかにしていた。

韓国で大絶賛。小平奈緒が見せたイ・サンファへの「最大の配慮」

2月18日に行われた平昌オリンピックスピードスケート女子500メートルで、悲願の金メダルを手にした小平奈緒選手。同種目五輪3連覇が期待された韓国代表のイ・サンファ選手を下しての優勝となったわけですが、韓国ではどのように報じられているのでしょうか。無料メルマガ『キムチパワー』で韓国在住の日本人著者が、「21世紀の中でも『大事件』に数えられる出来事」として伝えてくださっています。

奈緒とサンファ

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルが18日、当地の江陵オーバルで行われ、小平奈緒(31、相沢病院)が36秒94で五輪新記録をマーク。この記録で金メダルに輝いた。

奈緒は14組。ライバルの韓国のイ・サンファ(李相花)は次の15組。奈緒がオリンピック記録をマークした後の行動が全世界の(特に韓国の)人々を驚嘆させた。

静かに! というジェスチャーをしたのである。

おそらく次に控えているイ・サンファに対する最大の配慮だったものと思われる。自分は今オリンピック記録をたたき出したけど、次のサンファにもがんばってもらいたい。平常心でがんばるには観衆のドンちゃん騒ぎはよくない。そういう思いで静かにしてほしいというジェスチャーをしたのだろう。

観衆も奈緒のその合図をすぐ受け止め会場は静かになりイ・サンファのスタートは完璧の状態で実現した。はじめの200mくらいまではサンファのほうが早かった。結果的には奈緒の36秒94が五輪新記録かつ金メダルとなったけれど。

イ・サンファがレースを終えて奈緒の記録より下であることを確認する。サンファははじめは涙はなかったが、数秒後からはほとばしる涙にうずもれた。あの涙は、奈緒に負けて悔しいというよりは、3回のオリンピック、大怪我もありいろいろの挫折もあったなかでよくやってきたなあ、という自分への慰めの気持ちや、家族や世話になった人々への感謝、これで責任は果たせたという安堵感…、、そういった万感の思いが一度に湧きあがってきたからだと筆者は思う。一部マスコミは、奈緒に負けての悔し泣きみたいな書き方をしているけれど、決してそうではない。

サンファのレース後、奈緒がサンファに近づいていった。「いい記録が出せたね」とサンファ。「サンファもがんばったよね。あたし、今でもサンファのこと、尊敬してるんだ」「奈緒は、500だけじゃなく1,000にも1,500にも出てすごいよ。奈緒が一番だわ」

そんな会話があったみたいだ。筆者の想像の部分もちょっとあるけど、だいたいそんな対話がなされたと2月19日(月)朝の韓国のMBCというテレビがいっていた。奈緒を讃える報道が、今、韓国のどのテレビ・新聞でもやられている。21世紀の中でも「大事件」に数えられる出来事だと思う。

とにかく、奈緒がサンファを抱くようにして慰める絵が今回のオリンピックの最大の収穫である。

二人はライバルでありながら最大の親友でもあったらしい。奈緒がオランダに行くときに、空港までのタクシー代をサンファが出してくれたり、日本にサンファが遊びに来たときには、奈緒が最大のおもてなしをしたり。

こんな美しい関係を韓国と日本の間で作ることができるのだ。驚きと同時にかぎりない希望が湧く瞬間であった。

二人が女性だということも、大いに関係があると思う。女の恨みは、夏でも雪を降らせるなんて言い伝えがこちら韓国にはあるけれど、女の愛は、どんな氷でも溶かしてくれるということも事実だ。奈緒とサンファ(相花)。氷上に咲いた二つの大輪をいつまでも記憶しておきたいと思った。

男性性よりは女性性をもってやっていけば、おおくの問題もやわらかく対処しながら解きほぐしていくことができるものと思われる。女性性を大切にしていくべしだ。

サンファが奈緒にくず折れるようにして涙を流している絵を見るたびにこちらもとめどなく涙が流れてきてしまう。こんな感動を与えてくれた奈緒とサンファの二人に、最大の拍手を送りたい(こんなことぐらいしかできないのが残念だ)。

藤沢五月、日本カーリング女子を牽引「美人スキップ」に韓国男子も熱視線!

 平昌五輪大会7日目の2月15日、地元の大声援を受ける韓国チームを相手に、完全アウェイの中、7対5で勝利を収めた日本カーリング女子チーム。ピンチになっても笑い声が起こる、極めて陽気なメンバーを引っ張るのが、スキップの藤沢五月だ。今、そんな彼女の笑顔が、開催地の韓国で注目を集めているという。

「大きく扱ったのが韓国メディア。地元チームを破った宿敵日本の選手でありながら、その美貌に大きな注目が集まり、韓国のスポーツサイトでは藤沢が『韓国語も話せる』と報道。地方紙では試合後に『藤沢五月』の名前が検索ワードで急上昇したことを紹介し、ネット上では韓国の女優、パク・ボヨンに似ているとの意見も。地元スポーツ紙では美貌だけでなく日本の大会で過去5度優勝していることなどが報じられています」(週刊誌記者)

 頼れる司令塔だが、「自分の弱さを受け入れ、仲間に頼る」ようになって成長できたという藤沢。今後の試合でも攻撃的で正確なプレイと、あふれる笑顔で観客を魅了してくれることだろう。

カナダ選手への脅迫は愛国心?韓国人を擁護するテレ朝に長嶋一茂が反論

 13日に行われた平昌五輪・ショートトラック女子500メートル決勝が波紋を呼んでいる。同決勝では韓国のチェ・ミンジョン選手(20)と、カナダのキム・ブタン選手(23)が接触し、ミンジョンは2位でゴールしたものの、ブタンの体を押したと判定されて失格となり、その結果、ブタン選手は3位に繰り上げられ、銅メダルを獲得するという結果になった。

 だがその直後、ブタン選手のインスタグラムに、韓国の一部ネットユーザーから中傷投稿が相次いで大炎上。その数はレース後わずか1時間で1万件にも及び、中には「その汚い手を切り落としてやる」とか、ナイフの絵文字付きで「If I find you,you will die(見かけたら殺す)」など脅迫や殺害をほのめかす書き込みまであったという。事態を重く見たIOC(国際オリンピック委員会)は急遽、カナダ人選手に敬意を払うよう促す、異例の呼びかけを行った。

 その一方で、韓国国内では青瓦台の「国民請願」の掲示板に「ミンジョン選手を失格させた審判を懲戒してIOCに控訴しろ」という書き込みが3万人以上の支持を集めたとも。ブタン選手は表彰台で涙を見せて号泣する姿を見せた。韓国『中央日報』は「一部では韓国内での非難が高まったためとされる」と報じている。晴れの場たるはずの表彰台で、自身に飛んでいるのが祝福ではなく、呪詛の言葉だと知った彼女の動揺は計り知れない。

 この事件は日本でも話題となり、16日の『モーニングショー』(テレビ朝日系)でも取り上げられた。番組ではVTRでレースを検証し、「ブタン選手が押したようにも見えるが、ルールでは追い抜こうとした側(ミンジョン選手)が責任を問われる」と解説した。ここでテレビ朝日社員でコメンテーターでもある玉川徹(54)も「間違った愛国心だろうけど…こういうのダメだよね」と韓国人たちの行動を諌めたが、この「愛国心」という言葉の使い方が引っかかったのか、隣りにいた長嶋一茂(52)の何かに火を着けてしまった。

 一茂は「本当に愛国心があるかないか分からない。もし韓国の人たちがそんなことやったら、世界でどんな風に見られるか考えれば、間違ったも何も、愛国心じゃない」と一喝して玉川を黙らせてしまったのだ。 中国には「愛国無罪」なる言葉が存在する。「国を愛することから行われる蛮行に罪はない」というデタラメな理屈で、05年4月に中国で起きた反日デモでも掲げられた。もちろん自国の選手を応援することは素晴らしいことだが、行き過ぎた行動はもはや愛国心ではない。20年の東京五輪を前に、反面教師として今回の平昌に学ぶことは少なくない。
GMOコイン株(東証一部上場)
最新記事
12

Designed by FC2ブログSEOテンプレート最適化. Powered by FC2ブログ

FC2Ad