暑いほど「正露丸」が売れるって本当?大幸薬品に聞いてみた

暑さと「正露丸」の意外な関係について、大幸薬品に取材した。

暑さで「正露丸」が売れている

暑い日が続く中、意外な商品が売り上げを伸ばしていると分かり話題となっている。朝日新聞は先日、暑さで「正露丸」が売り上げを伸ばしていると報じた。気温が23度から1度上がるごとに売り上げが5%伸びるという。

意外な関係についてネット上には「意外」「マジか」「何それ、うけるw」「謎のニュース」「なぜ?」と驚く声や「僕もお世話になってます」「下痢してんのは私だけじゃないんだ」「今飲んだ」「私も欲しいかも」という声など、多くの反響がよせられている。

8月が「正露丸」販売のピーク

正露丸を製造販売する「大幸薬品」の広報部に詳しい話を聞いた。

過去10年間(2007年4月から2017年3月)の売上の月平均に対する8月の季節指数は131%でした。 気温が最も高く(*)なる夏場の8月に売上のピークが見られています。(*参考:気象庁:東京の日平均気温 月平均値)※上記過去10年の期間には2017年4月発売の「正露丸クイックC」の売上高は含まれておりません。

正露丸が一番売れる時期を聞くと、

例年、梅雨明け頃から徐々に売り上げが増加し、8月に販売のピークを迎える傾向が見られます。

とのことだ。

「水分取りすぎ」や「クーラー」などが原因か

大幸薬品は夏場に「正露丸の売上が伸びる理由」を次のように話す。

熱中症の予防のために水分を取りすぎることによって胃腸がダメージを受け下痢を引き起こしたり、冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎによる身体の冷え、熱帯夜をしのごうとクーラーや扇風機をつけたままで就寝してお腹が冷えたりするなど、夏ならではの生活習慣から、お腹にトラブルを抱える方が多くなっている可能性が高いと考えられます。

同社が昨年実施した調査で、「夏の下痢」経験者に「下痢のリスク=ゲリスク」をたずねると、1位に「冷たいジュース」(78%)、2位に「冷たいスイーツ(アイスやかき氷など)」(76%)、3位に「冷たいコーヒー、紅茶」(71%)という回答が続いたという。

冷たいものの摂りすぎが、主な「ゲリスク」になっています。

また、「夏の下痢」を起こしやすい人に、どんなシーンで「下痢」になったら嫌か聞いたところ、1位は「海・プール」(82%)、2位「移動中の乗り物内」(79%)、3位「通勤途中の電車内」(77%)が続いた。

多くの「夏の下痢」経験者が、トイレが見つかりづらい外出先で「下痢」に襲われることを不安に感じているようです。

なお、「夏は他の季節よりも『下痢』に気を付けるべき」と答えた人は約8割にも及ぶなど、夏の「ゲリスク」の高さを理解している人は多いという。 しかし81%の人が「夏は他の季節よりも『下痢』の原因となる『誘惑』に負けやすい」と答えた一方で、夏の下痢対策に自信を持っているひとはわずか25%のみだった。

多くの人が「夏の下痢対策」の必要性を分かりつつも、実行できない現状が垣間見える結果となっています。

海外旅行の必需品

さらに、夏に正露丸の売上が伸びるのは「旅行シーズン」ということも影響しているという。 世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」による「海外旅行に行く際の旅行者のお気に入り」についての調査「トラベラーズチョイス~旅行者のお気に入り~2016」の海外旅行編の「薬(内服薬)」カテゴリで「正露丸」が1位を獲得した

旅行者に人気なのは、やはりニオイの少ない糖衣タイプなのだろうか?

旅行者の方に「正露丸」「セイロガン糖衣A」どちらが人気かという調査は行っておりませんが、成田空港ではニオイのある「正露丸」のほうがより多く売れています。 年配層を中心に幅広い年齢層のお客様から強い支持をいただいております。

夏の他にも売り上げが伸びる時期はあるのか。


夏の時期のような売り上げの増加は見られませんが、例年、常備薬としての買い置きや忘年会シーズンを迎える12月も売り上げの増加がみられます。

大幸薬品「健康に夏を過ごしてほしい」

最後に暑さで正露丸の売上が伸びていることについて、次のように話した。

「ゲリスク」が気になる夏本番に、「夏の下痢対策」アイテムとして、腸の動きを正常化する「正露丸」・「セイロガン糖衣A」・「正露丸クイックC」をお手元に控えていただければと思います。 大幸薬品の「正露丸」は大腸の正常な蠕動運動を止めずに効果を発揮するため、便秘になりにくく、下痢の原因となる最近、ウィルスや毒素などを腸内に留めておくことはありません。 感染性の下痢などお腹のトラブルに見舞われた際の第一選択薬としてご使用いただけます。 健康に夏を過ごしていただければと願っております。

安倍ファミリー加計獣医学部の図面で発覚 最上階に“豪華パーティー会場”

 加計学園の獣医学部新設計画は、やっぱりデタラメだった――。

 愛媛県今治市で建設中の岡山理科大学獣医学部キャンパス。建築図面が流出したとのウワサが永田町を駆け巡っていたが、日刊ゲンダイは全52ページにわたるその図面を入手した。驚いたのは、最先端のライフサイエンス研究とは無関係な豪華“パーティー施設”が計画されていることだ。

 日刊ゲンダイが入手したのは〈(仮称)岡山理科大学 獣医学部 今治キャンパス 新築工事及び周辺工事 獣医学部棟〉と題された建築図面。作成者として加計学園関連グループ会社の「SID創研」と「大建設計」の名前がある。日付は平成29年3月。図面は全52ページの詳細なもので、7階建ての獣医学部棟の平面図や断面図、施設配置図や設備品まで事細かに記されている。

 1~6階は講義室や実習室、実験動物飼育室などとなっているのだが、最上階の7階の図面には、教育施設として似つかわしくない表記が出てくる。「ワインセラー」「冷蔵ショーケース」「ビールディスペンサー」……。一体、何のための設備なのか。図面には「パントリー(配膳室)」と書いてある。隣は「大会議室」だ。つまり、会議室を“宴会場”として利用するための設備のようなのだ。

■立食なら100人規模のパーティー可能

 獣医学部キャンパスは今治市内でも高台にあたる「いこいの丘」にある。最上階ならかなり見晴らしがいいはずで、建物の北西に位置する「大会議室」からは瀬戸内海が望めそうだ。

 1級建築士に図面を見てもらったところ、会議室の大きさは「ホテルの宴会場」程度もあり、立食なら100人規模のパーティーが可能だという。まさか、加計孝太郎理事長は、海の見える最上階でワインを傾けながら、親友の安倍首相と「いやぁ、おかげさまで」なんて談笑しようと考えているのか。「男たちの悪巧み…」再び?

 こんな設備を大学に設ける必要があるのかどうか。元文科省審議官の寺脇研氏(京都造形芸術大教授)は、「加計理事長の趣味じゃないか」と言った上でこう続ける。

「ワインセラーやビールディスペンサーが大学内に置いてある例は聞いたことがありません。学生数が数万、数千人単位の“マンモス大学”なら、学部棟とは別に来賓施設があってもおかしくないでしょうが、生徒数1000人にも満たない獣医学部程度のキャンパスに宴会場なんて造る必要はありません。来賓パーティーをやるなら、市内のホテルを借りればいい。これは文科省の設置審査に引っかかりますよ。加計学園が教育や研究よりも、接待を気にしていると思われても仕方ないでしょう」

 どういう目的でワインセラーやビールディスペンサーが必要なのか加計学園に問い合わせたが「夏季休業中のため、休業明けに順次対応する」という返事だった。

 ただでさえ、獣医学部新設を巡っては、愛媛県と今治市の補助金算出の根拠となる建設費192億円に“水増し”疑惑が浮上している。膨らんだ建設費の一部が宴会場のためだとすると、ますます税金を投入する理由がなくなる。

 図面が明らかになった今、獣医学部新設の必要性、国家戦略特区とアベ友の闇がさらに深まったと言える。
最新記事