知ってると楽しい『通】学!
FC2ブログ
 

回転寿司はなぜ安い? サーモンがチリとベトナムで2度冷凍されるワケ

「おいしいものは高い」が社会の道理。だが、そんな常識はお構いなし、「大トロ1皿100円」を実現する回転ずしに、今日も長い行列ができている。あの人気ネタは、なぜそんなに安くてうまいのか──。そこには企業努力の末に編み出された「激安の秘密」がある。

 原価を安く抑えるために各社、新たな人気メニューの新規開拓や、養殖技術の進化にも力を入れているが、低価格を実現する上で重要な流通にも、知られざる工夫がある。回転ずし店の仕入れ担当者が明かす。

「北欧や南米で捕れた魚は、一旦冷凍して、大量に船便で中国やベトナムなどに送られます。人件費が抑えられる国で加工後、再度冷凍して日本に運ばれます。

 たとえば、チリ沖で捕れたサーモンは、チリの漁港で冷凍処理した後に船に積み込まれ、ベトナムに運ばれます。ベトナムの加工工場で解凍された後に、カットや下味の処理が行われ、再び冷凍されてから日本に船便で送られるというわけです。2度にわたって冷凍(フローズン)することから、その流通手法を『ツーフロ』と呼びます」

 わざわざ、冷凍して運んで、冷凍して運んでを繰り返すのはコストが高そうに思えるが、実はそうではないという。

「ノルウェーやチリで捕れたサーモンを現地で処理するために現地で加工工場を建てる方がコストがかかります。今や、回転ずしのネタの仕入れは、ワールドワイドなビジネスなんです。チリのサーモン、カナダのツブ貝、グリーンランドのカレイ、ペルーのイカ。それぞれの漁港に加工工場を造るより、安い人件費が豊富な中国とベトナムに巨大な加工工場を造って、そこに世界中の水産物を集めて加工した方が、はるかに効率的なんです。

 また、冷凍すれば2年間は保存できるし、大量に船便で送れる。鮮魚を少しずつ空輸する方が、高くつきます」(前出・仕入れ担当者)

「熟成」という言葉のマジックもある。数年前からステーキ店や焼肉店などの業界で「熟成肉」が流行。回転ずし業界でも北欧や南米など遠方からの船便輸送で時間がかかることを逆手に取り、ネタ名のあたまに「熟成」と表記して付加価値を加えることもあるという。

東京五輪に台風直撃 高波で命の危険や大腸菌、野球中止懸念

 お盆休みに上陸した「台風10号」のニュースを見ながら、一年後に開催されている東京五輪に思いをはせた人も多いのではないだろうか。オリンピック憲章で、競技大会の実施期間は16日間を超えてはならないと定められているため、悪天候でも競技が強行開催される可能性が高いという。天候の影響を受けやすい屋外競技でもとりわけ影響が大きいのが「海辺」を会場にする競技だ。

 先日の台風10号では、海水浴中の事故死者が多く出たことも記憶に新しい。もし暴風・波浪の中で開催すれば、選手が命の危険に晒されるかもしれない。

「東京五輪から採用されたサーフィンやセーリングは、高波や強風の影響を受けやすい。特にサーフィンの行なわれる千葉県・釣ヶ崎は良質な波で国内有数のサーフポイントとして知られているが、それは裏返せば高波のリスクが高いということ。『中止』すべきか否か、難しい判断を迫られるでしょう」(スポーツ紙五輪担当チーフ)

 ボート、カヌーの会場となる『海の森水上競技場』『カヌー・スラロームセンター』や、馬術会場の『海の森クロスカントリーコース』にも危険が潜む。

 災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が言う。

「これらの会場が位置する臨海部は、遮蔽物がないため内陸部よりも強い風が吹き荒れる。会場施設自体に被害が予想されるほか、飛来物の撤去などに相当な時間がかかるでしょう。台風が過ぎても、しばらくは競技を実施できない可能性が高い」

◆屋外水泳会場で「大腸菌」大量検出

 屋外水泳会場の汚染も懸念されている。

 8月11日、東京・お台場海浜公園で行なわれた「マラソンスイミング」のテスト大会では、参加選手から「くさい。トイレみたいな臭いがする」と苦情が上がった。

「お台場会場は水質改善の必要性が指摘されています。東京都と組織委員会が2017年に行なった水質調査では、国際競技団体の定める基準値の21倍もの大腸菌が検出されている」(前出・五輪担当チーフ)

 東京オリンピック組織委員会戦略広報課は「直近1週間は国際競技団体の基準よりもはるかに良い水質であったことが確認されています。来年の五輪本番までにはさらに万全を期すため、大腸菌類の流入抑制に高い効果が認められている3重の水中スクリーンを設置する予定です」と説明する。

 しかし風雨によって汚水が流れ込むため、「大雨が降った翌日以降は晴天時に比べ大腸菌が増加する傾向にあることは事実」(同前)としている。

◆期待の野球・ソフトが「途中で打ち切り」に

日本の猛プッシュで2008年北京五輪以来の復活を果たした野球・ソフトボール。どちらもメダルが期待できる種目だが、一方で台風がやってくれば日程を消化できないリスクも高い。東京都の招致活動で推進担当課長を務めた経験のある鈴木知幸・国士舘大学客員教授がいう。

「野球の競技会場は『横浜スタジアム』と『福島あづま球場』の2か所が予定されているが、いずれも屋外球場。野球の決勝は閉会式前日に予定されているため、悪天候が続けば決勝までの日程を消化できないリスクもある。雨風をしのげるドーム球場が使えればいいのですが……」

 組織委員会は「練習会場等を代替施設として競技を実施する可能性もある」(戦略広報課)とコメント。

 雨天中止が続けばダブルヘッダーで対応する手もあるが、甲子園も顔負けの過密日程に投手陣が悲鳴を上げるかもしれない。

「ゆうちょ銀行と郵便局にNISA口座を勝手に作られた」 40代女性の告白

かんぽ生命の不適切契約が大問題となるなか、新たな疑念を呼ぶ情報提供が寄せられた。郵便局の窓口で、「ゆうちょ銀行の『つみたてNISA(少額非課税投資制度)』の口座を勝手に作られた」というのである。

 都内在住の40代女性・Aさんは7月下旬、東京・品川区内の郵便局を訪れた。目的はiDeCo(個人型確定拠出年金)の申し込みだった。

「夫が経営する会社の役員になっているので、拠出金が所得控除を受けられるiDeCoを使って節税するのが目的でした。小さな郵便局だったからか、“専門の担当者を別の郵便局から呼びます”といわれ、翌日に改めて、投資信託が専門だという50代後半の女性局員と会いました」

 女性局員はAさんに対し、「iDeCoを始めるには特定口座の開設が必要」と説明。Aさんは開設に必要だと示された書類に記入、捺印した。

「説明された通りに判を押したので、問題なく手続きが進んでいると思ったら、10日ほどして“免許証のコピーを取り忘れた”と連絡があり、別の局員が自宅まで取りに来た。

 その時にわかったのですが、iDeCoの申し込みはコールセンターに電話して手続きを進めるもので、郵便局の窓口で特定口座を開設する必要なんてなかったんです。しかも、確認すると郵便局で記入した書類が、毎月1000円の『つみたてNISA』を始める契約になっていたのです」

 Aさんが抗議すると、当日夜に郵便局で応対した女性局員から電話があり、翌日には上司から連絡があった。しかし、説明は全く要領を得ないものだったという。郵便局側とやり取りしたAさんの夫が憤る。

「最初、女性局員は『ゆうちょ銀行の支店に確認の電話をしたら、特定口座が必要だと指示され、それを信じて誤った案内をしてしまった』と説明をしました。しかし、ゆうちょ銀行の誰に確認したのかを尋ねても、『名前を聞いていない』という。次に電話をかけてきた上司の男性局員は、『窓口で奥さん(Aさん)に、NISAをやってみたいといわれたと報告を受けている』と言い出す。

 所得控除のためにiDeCoを申し込みに行った人間が、所得控除のないNISAを始めるわけがありません。あまりにいい加減な言い訳です。女性局員に誤った指示をしたゆうちょ銀行の人間が誰か確認するよう求めましたが、誰が応対したかわからないの一点張りでした」

 整理すると、最初の日に応対した郵便局員、翌日に説明と手続きを進めた女性局員、その女性局員からの確認の問い合わせを受けたていたゆうちょ銀行の行員のいずれもが、「iDeCoの申し込みはコールセンターに電話してください」という正しい案内ができなかったことになる。そんなことがあるだろうか。

 見逃せないのは、iDeCo申し込みのコールセンター業務が別の保険会社に委託されている点だ。コールセンターを案内するだけでは郵便局側の成績は上がらないから、郵便局窓口でのNISAの特定口座開設へと誘導しようしたのではないかという疑念も浮かぶ。

 ゆうちょ銀行に確認すると「個別の苦情にかかる回答は、差し控えさしていただきます」とするのみ。信頼回復の道は遠そうだ。
最新記事
PR
     

カフェ、ネイルサロン、ヨガ・整体マッサージ、レストランビジネス など様々な業種の方がプロ並みのHPがたった5分で作成出来ます!プロに依頼する必要はありません