幸せ呼ぶ猫神の呟き ■エンタメ・スポーツ
FC2ブログ

次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

 次女Koki,の芸能界デビューで、久々に注目され出した、木村拓哉・工藤静香夫妻だが、年明け早々、木村の言動が話題になっている。

 バラエティー番組で、ドッキリを仕掛けられ、思わず本音が飛び出した。

「だって、やることなすことね、いろいろ叩かれるから。自分だって言われるもん。何をやったってキムタクだって」と語ったことに対し、ネットでは、共感や称賛の声が上がった。

 もっとも、こうした反応は木村に対してだけではない。スーパースターが、ちょっと弱音を吐いたりすると、

〈普通に悩んだりしているんだ。彼も普通の人間なんだ〉

〈身近に感じるようになった。余計好きになった〉

〈いつもいきがっているのに、彼も生身の人間なのね。素敵〉

 などと、称賛の声がよく上がる。

 それほど、褒め称えることでもないと思うが、それはさておき、木村が「何をやってもキムタク」と言われることを気にしていることは事実のようだ。

 そんな木村は、昨年末、週刊文春に「家庭内独居」と報じられた。

 妻・静香と娘たちとの輪に入っていけず、孤立しているのだという。

 彼の言う通り、何をやっても叩かれるのは間違いないようだ。「文春」は、“独居”の原因は、Koki,の芸能界デビューにも関係があると指摘した。

 ここにきて、娘のことを語る場面が見られる木村だが、「文春」の直撃を受けた時、苛立ちを見せながら、声を荒げ、記者を追い払ったという。取材の意図もキチンと確認せず“どうして?”と思うが、本当は彼は、娘に関して何も話したくないのだろう。

 そんなことから、木村がKoki,の芸能界デビューをそれほど歓迎してはいないのではないかという疑念が生まれてくる。

 そこには、彼女の、芸能界デビュー戦略の失敗が見え隠れする。“謎の新人モデル”はどこまでも“謎”のままのほうが、木村の負担も少なかったろうに。

“ミステリアス”を売りにしておきながら、いとも簡単に、拓哉・静香の娘であることが発覚し、そもそも、誰でも感づいてしまいそうな芸名からも、最初から、キムタクの娘として売り出そうとした意図がうかがえる。そこに小賢しさを感じた人も多いだろう。

 しかも静香ときたら、SNSでもライブでも「娘はすごい」と、親バカぶりを隠さない。

 Koki,に関しては、宇多田ヒカルと比較されることが多いが、宇多田はアーティストとして、デビュー当時から、はっきりした実績を上げた。

 Koki,はどうだろうか。ハイブランドのアンバサダーに選ばれたとはいえ、何回かイベントに出たくらいだし、CM出演も1社だけ。作曲もしているというが、楽曲が大ヒットしたわけでもない。

 スーパーモデルとして世界を舞台に活躍したいのか、音楽活動をしたいのか、タレントになりたいのか、今の彼女からは何も見えてこない。

 今年は、どんな活躍を見せてくれるのか、楽しみな反面、心配せずにはいられない。

(取材・文=芸能ジャーナリスト・佐々木博之)

偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

「こいつクソ野郎だなって本当に思います」

 元タレント羽賀研二(57)が詐欺罪で服役中に強制執行妨害の疑いで逮捕されたことについて、初代「いいとも青年隊」でともに活動していた野々村真(54)はそう吐き捨てた。フジテレビ系「バイキング」生出演の際のコメントで、羽賀が梅宮アンナと「バカップル」と呼ばれ騒がれていた当時、羽賀を「希代のワル」と言い、交際に断固反対した梅宮辰夫の洞察力は確かだったと、ほかの出演者らとうなずきあっていた。

 羽賀は未公開株の売買で元値の3倍の1株120万円とウソの価格を持ち掛け、計約3億7000万円をだまし取った詐欺罪で2013年に懲役6年が確定し、現在服役中。裁判所はおよそ4億円を賠償するよう羽賀に命じていた。今回の逮捕は、これを免れようと妻と偽装離婚し、資産を元妻の名義にして隠した疑いだ。

■金の亡者

 羽賀の知人が言う。

「刑務所に入るとき、本人は改心を誓っていたので、今月末の出所目前の逮捕に驚いています。奥さんは小学生と就学前の子どもを連れ、月に4~5回も刑務所で羽賀と接見していると聞いていました。偽装離婚といい、金の亡者で、刑務所に入る前とどこが変わったのかと呆れてしまいます」

 羽賀がアンナと交際当時から取材するベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「金銭トラブルに女性問題と、次々出てくる疑惑のたびに直撃したものですが、羽賀は『それはね、青山さん』とこちらの目をまっすぐ見て、とうとうと自己弁護を並べていく。頑として疑惑を認めないんです。ものすごいバッシングでしたけど、それをものともしないずぶとさのようなものがあった。渦中のときにこちらの携帯を鳴らし『この話知ってますか?』と同じタレント仲間のスキャンダルを振ってきたこともある。ああ、楽しんでいるんだなあって思ったものです」

 羽賀は沖縄県コザ市(現・沖縄市)出身。日本人とアメリカ人のハーフだ。

「羽賀の実家を取材で訪ねたとき、そのルーツを垣間見た気がしました。3度の食事にも事欠いた極貧の生い立ち。電気店の物置で暮らしていたこともあるとか。そんな環境で自分を育て上げてくれたお母さんに何とか楽をさせようと誓い、芸能界入りを決めたのだそうです」(青山氏)

 母を楽にという、その気持ちにウソはなかったのだろうが、苦労が人間を育てずに精神までむしばんでしまった。

「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて

「ここに友達をつくりに来ているんじゃないよ」

 私がカープに入団した頃、大先輩の衣笠祥雄さん(享年71)に言われた言葉である。編成の立場で二軍の選手を前にミーティングすることがあると、いつもこれを引用し、こう続けた。

「他球団の編成の方が見に来ている。欲しいと思ってもらえる選手にならないといかんぞ」

 編成の仕事で最もつらいのは「戦力外通告」である。

 後半戦に入ると、二軍の由宇球場に行き、二軍監督、コーチに意見を聞きながら「リスト」のたたき台を作成する。それから一軍の首脳陣に意見を聞き、総合的に判断する。8月末に完成させ、9月上旬には鈴木清明球団本部長、松田元オーナーに提出するのが通例となっていた。

 オーナーは二軍もよく見ている。由宇球場に行くこともあるし、二軍のテレビ中継もチェック。定期的に届く二軍首脳陣からの報告書にも目を通している。緒方孝市監督が「もう1年見てみましょう」と言えば、そのまま伝える。「監督がそう言うとるなら残そうじゃないか」とオーナーが言ってくれれば、契約延長が決定する。

 このように現場で最も意見が尊重されるのは一軍の緒方監督だ。「秋のキャンプにも連れて行きますし、来年使いたいと思っています。オーナーにそう伝えてください」と言われ、クビを免れたケースもある。最終決定権はオーナー。当落線上にいる選手の場合、だいたいオールスターまでに決まるといっていい。

「戦力外」は鈴木本部長が直接「来年は契約しません」と通告する。育成選手には私が伝えた。その後、通告された選手を全員集める。鈴木本部長には言えなかったことがあるかもしれない。涙を流しながら「何でクビなんですか? 何がダメだったのですか?」と聞かれれば、「やらされる練習しかやっていなかったのは、コーチも見ているんだよ」「カウントを取れる変化球が2つしかなかった。ウイニングショットが欲しかったな」などと技術、精神面の両方を説明しながら納得してもらうように努めた。「川端さん、ボクは給料のことは我慢したんですよ」と言われると、返す言葉もなかった。なだめて次の人生へ切り替えさせるのも仕事である。

「これからどうするか」の面談を行い、セカンドキャリアとして再就職の紹介もする。広島の企業はカープの元選手に優しい。球団には生命保険、建設、スポーツ店などからの求人が届く。野球を続けたい選手のため、中国地方の社会人野球チームにも受け入れをお願いしている。それでもトライアウトを受験してNPB球団での現役続行を希望する者が圧倒的に多い。

 最近では梵英心が印象深い。カープ一筋50年以上の苑田聡彦スカウト統括部長が「私が見た歴代のショートの中で一番うまい」と言った名手。苦しい時代のチームを支え、2017年限りで自由契約となった。これには理由があった。

(つづく)

テレ朝・弘中アナの反省文告白が話題 高校時代にやらかした「知的な悪さ」

 最新の「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)で、有働由美子アナ(フリー)に次いで、2位にランクインしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(27)が、番組内で明かした高校時代の“悪さ”が局内で話題になっているという。

 レギュラー出演する「激レアさんを連れてきた。」14日放送分で弘中アナは、高校時代に反省文を書かされたことを明かし「何で書かないといけないのかなって思ってましたけどね」とサラリ。その理由については「言えない!言えない! でも法には触れてないです。知的な悪さをして…」と告白した。これには番組司会の「オードリー」若林正恭から「悪そうだな、それ!」とツッコミを浴びた。

 看板番組の「ミュージックステーション」ではタモリの横で5年間サブMCを務め、昨年9月に卒業したばかり。弘中アナの経歴をみると、慶応女子高時代はオーケストラ部、スキー部に所属していた。

「ベビーフェースで、ロリ顔好きの視聴者に人気ですが、その弘中アナの“知的な悪さ”とは何なんだ!と話題になってますよ。本人に聞いても本当のことはしゃべらないだろうけど…」とはテレ朝関係者。

 昨年6月には人気バンド「ONE OK ROCK」のリーダー・Toruとの熱愛も発覚。それでも人気なのは「激レアさん――」で手作りの絵や模型を使った番組進行ぶり、毒舌、本音が好評だからといわれている。

 テレビ関係者は「昨今は女子アナもプライベートを明かして場を盛り上げる時代ですが、仮にイジメの加害者だったりしたら、シャレにならない。テレビ局側もさすがに女子アナの過去の悪い話は止めるでしょうね」と話している。果たして真相は?
最新記事
PR
       

◆今月のおすすめドメイン 上場企業97%の登録実績をあなたのサイトにも。年間920円(税抜)

FC2Ad