【安倍政権に喝!】「今村前復興相 政治資金で高級たまご“爆買い”のデタラメ

東日本大震災は「まだ東北だったからよかった」――ヒジョーシキなのは暴言だけじゃなかった。安倍首相に事実上「更迭」された今村雅弘前復興相(70)。政治資金の使い方も常識から逸脱していた。

 本紙は、今村氏が代表を務める資金管理団体「鉄輪21・政策研究会」の1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書の写し」(2015年分)を入手。中身を精査すると、とにかく「高級たまご」を“爆買い”していた。

 15年8月28日付の領収書には、東京・赤坂の「赤坂うまや うちのたまご直売所」で〈たまご6個〉を12パック、5040円で購入したと記されている。他の日も、しょっちゅう同店でたまごを買いまくり、支出は全て交際費などに関わる「組織活動費」として処理されている。

 同店は名物「たまごかけごはん」など、食事が楽しめる飲食店で、別途、パック入りの生たまごも購入できる。1パック6個入りで420円と少々値が張るのは、産卵した親鶏が福岡県飯塚市にあるストレスのない環境を整えた養鶏場で飼育されているからだ。「すごく濃厚で、スーパーのたまごとは全然違う」(常連客)という。

「鉄輪21」はそんな「高級たまご」の代金に、1年間で計103パック、総額4万3260円支出。実に618個も“爆買い”していた。なぜ政治資金で買ったのか。今村事務所に問い合わせると、「政治資金は法令に従い適正に処理し、その収支を報告しているところです」と文書で返答するのみ。

「会議や打ち合わせに出すお茶や、ちょっとしたお茶菓子程度ならともかく、たまごを政治資金で買う目的は到底理解できません。第三者への返礼品などとして買ったのなら、支払い義務があるのは、常識的に考えて『政治団体』ではなく『個人』でしょう。それならばポケットマネーで支払うべきです」(政治資金に詳しい上脇博之神戸学院大教授)

 とことん怪しさの漂うオッサン議員をこれ以上、税金で養う必要はない。

DV男やゲイ買春も 自民都連がGW明け“凄絶ネガキャン”開始

小池新党50VS自民党45――。自民都連が調査会社に依頼したとの触れ込みで、都議選の最新議席予想が出回っている。目立つのは、小池人気に押されっぱなしだった都議会自民の党勢回復だ。一時は現有57議席からの半減も危ぶまれたが、長年選挙協力してきた公明党まで小池サイドに寝返ると、なりふり構わず。豊洲問題をあげつらった“決められない知事”というレッテル貼りが奏功した格好だ。味をしめた自民はいよいよGW明けから、小池新党へのえげつないネガティブキャンペーンを始めるようだ。

 小池新党「都民ファーストの会」(都F)の公認候補30人のうち、自民出身が3分の1を占める。かつては同じ釜の飯を食った仲だ。自民都連は当然、彼らの“弱み”をガッチリ握っている。

「女優の平愛梨の弟で、板橋選挙区から出る都Fの平慶翔候補は自民党都連の下村博文会長の元公設秘書。週刊新潮にカネ絡みの不祥事を報じられて発行元を訴えましたが、ホンの序の口です。都Fに走った元自民都連のメンバーには、スネに傷を持った連中も数多くいます。嫁さんに暴力を振るうDV男で、過去には自宅にパトカーが出動する騒ぎを起こしたヤツもいれば、女性との痴情のもつれを事務所のカネで解決させたようなヤツ

もいる。新宿2丁目で“ゲイ”を買春しているヤツまでいるんです。いつでも彼らの醜聞は炸裂可能で、あとはタイミング次第です」(自民都連のあるベテラン区議)6月23日の都議選の告示まで2カ月を切り、大型連休明けには選挙準備も本格化。元自民の都F候補のスキャンダルを小出しに利用すれば、ボディーブローのように効いてくる。

 小池本人への“嫌がらせ”も加速の一途だ。都議会の豊洲特別委員会も築地市場の現地改修案を公表した市場PTの小島敏郎座長を、5月9日に参考人招致すると決定。招致に法的強制力はなく、小池の懐刀の小島氏は出席を見送る意向だが、都議会自民党は6月10日からの定例会で、小池本人の参考人招致を求める方針を固めている。

「小池与党の公明や都Fが招致に反対したり、招致が決まっても小池知事自身が出席を見送っても、問題なし。むしろ、告示直前に“逃げる知事”のイメージを都民に定着できれば大歓迎です」(自民党都議)

 築地市場移転問題裁判原告団事務局が全都議に移転の賛否に関する公開質問状を送付したところ、都Fの現職5人は全員、「無回答」。小池がシロクロつけたがらない手前、態度を保留したようだ。かくなるうえは、告示直前に小池が豊洲移転の可否をスパッと決断。「決められる知事」をアピールするのが、得策である。

最新記事