幸せ呼ぶ猫神の呟き

安室奈美恵さんに県民栄誉賞 「平成の歌姫」称賛され涙

沖縄県出身の歌手、安室奈美恵さん(40)に対し、県は23日、県民栄誉賞を贈った。県庁で行われた表彰式で安室さんは「ありがとうございます。名誉ある賞をいただき、本当にうれしく思っています」と喜びを語った。

 安室さんは薄いベージュ色のブラウスとロングスカート姿で出席。翁長雄志(おながたけし)知事に「『平成の歌姫』として、日本のみならず世界の多くの人々を魅了し続け、若者のファッションリーダーとしても、一時代を築かれました。沖縄出身の歌手やタレントの草分け的存在となっています」とたたえられ、涙をぬぐった。

 琉球王朝時代から伝わる金細工「房指輪」や「ジーファー」と呼ばれるかんざしも贈られた。翁長知事は「25年にわたる活躍は県民に大きな夢と感動を与えてくれた」と授与の理由を語った。

 安室さんは9月16日に引退する、と明らかにしている。表彰式後には報道陣のインタビューに答え、「私の活動で一人でも多くの方が笑顔や元気になってくださっているとするならば、25年間、一生懸命がんばってきてよかったなと思います。引退までの間、一生懸命活動していけたら」と笑顔を見せた。

 表彰式では厳戒態勢が敷かれた。撮影は安室さんの所属事務所に限定され、写真などはそこから報道各社に送られる方式となった。(伊藤和行)

蛭子能収「ローカル路線バス」降板の理由を告白

漫画家でタレントの蛭子能収が、5月22日に放送された「チマタの噺」(テレビ東京系)にゲスト出演。同局で人気のバラエティー「ローカル路線バスの乗り継ぎの旅」降板の理由について言及した。

俳優の太川陽介らと路線バスで全国を旅する人気番組。シリーズ化・映画化・DVD化されるなど人気を博してきた。

司会の笑福亭鶴瓶は「路線バスの旅はなんで終わった? あれ人気でしょ?」と尋ねた。

蛭子は「俺がなんかやっぱりね、あれ結構歩くんですよ、めちゃくちゃ。上り坂が結構あって、バスが通れない所歩いてるんですけど、それがやけに上り坂がすごく多くて、ちょっと疲れがすごくて、あれやると腰が痛くなってきて…ちょっと降ろさせてもらった」と明かした。

“相方”の太川について鶴瓶が「(降板して)怒ってませんでしたか?」と聞くと、蛭子は「自分の目の前では怒ったことはないです…ふふふ」と笑顔を見せるが、「人の生活を脅かしてますねんで、一つ(番組が)終わるいうたら」と鶴瓶は問い詰めた。

蛭子は「太川さんは元々歌手ですので、歌の方でいっぱい稼いでらっしゃるかなと思いますけど…ふふふ」と独特の口調で太川への思いを告白した。(ザテレビジョン)

オバマ前大統領夫妻がネットフリックスと複数年契約、番組制作へ

[ロサンゼルス 21日 ロイター] - 米動画配信大手ネットフリックスは21日、オバマ前米大統領とミシェル夫人と、映画やシリーズ番組の制作について複数年契約を結んだと発表した。

 関係筋によると、オバマ夫妻は製作コンテンツに直接関与し、幾つかの番組に出演したり、監督したりする。

 契約額は明らかにされていない。2019年5月頃に最初の番組が放映される予定だという。

 オバマ夫妻は番組のテーマについて明らかにしていないが、政治に直接関係するものにはならない見通し。

 オバマ氏は「大統領在任中の8年間に多くの素晴らしい人たちに会った。人々の間の共感や理解を深めることが出来るような創造的な声を育て、それらのストーリーを世界中で分かち合えるようにしたい」と語った。

最新記事
PR
2

Designed by FC2ブログSEOテンプレート最適化. Powered by FC2ブログ

FC2Ad